400年前のボートを模る礼拝堂



ここはサムット・サコン県のムアン地区

ムアン地区とは県庁所在地のようなもので、その県の中心部の地区となる

そんな県中心部に流れるターチン川沿いに、400年前の古の寺院が存在すると言う

『ワット・ヤイ・サコーンブリ』と呼ばれていたその寺院は、ラマ5世治世になんと王室寺院へと昇格、その後今の『ワット・ヤイ・チョーム・プラサート』に変名をした

タイを愛し王室を敬愛する者として王室寺院とあっては、参拝しないわけには行かないであろう
( ・`ー・´) + キリッ

という事で今日も元気に出発するのであった

10-1


この寺院の建立はアユタヤ王朝期

冒頭に述べたように『ヤイ・サコーンブリ寺院』としてこのお寺さんの歴史は始まる

ここでは遺跡をクローズアップするのだが、実はここはアクティブ寺院

普通にお坊様がいらして、現代の社も併設されている普通のお寺さんだ


ただ、特筆するようなボスキャラもいらっしゃらないので、失礼ながらアクティブ部分は割愛させていただきたく存じます
m(*_ _)m

11-1
11-2
12-112-2


さて遺跡部分

流石数百年もの時がたったものには、きちんと説明書きもされるようね

ま、
もちろん僕にそれを紐解く能力などありませんが
(`・ω・´)

毎回なんとなく眺めてはいるんだけど・・

11-312-3


礼拝堂やチェディーにはまだスタッコ装飾の一部が残る

これは調査の結果、植物や動物、木、山、人等の対象が描かれており、伝統的な中国様式のパターンとなっているらしい

昔より大河沿いは貿易の中心になりやすい

当時は中国の方もたくさんいらしたのだろう

そんな芸術品は当局にも認められ、この遺跡は1936年に国定史跡に、また 1962年に国の芸術対象として登録されたという
(・∀・)

13-1
13-2
13-3


窓や入り口は一部木製になっていて、屋根こそすでに崩壊してしまっているが、床と屋根は当時の面影を未だに残している

またよく見ると礼拝堂土台部分はアーチ型になっており、船を模した形ではないかと説が濃厚なのだとか

さすがターチン川沿い

水辺に関連していることから礼拝堂もお舟にしちゃたのね

10-114-1
14-2


同じ遺跡でもここはきちんと整備されているほう

やはり王室寺院としての風格なんでしょうな

これが違ったらもしかしたらここも、放棄された廃墟寺院の仲間入りをしたかもしれない・・


しかしこの遺跡の雰囲気ってやはりいいな♡

特に日本ではあまり見ないレンガの感じ
異国感満載で見応え充分ですよ

14-3
15-1
15-2

くるっとね

地域住民の参拝も後を絶たないこの寺院

至る所に小銭が奉納されていますよ

日本のように賽銭箱的なモノは置かないのね
(´・ω・`)

罰当たりな方に盗まれないよう祈ります

15-3
15-4


僕の様な遺跡マニアは必訪な古代遺跡

それ以外の方はこの記事を4、5回読めば十分でしょう

マハチャイの折り畳み市場でも見学した後に、時間が余って死にそうな方は訪れてもいいかもです
( ̄ー ̄)ニヤリ









そんなマハチャイの折り畳み市場はこの遺跡より約4kmです




その他&すべての写真はこちらより
↓ ↓ ↓

1736925



★お寺系Youtuberの方の動画です




TEMPLE DATA

WAT YAI CHOM PRASAT
วัดใหญ่จอมปราสาท

参拝時間 : 8:00-16:00
参拝料金 : 無料
電話   : 
H.P.    : Facebook



しかし、お寺さんもFacebookをやる時代なんですね


▼ブログ村のランキング参加中です
 ここをポチっと押して頂けるとすごくうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


▼かかしさんって誰?という方
 インスタグラムではたまに顔出ししてたりして♡

Instagram フォローしちゃいます?.。゚+.(・∀・)゚+.゚


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪



 

スポンサードリンク