といいつつサラブリで和食を食べる理由があるかどうか・・



サラブリ県
バンコクより車で約1時間半ほどのこの県にはいくつかの日系企業も存在し、働いていらっしゃる日本人の方も少なからずいらっしゃると思われる

またタイ屈指の観光地、カオヤイに向かうのに通過する県なので、通りかかった事のある方も多いことだろう

逆に言えばその程度であまり我々日本人にとってなじみは薄い県だと思われる
ゆえに日本食が食べられる店も限られ、数少ない存在だといえよう


1-2


その貴重なお店のひとつがここふくろうだ 
入り口の風貌からしてど派手な日本観を出しているこのお店は、サラブリ中心街に店を構え、サラブリっ子たちの日本欲を満たしてくれている

そんなお店を見逃すようでは郊外和食屋研究家の名が廃る

というわけで早速行ってみよう
(・∀・)つ

2-1
2-2


外装は驚くほど頑張った日本風
日本のその辺に本当にありそうな感じの雰囲気だ

まさかサラブリで日本人がオーナー・・?

2-3
2-4


傘一杯の内装はちょっと軽い無理くり感
日本人としてはやりすぎな感じもするがタイ人からすれば日本ぽくていいのだろう
(・∀・)つ

3-1
3-2
3-3


生け簀も存在
食材はさすがに日本ではないですな

イセエビはさすがに難しいか・・

4-1




★メニュー★ 
※見づらい場合はクリックして大きくして下さい



寿司からカレーからラーメンから
一通り何でも揃っているようだ

ここはサラブリ
この充実感は結構凄いことだと思う

5-1
5-2
5-36-1


その他のメヌーはこちら
↓ ↓ ↓





そしてビールはかなりマニアな品揃え

これ茨城の常陸野ネストビールですな
ふくろう繋がりでわざわざ取り寄せたのか・・

こんな地ビールクラスを知ってるなんてやっぱりここには日本人が・・??


6-3
6-2


珍しいが別に僕は茨城出身でも何でもないので普通にシンを
だってこれ70THBで飲めるから♡

そして何気に枝豆がお通しに
よし間違いない
ここ絶対日本人オーナーだわ

7-1
7-2


スタッフさんも着物で応対
そしてなんと注文を繰り返し確認

日本式教育が行き届いていて驚き
が、その後すぐスマホをいじり始めたのには何も驚きは無い・・



普通なら驚きの要素は逆で復唱は当たり前でスマホに驚くべき
これ僕がタイ化している証拠だな
(´・ω・`)


10


さて注文は言うまでも無くラーメン
僕は宗教上の理由でラーメンがメヌーにある以上必ず頼まなければならない


Chashu Men 190THB
サラブリにしてはちょっと強気の価格
見た目がすでに怪しいですな
(。-∀-) 

8-1


柔らか麺、ぬるめスープは基本のタイスタンダード
魚介系の甘めスープですな
具にシイタケとちょっと珍しい

日本式ラーメンとすると厳しいが、こういった麺料理と思えば無問題
タイ人はこういった感じの方が好みなのだとか

8-2
8-3


このお店はバックミュージックになぜか子守唄が流れている

おかげで途中で危うく落ちかけてしまった
徹夜明けに行くと危ないのでお気を付けくださいませ
(。・ω・)ノ゙








ここのスタッフさんは総じて気持ちの良い接待をしてくれました
どうやって教育されたんだろう

見習いたいわ・・



SHOP DATA

Fukurou Japanese Restaurant 

営業時間 : 10:30-21:30 (14:00-17:00 中休)
定休日  : 無休
電話   : 089 851 6670
H.P.    : Facebook







▼ランキング参加中です
 ここ押して頂けるとうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村



インスタグラムなどやっちゃってます
 ぼちぼち更新しています(・∀・)つ
Instagram フォローしてください♡


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪





スポンサードリンク