アユタヤ島のピラミッド?



ここ世界遺産アユタヤ島内の北西にあたる位置

この界隈にも遺跡は豊富に存在し、考古学者並びに放棄された廃墟寺院をこよなく愛す『放棄ジニリスト』たちを騒がしているという

そんな中アユタヤ遺跡界の中でも、ちょっと珍しい形の建屋跡がここワット・ウォラ・ポーに存在する

その出で立ちはまさに『マヤのピラミッド』

アユタヤにて別の世界遺産を堪能出来てしまう、なんとも美味しい遺跡だったりしてしまうようだ


1-1


アユタヤ時代の総主教の神殿として重要な神殿だったこの寺院も、御多分に漏れず建立の詳細は見つかっていない

ただアユタヤの歴史文献内にこの寺院の名前と、Phra Si Sinさんというここの僧侶の名前が記されいたという

このPhra So Sinさんとは、後にソムタム王という王様になられるお方

ソムタム王はAD1620-AD1628の間の統治であった為、少なくともこの以前にはこの寺院が存在していたと推測されている
(。・ω・)ノ゙

3-1
2-1
2-2


1600年代と言えば日本ではちょうど江戸幕府が開府した頃

そんな昔に建てられているとあっては、このようにチェディーが傾いちゃうのも無理はないですな
(´・ω・`)

でもこの崩壊具合が放棄寺院の真骨頂

いい感じですよ
(・∀・)

4-2
4-3


ここの遺跡は少々広く各所に残存物が点在している

そのほとんどは寺院建屋跡だが他の遺跡同様土台のみが残る形になっているようだ

壁なんかが残っていると見応えあったりするんだけどなー
(・ε・ˇ) 

5-1
5-37-1


この界隈はアユタヤ歴史公園

ここに集中している遺跡群はビッグネーム遺跡並みとはいかないが、比較的整備されている方

同じアユタヤ放棄寺院でも草ぼうぼうだったりと、現代においても未だ放っておかれちゃってる遺跡は多数存在する

そんな中はここはお散歩にもちょうどいい程の手入れさ

まさに公園のようですよ
(′∀`)

6-1
6-3
4-1


どうでもいいですがここはもともとWatRakang(ワットランカー)という名前で知られていた
ボロムコット王さん(AD1732-AD1758)さんなる方の統治中に、この王様が仏教を広げるべく菩提樹をこの寺院に植えた事をきっかけに名前を今の名前ワット・ウォラフォに変更したのだとか


もしこの遺跡に立ち寄っちゃった時は、どや顔でこのトリビアをお使いください
( ・`ー・´) + キリッ

まあきっと誰も反応しないでしょうけど・・
( ;∀;)

7-2
6-2


さてそれはさておきそろそろボスキャラ

うーん
なかなか立派なピラミッド・・・いや神殿跡ですな

なんとなく男性的
堂々としていてかっこいい♡
( ´∀`)つ

8-1
8-2
8-3


なんとこのピラミッド
登れちゃうんですよ

世界遺産にこんなに簡単に登れるとはまさにタイランド

この安定の緩さが人気の秘訣何でしょうね
(・∀・)つ

9-2
9-3
A-1


ただこうしてみると結構な急斜面

行きはよいよい、帰りは恐い

激烈とうりゃんせな階段なので高いところが苦手な方はそれなりの覚悟でお上りを

無言の帰国にならないようにね
(*・ω・)ノ

B-1


そんなん言われたら怖くて登れませんよ

ご安心ください
そんなこともあろうかとワタクシめが貴女の代わりにくるっとさせていただきました



この隣には駐車場があり徒歩圏内に複数の放棄寺院及び有名寺院があります

車を停めブラっと散歩がてら巡るのもいいかもしれませんね

但しここは南国タイランド

時期によっては自殺行為になりかねませんのでその点はお気を付けを~
(。・ω・)ノ゙






 


さてこの界隈の有名寺院
こちらにも是非お立ち寄りを





TEMPLE DATA

Wat Worapho
วัดวรโพธิ์ 

参拝時間 : 四六時中
参拝料金 : 無料
電話   : 誰もいません
H.P.    :




▼ブログ村のランキング参加中です
 ここをポチっと押して頂けるとすごくうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


▼かかしさんって誰?という方
 インスタグラムではたまに顔出ししてたりして♡

Instagram フォローしちゃいます?.。゚+.(・∀・)゚+.゚


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪



 
スポンサードリンク