ペチャブリ市中心部にあるラーマ4世さんの記念公園



モンクット王
タイ王国現王朝、チャクリー王朝の第4代王ラーマ4世の別称

タイのいわゆる『鎖国』を解き、タイ米の輸出を増やすことでその美味しさを世界に知らしめ、タイの農業を大きく変革した素敵な王様だ

そんな王様は夏の暑い時期にはペチャブリー県に作った彼のサマーパレスで過ごしたと言う

そのサマーパレスは『プラナコーンキーリー』と呼ばれ、今では歴史公園としてペチャブリー県の代表的な観光地となっている


が、今回はそんな観光地ではなくその前にある公園が標的

一見なんてことない公園なのだが、がっつりモンクット王のかほりがする公園なのであった

10-1



ええっ?
サマーパレスでなくその前の公園の紹介ですか?


そうです
ここはそんな有名な観光地を紹介するようなブログではないのです

『誰も知らない知られちゃいけない』場所をお届けするのが当サイトの真骨頂なんですよ
( ・`ー・´) + キリッ


と言うのは冗談でサマーパレスはすでに紹介済


と言う訳で今回はその前の公園なのです
f(^^;)

11-1
11-2


市街中心部というのにぜいたくな敷地面積

気持ちのいい空間が広がっている

が、見ての通りあまり日差しを遮るものが見当たりませんな

これはピーカン時に訪れたら公園を渡りきる前に倒れるかも・・
(≡ω≡.)


またペチャブリーと言えばお猿さん

ここにもめっちゃたくさんいらっしゃるので猿アレルギーの方はご注意を

12-1
13-1


公園中央にはどっしりとしたエンブレム

ペチャブリー県の県章かしらね?

ここの隣には都市を作った際に建てられる柱、ラックムアンの社も建っている


そんな公園はラーマ4世さんの誕生200周年記念

1804年生まれのラーマ4世さんはお父さんがラーマ2世、お兄さんがラーマ3世である

本来はラーマ3世より王位継承権は上位であったが
『僕、まだいろいろ勉強したいんで兄貴先に王様やっといてよ』
と兄に王位を譲ったのだと言う


勉強熱心な方だったんだね
(・∀・)

うちの息子も見習わないかしら・・

12-2
12-3


と、やはり一番目立つはそんなラーマ4世さんの銅像

高さ5m、重さは3.5tあるブロンズ鋳造像だ

チャチュンサオ県の鋳造所で作成され2015年5月6日にパレードとともにここへ運ばれてきたのだと言う

チャチュンサオ県からは200km近くありますぞ

きっと壮大なパレードだったんだろうね
( ̄ー ̄)

14-1
14-3
14-4


そんな勉強好きなラーマ4世さんは天文学にも精通していた

独学で得た知識から日食のメカニズムを解明し、その時間・場所を割り出すことに成功したと言う

その成功の裏にはプラチュワップキーリーカン県(ペチャブリー県のひとつ南の県)での観測を必要とした

だがその地は当時マラリアがはびこる危険地域

日食解析の功績を得る代償に彼はマラリアに感染、そのわずか2週間後に崩御されてしまったという

15-1
15-2


そんな壮絶な人生を歩んだ彼の一生は公園前の壁画で見ることが出来る

そのまま紙芝居にもなりそうな絵画は、説明書きは分からずとも彼が勉学に勤しみ、仏教を重んじ、貿易を活発にさせたというストーリーをうかがわせる


さらに彼を知りたくなっちゃった方は是非彼と彼の家庭教師の物語

『アンナと王様』という映画をご覧ください
*_ _)ペコリ



ちなみにこの映画は史実と違う描かれ方がされているとして、タイでは上映が禁止されている
(`・ω・´)

16-2
16-1


派手さを好まず質素を貫いたと言うモンクット王さん

こんな大きな銅像を作られたのは不本意かもしれませんな

でもそれだけ偉大な功績を残したのも事実


彼に興味を持った方は是非ご来訪を~
(*・ω・)ノ









その他&すべての写真はこちらより
↓ ↓ ↓

1736925




▼ブログ村のランキング参加中です
 ここをポチっと押して頂けるとすごくうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


▼かかしさんって誰?という方
 インスタグラムではたまに顔出ししてたりして♡

Instagram フォローしちゃいます?.。゚+.(・∀・)゚+.゚


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪



 
スポンサードリンク