カンチャナブリ市最高峰、お寺の奥にある展望台



ワット・タムカオ・プーン

カンチャナブリ市を代表する洞窟寺院であるこのお寺は、クワイ川・泰麺鉄道と言ったこれまたカンチャナブリを代表する観光資源の脇に建つという、たいへん恵まれた立地を有している

ここに更なる恵まれた立地を活かした施設が着々と建設されている

そうこのお寺の奥はカンチャナブリ市内における最高標高

市街を一望できるそのポイントには現在黄金のパコダが完成間近を迎えているという

10-1


ちなみに『最高峰』と言えば誰もが想像するのがエレベスト山

海面を0mとした海抜視点では8848mとなり世界トップだ

だが視点を変えて『地球の中心から頂上までの距離』と考えると、なんと一位はエクアドルにあるチンボラソ火山となる

これは地球が実は完全な球体でなく楕円形であるのが理由であり。これは視点を変えればモノゴトの見方が変わると言ういい例
※1に使用されているようだ
※1 嘘です


・・と何の話をしているか分からなくなったので本題に戻りましょう
(`・ω・´)

このパコダは山頂と言う超高い場所にあるも、比較的近くまで車で上がれるのでご安心を

11-1


この展望台は2021年2月現在すべては未完成

上部周辺はほぼ整備が終わっているも、仏塔下部あたりは工事中で今日も複数の作業員さんが作業をされていた

完成したらこの風景も少々変わるかもしれない
(・∀・)

11-2
11-3


このアクセス階段も工事用併用なのかしら?

ちょっと小さなお子様とは一緒に登りづらいビジュアルっすね

大人でも高所恐怖症の方は躊躇するかも・・

・・と言うか高いところが怖い方はそもそもここへは来ないか
(=_=;)

12-1
12-2
12-3


頂上には黄金仏塔

まだまだ少々寂しげだが建設が進めば、ここにももう少し仏像やら献花台やら設置される事でしょう

この仏塔は最高峰にある事から比較的遠くからでも視認出来るので、カンチャナブリをうろついた事がある方の中には気になった方もいらっしゃるかも

ただご紹介の通りお寺の奥深くにあるのでナビでも出てこない拠点
気になっても辿り着くのはちょっぴり分かりづらいと思われる


実は僕もその一人
超絶気になって向かってみるも、入り口が分からな過ぎて30分ほど周辺を探しまくったんです
(≡ω≡.)

13-1
13-2
13-3


そんなお寺さんはこちら
ここも面白いのでセットでどうぞ
(*・ω・)ノ

さてここからの眺望は超絶気持ちいい


大河クウェー川とその脇を走る泰麺鉄道

田舎ゆえ人工物の影は少ないも大自然の優雅な風景は必見

特にバンコク暮らしでは忘れかけてた光景
癒されますよ
( ´∀`)つ

14-1
14-2
14-3


山頂にあるので360°堪能可能

山間に覗くお寺さんなどいい感じ

雨季に来ると見晴らしが変わるので、暑いですがくるなら是非乾季のうちがいいでしょう
(・∀・)つ

15-1
15-2
15-3


尚、上の風景の素敵だがこの下には我々に日本人は目を背けてはいけない対面鉄道の『ヘルファイアーパス』の一部があります

泰麺鉄道建設時我々日本人が捕虜を酷使しながら作ったとされる切り出し岩の事で、多くの犠牲者を出したポイントのひとつ


雄大な景色の後は歴史の反省をするのも一興かもです
(。・ω・)ノ゙







▼ブログ村のランキング参加中です
 ここをポチっと押して頂けるとすごくうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


▼かかしさんって誰?という方
 インスタグラムではたまに顔出ししてたりして♡

Instagram フォローしちゃいます?.。゚+.(・∀・)゚+.゚


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪



 






スポンサードリンク