観光マーケットもいいけどたまにはこんな市場もね



100年市場と呼ばれる古くから形を変えず存在している市場がタイにはいくつかある

どこもノスタルジック感漂う木造が主で、名前の通り100年くらい前からあってもおかしくない佇まいをしている

おおよそ川沿いに存在しているケースが多く、観光用のモノから地元住民の為の生活市場まで様々だ

ここの市場は後者の方

名前こそ100年市場とはうたっていないが、そう言っても差支えの無いローカル感溢れる川沿いマーケットとなっている

1-1


ここはメークロン川沿いの小さな市場

近くにはタイを代表とするアンパワーダムヌンサドゥアックの2大水上マーケットがある

大きさこそ叶わないが、ここには巨大市場では決して味わえない素朴さが存分に味わえる

ただ素朴過ぎてまず辿り着くのにひと悶着

地図で辿り着いても御覧の通り、どこにあるのかが分かんないんですよ
Σ(・ω・ノ)ノ

1-2
1-3


この市場へ行くにはここの路地を入る
こればかりは勘だけではちょっと困難っすね

通りがかりの人に地図を見せ、ジェスチャーで聞きまくりましたよ・・
( -д-)ノ

1-4
1-5


まあ観光用では無いので、来訪者に場所を知らせる必要などないのかもね
(´・ω・`)


そんな感じで路地を抜けると、昭和の時代にタイムスリップ

まるで時空トンネルをくぐったかのよう
求めていた風景がここにありましたよ
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

2-12-2
2-3


水辺の市場は川と共に生きている

メークロン川は河口にあの有名な電車来る度屋根折りたたんじゃう市場がある川

ここはそんな有名市場の川上に当たる位置

ご多分に漏れずエメラルドブラウンのこの川の水も、ここの方にとっては貴重な生活水なのだ

3-1
3-2
3-3


一応市場なので細々だがいろいろなものが売られている
が、今日は休日なのにまるで人影が無い

お客どころか店員さんらしき方の姿もお見受けしない・・

これらの商品も本気で売る気があるのかどうかもよくわからない

まさかただ並べているだけ・・
(((( ;゚д゚)))

・・ってことは流石にないか

4-1
4-2
4-3


通路からは生活空間が惜しげも無く披露されている

お客がいないもんだから商品だけ出して、中でおくつろぎあそばしていらっしゃるのだろう

こういう異国の生活空間もなかなか見られるものでもない

派手な観光地もいいがせっかくの海外旅行なら、このような地元の文化に触れあうのもいい経験かもしれない
(・∀・)

5-1
5-2
5-3


唯一いたのがこのおばちゃん

ジュース美味しいよ~ 
というのでど甘いのは承知で購入
( ´∀`)つ

今日はここは休みですか?
と聞くと週末は皆2大水上マーケットに出稼ぎ出店に行くんだそうな


なるほど
じゃあここは逆に平日の方が盛り上がっているのか・・

・・が、残念ながらここに平日に来るのはちと無理だろうな
('A`|||)

6-1
6-2
6-3


まあ15分もぶらぶらすれば十分な市場

アンパワー辺りに来て少し時間があれば、真のタイの生活に触れていては如何だろうか

7-1
7-2
7-4


こんなところで外人がふらふらしていても動じないんだよな

日本だったら田舎の商店街にが白人がいるだけで、その日の夕刊で報道されちゃうのに・・



・・なことないか
(´ε`;)








さて話題のダムヌンサドゥアック水上市場はこちら♡




▼ブログ村のランキング参加中です
 ここをポチっと押して頂けるとすごくうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


▼かかしさんって誰?という方
 インスタグラムではたまに顔出ししてたりして♡

Instagram フォローしちゃいます?.。゚+.(・∀・)゚+.゚


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪




スポンサードリンク