大学構内にひっそりと存在するいにしえの仏塔



ここはアユタヤにあるラジャマンガラ工科大学のキャンパス内

この大学に存在する遺跡はその名に『スワン สุวรรณ』と言うタイ語でGOLDを表す言葉を持っている

そう、ここは発掘調査時数々の金装飾品が出土し、
『GOLDEN CHEDHI』などとも称される、
なんともうらやましい遺跡だったりする

今もまだ何か残っていないかしら
(。-∀-) ニヒ

僕の中のトレジャーハンター人格がいつの間にやらここへ足を運べせていたようだ

10-1



さて冒頭に触れたようにここ大学の中

とは言え外からは丸見えなので所在地は非常に分かりやすい

入り口に守衛さんがいるので『ボク、イセキミタイデス』と一言伝えればOK

ま、
ちなみに僕はチェディを指差し『カップ』って言ったら入れてくれましてけどね
(。-∀-) 

11-1
11-2
11-3


名前にチェディが付いている遺跡は、当然メインが仏塔の遺跡

ここも大きめのチェディーとちょっとした神殿跡地から構成される、コンパクトな遺跡となっている

普通の個所に比べ多少説明看板が違うのは、大学オリジナルの仕様なのかしらね?

それにしても大学に遺跡ってすごいわ

日本でいえばキャンパス内に前方後円墳があるって感じかしら
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

12-1
12-2
12-3


ここのメインチェディは円型のずんぐりむっくりな形のもの

建立のはっきりとした文献は残っていないが、この形はスコータイ王朝の影響を受けているアユタヤ王朝中期によく見られた形

その為、建立もその頃では?と推測されている

13-1
13-2
13-3


1952年8月2日ここを発掘調査していた調査チームが本堂下部に地下室があるのを発見

なんとそこからは金で作られた指輪やお守り、また象や馬、魚、亀などを模した金工芸品が出土したと言う

このように地下より財宝が出てきたのはワット・マハタートやとなりのワット・ラチャブラーナに次ぎ3例目

このゴールデン・ダンジョンと呼ばれる地下室

まだ何か残っていないか気になるのは当然ですよね
( ̄ー ̄)ニヤリ

14-1
14-2
14-3


尚、発見されたものを見たい方はアユタヤ国立博物館へ

他のゴールデン・ダンジョンから出てきた品々もそこに貯蔵されているようです
(・∀・)

15-1
15-2
15-3


なんとなく金運に恵まれそうなこの遺跡

参拝した後に宝くじでも買ったら当選出来るかしら?

確か黄金を発見した日は
1952年8月2日だったな・・

よし!
ロッタリー 195282を今すぐ買いに行こっと!
.。゚+.(・∀・)゚+.゚









とは言え流石に6桁ドンピシャを発見するのは至難のわざでしょうな・・
(≡ω≡.)




★『放棄された廃墟寺院シリーズ』は絶賛更新中!★
アユタヤに行かれる予定のある方は是非チェックを!!
( ・`ー・´) + キリッ





その他&すべての写真はこちらより
↓ ↓ ↓

1736925



TEMPLE DATA

Wat Suwan Chedi
วัดสุวรรณเจดีย์

参拝時間 : 9:00-17:00 (大学オープン日のみ)
参拝料金 : 無料
電話   : -
H.P.    : -




▼ブログ村のランキング参加中です
 ここをポチっと押して頂けるとすごくうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


▼かかしさんって誰?という方
 インスタグラムではたまに顔出ししてたりして♡

Instagram フォローしちゃいます?.。゚+.(・∀・)゚+.゚


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪






スポンサードリンク