かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

ここは日本?日本人だらけの釣り堀 パイロット111@ チャチュンサオ

日本人に大人気の大型釣り堀



この釣り堀は各種日本語媒体にて、これでもかと言うくらい紹介されている釣り堀のひとつ

バラマンディ等日本では馴染みの無い大型淡水魚が釣れる釣り堀で、実はこの手の釣り堀はタイには五万と存在する

手軽に松方弘樹が世界を釣るばりの強力な引きをを楽しめる事から観光客、特に日本人には大変人気なのだが、それゆえにここ最近の値上げは凄まじく、日本円で一日1万円を超えるところもあるという

それに比べこの釣り掘は1日500THB(約1800円)という格安価格

さらにバンコクからも小一時間程度というアクセスの良さが日本人が集結する要素となっているようだ

1-1

続きを読む

大人も黙るお化け屋敷寺 ワットプートウドム @ ラムルッカ通り

恐怖の地獄屋敷で泣く子は黙らず更に泣く 



タイには地獄寺と言われる罪を犯した者の行く末を教え込むお寺がいくつも存在する

ここワットプートウドムもそのうちのひとつだが、ここの地獄は他の場所よりも少々演出?方法が違うようだ

通常の地獄寺には野外におぞましい像がこれでもかと並んでいるのもの

しかしここはどうもそれだけではない
それゆえに他寺には無い恐怖がここには存在している

5-2-1
続きを読む

【心霊スポット】しまうま像の謎を解け! 100死体カーブ @ ラチャダピセーク

事故多発で心霊スポット化した魔のカーブ



ここはラチャダピセック通り 裁判所前のゆるやかなカーブ

見通しも悪いわけでもなく結構広めの道にも関わらず、何故か事故が多く多数の死者を出しているカーブのひとつだ

その数は100人以上とも言われる

そんな魔のカーブはタイ人の間で100死体カーブと呼ばれている


続きを読む

古民家改造・・いや古民家そのものの食堂 クワイティオ・コーセン @ アユタヤ

住宅地の奥地に潜む何気にオサレな麺食堂



アユタヤ県バンサイ地区

アユタヤと言うと超絶有名な世界遺産都市を想像しがちだが、ここはそんなエリアよりめちゃくちゃ離れているので、世界遺産感はまったくない地域

特に有名な観光地があるわけでは無いので、観光客はもとよりタイ在住の方でも通りかかる事こそあれど、訪れる機会はあまりないかもしれない

ここはそんな地域の奥深くに存在する古き良きヌードル屋さん
タイのヌードル屋さんって雰囲気がいいところが多いのよね♡

という事でそんな雰囲気とヌードルを味わいに行ってみよう!

1-1

続きを読む

鉄ちゃん集合!静態保存鉄道シリーズ 蒸気機関車Ⅽ56形ー714 @ ファランポーン駅

タイ玄関口ファランポーン駅奥底で眠る日本製蒸気機関車



タイにある静態保存(動作しない状態で保存されている機械)されている鉄道車両を巡るシリーズ

鉄道オタクにとって血沸き肉躍りまくる巡礼記事だ

今回はタイ国鉄の玄関口であり、近々その役目を新しいターミナル駅に譲る予定のファランポーン駅に存在する静態保存車両のご紹介



C56形テンダー式蒸気機関車
1936年 日立製作所製造
日本製造番号629 タイ国鉄714号機


10-1
続きを読む

エビ釣り堀 アットホームなオーナー夫婦 MO.MOT MIT SAM PHAN @ バンセン

貴重なバンセンエビ釣り屋



タイで今大変人気の海老の釣り堀

海老は日本ではなじみが薄い『オニテナガ』という種類で、釣れたら強い引きを楽しめる大型の淡水海老だ

釣り堀はバンコクやパタヤと言った観光地には結構あるのだが、バンセンからシーラチャにかけての地域では数える程度しかない

特に日本人街シーラチャなどでは日本語で説明書きでも作り、日本人を相手にすれば賑わうような気がするんだけど・・
(´・ω・`)

さてという訳で、ここはバンセン

今回はそんなエビ屋の希薄なこの地域にある、貴重なお店の一つに行ってみる事にしよう

1-1

続きを読む

一応浮いてはいますわね ランシット水上マーケット @ パトゥムタニー

水上市場と言うより水上食堂と言うべき



あまり話す機会が無かったので特に記載していなかったのだが実は僕はFMCのメンバーだ

なので以前より週末はこの組織の活動が主体となっている

そうなると見逃せないのがここの市場

よーく見ないと見逃しそうなこんな市場こそ、FMCの活動の場にうってつけなのである

えっ? FMC ってなんだ? ですって?

困った方ですね
 ε-(‐ω‐;); 

もちろん Floating Market Club の略に決まってるじゃないですか

1-0
続きを読む

放棄された廃墟寺院シリーズ52 ワット・チャイヤプーム @中央アユタヤ

王位争い!兄弟喧嘩の陣地寺



アユタヤを代表する観光寺であるワット・マハタート

この根に仏頭が絡まっちゃっている事で超有名な寺院だ

その隣に同じような規模でワット・ラチャブラナというその昔王位争いで散った兄弟を祀るために作られた寺院が存在している

そしてこの放棄寺院

そのワット・ラチャブラナよりほど近い位置にあり、兄弟の一方が戦いの前に勝利を祈願した寺院であったとか

今では静かに佇む放棄寺院だが、戦いの前の男達の熱気に包まれていた時期もあった事だろう

10-1
続きを読む

巨大ビンテージフリマ チャトチャック・プレイグラウンド・アンティーク・フリーマーケット

ガラクタ?いやいやビンテージ 古いもの好きは見逃せない



ビンテージ
このブログにて5那由他回数ぐらい申し上げているのだが、僕はとにかく古い雑貨が大好き

多少使い勝手が悪くとも、普段使いのモノはなるべくビンテージ品にしたいと思っている愛好家なのである

ではそんなものをどこで手に入れるのか?

実はこのタイは至る所で『蚤の市』的な市場が開催され、心ときめくビンテージ品がずらりと売られる夢のような国のひとつ

ゆえに回答は『どこでも手に入る』なのかもしれない

という事で今回はチャトチャック週末市場のすぐ西側 、赤いラインが目印のDD MALL前『蚤の市』に潜入してみることにしよう

10-1
続きを読む

ランシット大学前グルメ通り ターグラ・ラーメン @ ランシット

大学前のグルメ通りには郊外和食屋が盛りだくさん



バンコク2時間以内にある日本式ラーメンを全て食すなどという、気でも狂ったかのような目標を掲げている方がいらっしゃるという

日本式ラーメンというとスクンビット界隈では情報も多いのだが、2時間圏内となると郊外も含まれてくる為、ラーメン店舗の発見には相当の苦労があるようだ

そこまでして食しに行く理由が全く理解出来ないのだが、今日もその方はラーメン求めて郊外をひた走っているという

一体どんな方なのだろうか?

興味は湧くも、一方で関わってはいけないような気がしてならない今日この頃である


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村