サイクリングロードに点在する遺跡群をお遍路します



ここはプラチンブリ県マホソット地区
バンコクより北東に2時間ほどの距離にある地域です

一部の日本の方には304工業団地の近くと言った方が分かりやすいでしょうか

ですがここにとあるサイクリングコースがあるという事までご存じの方は少ないかもしれません

そのコースは幹線道路より少々入った位置にあり、楕円を描くように周遊できる様になっています

都市にある周遊道
そうここは古代における都市部の跡が、そのまま生活道にもなっている地域なのです

D-8


古代都市跡・・
案内看板にあるように楕円状にお堀が掘られており、そこに周遊道が作られています

これが古代都市の跡の様で、かつてはこのお堀で外敵から身を護られた賑やかな集落があったのでしょう


となればそこに当時の面影が無いわけがありません!
(・∀・)つ

そうここには謎のナンバーが割り振られた遺跡が点在しており、サイクラーまたは僕の様な『お偏ラー』を楽しませてくれているのです

ではその点在する遺跡とやらは一体どこにあるのでしょうか?

D-4
5-1
C-1
 

答えはこの看板

ここになぜか順番通りでない遺跡ナンバーとそのおよそ場所が明記されています


素晴らしい!
.。゚+.(・∀・)゚+.゚
まさにお編ラーの為の案内看板

書いてある文字は全く分からないが、気にしなくていいでしょう

ではこの地図をもとに早速お遍路していきましょう!
レッツ━━━━━━o(・∀・)○━━━━━━ゴー!!

D-1
D-6
D-7




遺跡番号1 / โบราณสถานหมายเลข 1


まずは1番目


実は1番からしていきなり先ほどの地図には載っていません

そう実はあの地図はどうやら全部網羅しているわけではなさそうです

でもご安心を


自称スーパーお編ラーの僕が隅々まで調べ上げましたので、欠落箇所を補填致します!
( ・`ー・´) + キリッ

1-1
1-2


これらの遺跡群には統一されたの番号看板が設置されています


また今は未完ですが説明用と思われる社も準備段階です

数か月後にはここに説明文が掲載されると思われます

それまではこのただの盛り上がりにしか見えない、栄えある1番遺跡一体なんの跡なのか・・

謎が解かれることは恐らくないでしょう

1-3
1-4
1-5


遺跡番号5 / โบราณสถานหมายเลข 5


番号が若い順に紹介していきます

5番は基礎石転がり系遺跡です

そこそこ広い範囲にこの地域特有の黒色のラテライト(粘土)製レンガが点在しています

アユタヤ遺跡が明るい茶系のレンガになっているのに対し、この界隈はほぼ黒色なので違いが興味深いですね

5-1
5-2
5-3


たまに建物の壁であったかもしれない大物が転がっていますが、詳しい説明が無いので正体は不明です
(´・ω・`)

5-4
5-5



遺跡番号10 / โบราณสถานหมายเลข 10


ここもあの地図には出ていません

乾いてしまったお堀跡です

そこに綺麗に草が生え、緑が映える水路跡となっています

10-1
10-2
10-3



遺跡番号12 / โบราณสถานหมายเลข 12


Sa Kaeo と呼ばれるこの界隈でも比較的早い段階で、整備が進んでいた遺跡です

きれいな正方形に切り出された壁面には動物の壁画が作られています

また底から絶えず湧き出る湧き水が、独特の風景を創り出しています

12-1
12-2


風化した壁画は少々分かりづらくなってしまっている事から、看板にて教えてくれています

このような古代人の足跡は本当に興味深いです

これだから遺跡巡りはやめられませんね
早く日本で古墳巡りしたいわ~
(′∀`)

12-3
12-4
12-5


尚、ここはかかしさんと言う変態ブロガーさんが何年か前に訪れている模様
参考までに貼っておきますね
遺跡番号13 / โบราณสถานหมายเลข 13


ここは地図から紐解くのは少々難しく、畑のあぜ道を突き進んだ一番奥にあります

ここも12番遺跡Sa Kaeoと同様、切り出し池系の遺跡となっています

13-1
13-2
13-3


先ほどの場所と違い装飾も何もなく、相当地味な遺跡になっちゃってます

ここも説明用の社は立っているのですが、まだ中身は無く一体何なのかは不明のままです

13-4
13-5



遺跡番号16 / โบราณสถานหมายเลข 16


ここも地図案件ではありません

サイクリングロードから少しずれているからかもしれません

何らかの建物があったと思われ、土台レンガのみが平然と整列しています

16-1
16-216-3


中央にはレンガ塚

壁の一部でしょうかね?
乱雑に積み上げているのか、一応元の形になるべく沿った形になっているのかはよく分かりませんね

16-4
16-5



一旦まとめ


さて10番台が終了したところで一区切り

これ以上は自転車を漕ぐ足も疲れちゃいます 
(`・ω・´)

でもまだまだ遺跡は続きますので続きは改めて公開致します







10万人に一人くらい行ってみたくなっちゃった方がいらっしゃるかも♡
という事で地図を貼っておきます





スポンサードリンク