是非とも参拝 お寺・宮殿

これは必見!超絶怒涛の写真映え寺院 ワット・カオ・プラ・カル @ シラチャ

これはまさにインスタ意識の寺院



日本人街シラチャの奥地にある比較的新しい寺院

ここまで来ると宗教寺院というより、よもやインスタ意識のテーマパ―クと言っても過言では無いかもしれない

青みがかった龍が見据えるはシーラチャの街並み

カメラが趣味、インスタフォロワーを増やしたい方はもちろん
シーラチャ在住の方よもや義務として訪れるべきお寺さんと言えそうだ


1-1
続きを読む

3つのゾーンを堪能あれ ワット・クン・インタプラムーン @ アーントーン

青空巨大涅槃像の下には日常市場が繰り広がる



アーントーン県にあるこのお寺さんは、大きく3つの見応えポイントがあり、ぜひとも訪れたいお寺さんのひとつ

一番目を引くのは神殿を持たない涅槃像になるのだが、隣にある遺跡もなかなかの趣を醸し出している

多くの部分をマーケットが占めていることから、ここは観光地と言うよりも地元民の日常寺院と言ってもいいのかもしれない

というわけでお寺もマーケットも大好きな僕に訪れない理由は存在しない
バンコクよりちょうど2時間、今日もプチトリップをしてみることにしよう


1-1
続きを読む

パワーをもらいまくり! 半日で回れる バンコクパワースポット8箇所+1

一気に回って至高の祈願をしまくろう!



BTS チットロム駅周辺は有名なエラワン廟を含め、実は至る所にそれなりの神々が降臨しており人々を境地から救っている

この界隈には8つの有名な祠があり、BTSスカイウォーク内でも看板で紹介されていた

というわけで今回はその8つの祠を順にご紹介
それぞれあまり離れていないので、半日もあれば十分巡礼可能です!

aw-god-map-leaflet-03
続きを読む

螺旋通路をひたすら登れ ワット・バンピー・ヤイクラン・チェディー @ サムットプラカーン

ひときわ目立つ仏塔の中は遠き螺旋が待ち受ける



サムットプラカーンにあるワット・バンピー・ヤイクランは、心臓むき出し巨大涅槃像で参拝客のハートを鷲掴みにしている寺院

その寺院の奥にはこれまた巨大なチェディーがそびえており、これは遠くバンナトラッド通りからも確認できてしまう大きさだ

そんな塔の中はその頂上へ誘う通路が存在しているのだが、当然その大きさから易しき道のりではない
ついでに上ってみようかな ♬ 程度のノリでは場合によっては後悔することとなるだろう

1-1
続きを読む

仏様の足跡を探せ ワット・プラ・プッタチャーイ @ サラブリー

崖沿い仏陀も見どころの一つ



ちょっとした小高いお山全体がお寺さんになったような寺院
17世紀初頭、ソンタム王がこの辺に仏足跡があるはずだから探せとの命を出し、この山頂で発見されたとの伝記があるという

仏足跡とは名の通り仏様の足跡
タイでは至る所に存在するが、なぜか高い所がお好きなようで、ほとんどのケースでここのような小高い場所にある場合が多い


2-1
続きを読む

500基にのぼる黄金仏塔 ワット・パーサワーンブン @ サラブリ

仏塔が創り出す直径50mの黄金寺院



プラマハチェディーと呼ばれる黄金色の仏塔は、1985年にルアンポー・ソムチャイプニャマンさんよって建立されたらしい

総数500基にもなる仏塔は段々円に整列しており、なかなか壮大で見事な風景となっている
ここはサラブリの少し山間に入った場所
そんな場所にもかかわらずこんなインスタ寺院が存在するのが、タイの面白い所といえよう


5-1
続きを読む

地元民は中国寺と呼ぶそうな ワット・ボロム・ラーチャー・カンチャナーピセーク・アヌソーン

プミポン国王在位50周年記念に建立された中華系寺院



地元民はワット・チンと呼ぶほどの中華臭が強い寺院
その大きさはこの界隈では圧倒的で中に入ると思わず中国へ迷い込んだと錯覚してしまいそうだ

1996年に始まったこの寺院の建設は増築を積み重ねなんと12年にも及び、2008年に現在の姿になったという
そんな中国寺には地元の学生も授業の一環で見学に来るくらい有名な寺院となっている

1-1
続きを読む

海風香る悲劇の物語 サオジャオメー聖堂 @ バンセン

海を望むサムック山頂にそびえる中華寺



バンセンビーチ至近のこの丘は近くにオーシャンビューポイントを従える景勝地で海が望める見晴らしのいい地域
この丘の頂上に中華の香り満載のこの聖堂は存在する

彩り鮮やかな中華風寺院は一見すると楽し気な雰囲気を醸し出すのだが、ここでの伝説をひも解くとロミジュリばりの悲劇の物語が浮かび上がるのであった


1-1
続きを読む

中華系女神が寂しく降臨 チャオポー・キムシス神社 @ サムットサコン

中華系幸福の女神が見つめる景勝地



元々は地域住民の病気回復を祈願するため1982年に建立された神社
日本語では『観音様』という意味を持つグワンインという慈悲の女神がボスキャラとして存在する

というよりここには寂しくこの像しかなく、発展途上なのか景勝地お付きで建てたのかよくわからない
ただ海沿いに建つ女神は何気に海の安全を護ってくださっていると、勝手に思いたくなる今日この頃ではある


1-1
続きを読む

海を見つめし寂し気な巨像 ワット・タム・ニミット @ チョンブリ

山深い場所の遺跡の雰囲気がある寺院



タムニミット寺院はある瞑想を行う為に建立された寺院で実は本山は別にある模様

ここはいくつかある分寺の一つでチョンブリ県に存在する

ボスキャラはタイではあまり珍しくない巨大な座像となるのだが、その周りの雰囲気がなんとも言えない寂し気な感じ

なんとなく山奥で発見された遺跡感を漂わしている

13-4
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 9年目

日本語以外の言語能力を持ち合わせていないので、言語以外のコミュ力で僕一人で辿り着ける所のみ訪問中

生息地はバンコク
僕の住処より車で半径2時間程度の在タイの方には明日にでも、観光の方には次回の訪タイで行ける場所をご紹介

詳しい説明は出来ません!
何言ってるかわからないから
写真と私の感想だけで汲み取って頂けると幸甚です

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事9年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }