のっぺら仏像がインスタ映え!



ここはアヨタヤ水上マーケットのとなりにある、エレファント・ビレッジという象乗り場より象で回れてしまう遺跡

アユタヤ地区には他にも象で回れる個所があり、世界遺産+象乗り体験と言うセットが魅力の一つとなっている

それを意識したかどうか定かではないが、この遺跡の名は訳すと『象寺』
何とも印象的な仏様のバックに仏塔が映える、インスタ廃墟といっても過言ではない遺跡だ


1-1


と象推しで紹介し始めたのだが、実は訪問した時は絶賛コロナ禍中

残念ながら象乗りイベントは自粛中の模様
(≡ω≡.)

乗せるお客がいないことを寂しく思う象さんのみが闊歩していた・・
いずれ象乗りに来てみたいなー

2-2
3-13-2


象で回らない場合は本来は他の遺跡同様に外人50THB(タイ人10THB)の入場料がかかるはず
が、ここでもコロナ禍

誰もおらず入場料を徴収する雰囲気もまったくない・・
・・いいのかしら?

でも払いたくても誰もいないし
(´・ω・`)

2-14-1
4-24-3


ま、というわけで誰もいないなら仕方がない
堪能させてもらうとしましょうか


まずはチェディより

遺跡の詳細な文献はほぼ残っていないので、詳細はよく分かっていない
ただ装飾や形状からしておそらく、アユタヤ王朝初期に建立されたものではないかと推測されている

5-1
5-2
5-3


統治はラーマ2世下

装飾や形状はここが王宮であったことも示唆してという
ラーマ2世さんも一時はここにいらっしゃったのかしら?
(・∀・)つ

6-1
6-2


ちょっと軽くぐるっとしてみましょうか




そんな以前は華やかであったあろう場所も今や寂しさ溢れる廃墟に
少々雑草も目立っちゃってますな・・

でもこの雰囲気の方がいかにも廃墟って感じでいい雰囲気♡
廃墟マニアさんの気持ちがわかるわー

8-1
7-26-3


さてそんな仏塔を背にのっぺら仏様

ここもいい感じにお崩れあそばされている

この位置からの写真は超絶インスタ映えしますな
( ´∀`)つ

9-1
9-2






ここのとなりには『マハンコン寺院』という遺跡があるのだが、そこの遺跡とレイアウトがほぼ同じなのだという

なのでマハンコン寺院を建立された方が、同じように隣にここを作らせたとの説もあるようだ

同じ形をしかもすぐ隣に作っちゃうだなんて
よっぽどこのレイアウトが気に入ったんでしょうね
(・∀・)

9-2-1
10-110-2


象で回るのも一興ですが歩いて回れば詳細も見られるし、写真のアングルも自由に選べます

水上マーケットに来たら是非覗いてみてくださいまし
(。・ω・)ノ゙








どうしても覗けない方はこちらを覗きましょう♬
 ↓ ↓ ↓





さてついでにシリーズも覗いてみましょうか♬




TEMPLE DATA

วัดช้าง

参拝時間 : 8:00-16:00
参拝料金 : 外人 50THB
電話   : -
H.P.    : -






▼ブログ村のランキング参加中です
 ここをポチっと押して頂けるとすごくうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


▼かかしさんって誰?という方
 インスタグラムではたまに顔出ししてたりして♡

Instagram フォローしちゃいます?.。゚+.(・∀・)゚+.゚


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪



 
スポンサードリンク