先鋭芸術家の街中アートで包まれる街



ラチャブリ県バーンポーン地区

ラチャブリ県の北部地区を代表する都市で、国鉄バーンポーン駅前には人々が集まる市街地が広がっている

そんな市街地を流していると、突如としてアートに包まれた通りが出現する

元映画館であった旧建物を中心に、描かれるアートたち

単なる落書きとみるか芸術とみるか

是非ここを訪れ自身の目で確認してみて欲しい

10-1


アート云々もあるがもとよりこの通り界隈は、レトロ感あふれる昔ながらの通りと言った感じ

歩いているだけで昭和の世界に帰ってきたように感じますな

タイには意外とこのような雰囲気の通りが多いので、探してみるのも一興かも知れない

11-1
11-2


旧映画館でのアート作品
高いところなんかはどうやって描いたんでしょ
 (・_・?) 

足場組んで描くとなるとそれなりに大袈裟だし、そもそも許可とって描いているのかしら?


でもここにも『三つ目のマディちゃん』がいますね

このうさぎちゃんは至るところ描かれている子

Patcharaphonというアート作家が、「Alex Face」という名を使い描いている作品で超有名キャラクターだ

彼女がいるならきっと正式に描かれたものなんだろうね
(・∀・)つ

13-1
13-2
14-1


裏手にもびっしり芸術作品

こうした作品群は現在におけるタイの情勢が背景にある

昨今若者が頻繁にデモを起こすように、そうでもしないと意見を言いづらい風潮があるのだという

その叫びを静かに訴えているのがこのウォールアートであり、単なる絵に見えてその奥には伝えたいメッセージが秘められている、と前述のAlex Faceさんは語っている

14-3
14-2


ん?
秘められた伝えたいメッセージ?

Alex Faceさん、本当ですか??
(≡ω≡.)

16-1
16-2


中には既存のドアや形状を利用して描かれているものも

なかなか凝っていますな

町全体にこのような施しがされているので、さぞかし住民の方は理解ある人が多いのだろう


あびさんある方もいらっしゃるようですし

命名の由来が気になるわ
( ̄▽ ̄;)

15-1
15-2
17-3


路地に描かれる作品は異空間への誘いにも感じる

好きですな
この感じ

色々見ていきたいがマジで民家の庭先まで続いているので、住民の方に鉢合わせる場面もちらほら

勝手に入って怒られない様、気をつけねば・・

17-1
17-2


日本で街角にこんなの書かれたら、まず行政に苦情が殺到するんだろうな

やはり南国のおおらかさがこんな風景を作っているのかしら

こういった文化の違いがタイの魅力のひとつ

次回の旅行は街角アート巡りも視野にいれてみちゃいますか?
( ̄ー ̄)ニヤリ







 
他にもこんな街角アート♡





▼ブログ村のランキング参加中です
 ここをポチっと押して頂けるとすごくうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


▼かかしさんって誰?という方
 インスタグラムではたまに顔出ししてたりして♡

Instagram フォローしちゃいます?.。゚+.(・∀・)゚+.゚


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪



 
スポンサードリンク