かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

カンチャナブリでオサレにカレー ショータ @ カンチャナブリ

iPadメヌーで至高のカレーを



バンコクより西へおよそ二時間程離れたここカンチャナブリは、西タイの中では屈指の観光地にもなっている

中央に大河クウェー川を流し、そこに架かる泰麺鉄道の『戦場に架ける橋』は 日本人なら必訪の場所とも言えよう

何かと日本ともつながりの強い観光地だからこそ訪れる邦人も多いのだが、そうなれば彼らを迎える郊外和食屋が増殖するも至極当然

バンコクより二時間・・和食屋・・
さあ役者は揃ったようだ

早速現地へ向かってみよう!

10-1
続きを読む

アヒルの像はとあるおばあさんに ワット・プラプラトーム @ ナコンパトム

ホムおばあさんを弔う第3級王室寺院



13世紀頃に建てられたと考えられている遺跡に近いこのお寺さんは、世界最大の仏塔『プラ・パトム・チェディ』の西約5kmほどの所に存在している

当時この辺りはドヴァーラヴァティーと言う舌を噛みそうな名前の文明が栄えており、その文明の影響を大きく受けた最初の寺院とも考えれらている

そのお寺さんに1781年、大きく美しい仏塔が建てられる事になる

その建立理由には諸説あるみたいだが、『プラ・パトム・チェディー』建立のきっかけにもなった、とあるおばあさんが絡んでいる伝説が残っているという

10-1
続きを読む

巨大ガネーシャはチャチュンサオの観光大使 ワット・プローンアカット

やはり目指すは最大級 現段階では世界一?



巨大ガネーシャ像と言えばワット・サマーンの寝っ転がっているピンクのやつが有名

バンコクより東へ1時間のチャチュンサオ県は、このガネーシャで人を集めようとしているのか、今や3体の巨大ガネーシャが存在する

ここWAT PHRONG AKATにあるガネーシャもそのうちの一つ

建立は2016年と比較的最近造られたガネーシャ神像なのだという

10-1
続きを読む

放棄された廃墟寺院シリーズ44 ワット・サナームチャイ @ 西アユタヤ

アクティブ寺院の片隅チェディ



ここは従来の放棄された廃墟寺院とは少々異なり、お坊様的な方がいらっしゃるアクティブ寺院の一部にある遺跡となる

この寺院の建立は1601年とされるが、その多くは1960年代に修復され現在に至っている

が、その一角で1600年代のまま時が止まっている部分が、周りと違った異質な雰囲気を放っているという

『時を戻そう』

どこかで聞いたフレーズに準ずるようにここには約400年間生き残った仏塔が、ひっそりと建ち続けているのであった


10-1
続きを読む

★雑談★ 煙草は美味しかった・・の件


実はあまり大きな声では言えませんが、僕は〇校生のころから煙草を吸っていました
もう30年以上前の事なので時効とさせてください・・

当時は今ほど喫煙にうるさくなく、電車の中にも灰皿があり普通に吸えたものです

そんな感じで煙草に関して寛容な時代でもあった事から、当時クラスの男子の98%は吸っていたといっても過言ではありませんでした

今なら考えられませんね


967502_439647952838268_1989328944_n
続きを読む

タイ人のオタクの集結場? マサル・ジャパン・ストア @ プラカノン

少々変わったリサイクルショップ



『拾う神ありゃ、捨てる神あり』
ある方にとってお役御免化した存在が、新たな活躍の場所を得られる夢のような施設

リサイクルショップは近年タイでも増殖傾向にあり、日系の会社が運営する綺麗な店舗から、倉庫に無造作に山積みされるいかにもローカルチックなお店まで様々だ

そんな数あるリサイクルショップの中でも、ここは少々特殊なものも扱っている

それはオタクの方であれば大興奮もののグッズであったりするようだ

1-1
続きを読む

居酒屋メヌーも充実 博多うま馬 @ アソーク

オーソドックスなとんこつラーメン



アソーク駅より少し離れた場所にあるこの店だが、ラーメン居酒屋としてこの界隈では人気店のようだ

店名にもあるように博多料理を中心に提供

もちろんラーメンもとんこつベースとなっている

1-1
続きを読む

国を護った大砲群 旧砲兵博物館 @ サナームチャイ

大砲マニアは鼻血ものの展示会



バンコクを旅行される方は必ず訪れると言っても過言では無いグランドパレス

美しい王宮跡は訪れるべき観光地ともいえよう

ここはその王宮前にある国防省の正面入り口

突如として大砲群が陳列され異様な雰囲気を放っているので、気になった方もいらっしゃるかもしれない

これはタイが過去に経験してきた、様々な争い時に実際に使用されてきた大砲たち

当初の役目を果たしたのち、ここでマニアたちの鼻血製造機として新たな役目を担っているのであった


10-1
続きを読む

バンセンビーチの帰りにどうぞ シーロムサウナ チョンブリ支店 @ ムアンチョンブリ

バンコクのシーロムサウナはチョンブリにも



スクンビットのソイ22にあるシーロムサウナの系列店

本店はその名の通りシーロム地域にあるのだが、実は至る所に支店を持つチェーン店なのだ
  
という事で今回汗を流しに来たのは、バンコクより最も近いビーチ、バンセンビーチ至近にある支店

バンコクやパタヤにはたくさんあるローカルサウナも、シラチャからバンセン付近ではなぜか少なくなる

と言う意味では、この界隈では貴重なお店と言えよう


1-1
続きを読む

山あいバックに神秘の空間 ワット・タム・ムニーナート @ カンチャナブリ

宇宙とつながる瞑想部屋のある仏塔



洞窟寺院に魅せられ、いずれ『洞窟住みますブロガー』を目指している僕

そんな洞窟を求め週末は秒単位のスケジュールになるのだが、ここカンチャナブリ県は中でも豊富に洞窟寺院がそろう夢のような地域だ

そんな中でいつもの様に訪れたこの寺院

洞窟ももちろん堪能出来たのだが、それ以上に何かと見所が多かった面白いお寺

何より山間部の風景が壮大にバックに広がるのは、当然バンコク周辺ではお見受け出来ない光景と言えよう

11-3
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事9年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村