エビの釣り堀

エビ釣り堀 空港至近!帰国前に一匹釣っとく? エビレストラン・ユー&三― @ サムットプラカーン

住宅街の奥地にあるアットホーム海老釣り堀



まさに飛行機の離発着を至近で感じられそうな場所にある海老の釣り堀

バンナトラッドと言う高速道路より少し北側の位置となり、サムットプラカーン県はバンプリーと言う地域にあたる

行き止まりのソイの奥にて、”通りかかる” と言う事が100%あり得ないこの海老屋はもしかしたら地元民でも知らない方がいるのかもしれない

そんな僻地にある海老屋は案の定、あったか家族の雰囲気で溢れるのであった
( ´∀`)つ

10-1

続きを読む

エビ釣り堀集中地域の一角店 NJO33 @ サーイマイ

郊外にやたらと多いえび釣り屋



ここはバンコクの最北、パトゥムタニ県との県境地区にある海老釣り堀

この界隈は実はエビ釣りマニアたちがこぞってざわつく地域
そう、なぜかここは海老屋が集中している地域なのである

折角なら、もうちょっと都心に近い場所で集中しててほしいのに、田舎のほうがやはり開店しやすいのだろうか?

と言う事でエビ釣りマニアのワタクシは、今日もこの界隈にざわつくのであった

1-1
続きを読む

パタヤ市外れのエビ釣り堀 シムズ・ハウス @ パタヤ

流石はパタヤ、ファランも集うエビ釣り堀



パタヤ市界隈には現在6か所程度のエビの釣り堀があるようで、そのうちの一つのここは、パタヤでも中心部よりやや南側に行った位置に立地している

この界隈は観光客よりもパタヤ在住のファラン(西洋人)が闊歩する印象の街であり、中心部に比べて派手な歓楽街感は薄れる地域と言える

そんな界隈にあるからなのか、エビ釣り堀としては何気にこ洒落感がある店舗のここは、客層も珍しくファランのお姿が見られる店舗となっている

1-1
続きを読む

パタヤでエビ釣り ブン・ブン・パタヤ @ パタヤ

気さくなローカルエビ釣り屋



世界有数の歓楽地パタヤ

世界中からリゾートを求め観光客が集まるこの都市に魅せられ、日本からでも足繁く通われる諸兄も多い事でしょう

どちらかというと華やかなビーチや夜の喧騒がメインなので、派手な印象が付きまとう地域でもある

しかし、そろそろそんなパタヤに少々飽きた方もいらっしゃるのではないだろうか?

そんな時は静かに水面に浮かぶ小さなウキを見つめるのも一興

そうここは海老釣り堀
東南アジアならではの静かな娯楽がここに存在しているのだ


1-1
続きを読む

海老釣り堀 やっとシラチャの真ん中に ルーン・ヴィットエビ釣り堀 @ シーラチャ

シーラチャ市の中心街 ようやく出来てくれましたね



東南アジアにおける最大のエンターテイメント、エビの釣り掘

オニテナガエビという巨大な淡水海老が泳ぐ水槽に糸を垂れ、ビールを煽りながら強靭な尻尾から生まれる強力な海老の引きを楽しむ手軽なレジャーだ

バンコク都内やパタヤなどでは比較的行きやすい位置にあるのだが、ここシーラチャ界隈では日本人居住区における海老屋は今まで皆無であった

それがこの度、アタラモールのすぐ目の前に出来たのだから、この界隈に住まれる方々には超朗報であろう
(・∀・)つ

というわけで僕はこの界隈の住民でも何でもないのだが、早速行ってみる事にした


2-1
続きを読む

BTS駅より徒歩圏内 エビ釣り堀 チャルン・ナコン16 @ サパンタクシン

日本人に大人気、各種媒体紹介釣り堀



タイにはオニテナガエビと言う、日本ではあまりお見受けしない海老が生息している

名前に鬼が付くくらい大きな手長海老で、主にメークロン川と言った大河でよく獲れるのだとか

そしてそこまで大きいと釣りの対象としてもとても面白い

そんなわけでこのオニテナガエビを釣らせる『エビの釣り堀』がタイには至る所にあったりする

そんな釣り堀にて今回はBTS駅より徒歩圏内のエビ屋をご紹介

至る所にあったりしながらも、車を使わず辿り着ける所は案外少ないので、貴重なお店ともいえよう
(・∀・)つ

1-1
続きを読む

オンヌットのエビ釣り堀 ジョースア釣り堀 @ オンヌット

放流多しの太っ腹店がスクンビット界隈に



昨今エビ釣り堀がブームとなっているのか、そこかしこに新規店がオープンしエビ釣りマニアの僕としてはトキメキが止まらない今日この頃

そんな中数か月前、ようやくスクンビット界隈にオープンしたとして、紹介したウドムスック駅徒歩圏内の海老屋、333が早くも亡き者になったという悲報が飛び込んできたのはつい最近の話

せっかく出来た店なのに・・
と消沈する暇もなく早くも新たな店がここオンヌットに出来たようだ

クワイティオを食べていたら偶然あったこの海老屋
ご飯食べたらすぐ帰るつもりであったが、どうやら帰宅するわけにはいかないようだ


1-1
続きを読む

でか海老を求めて今日も糸垂れる ソムトゥイマワ海老釣堀 @ サムットプラカーン

エビ釣りブームに乗り遅れるな



バンコク2時間以内のエビ釣り堀を制覇しようと日々鍛錬中!

・・のだがこのところのエビ釣りブームにより、日毎に増殖を続ける釣り堀事情を鑑みると、多分一生達成は出来ないであろうと思う今日この頃である

なんて思いつつもその分遊べるから無問題

いろんな釣り堀を楽しめる今日は、まさに海老海老天国のよう♡
というわけで本日はサムットプラカーン県にある釣り堀に行ってみる事にしよう!


1-1
続きを読む

エビ釣り堀 サムットプラカーンの超人気店 JAUNAYNOY @ テパラック

夕方・休日はなかなか座れない人気店



ここはサムットプラカーン県のテパラック通りと言う、超絶渋滞する通りの一本北側のソイの中

バンコクより30分程度で来られるロケーションだが、公共交通機関では辿り着くのはちと難しいエリアとなる

奥まった場所にあるこのエビ屋は、地元民しかその存在は分からないかもしれない

だがその地元民には相当愛されているお店らしく、そもそも駐車場に車を停める事すらままならない日があるくらい混雑極まりないお店となっている

1-1

続きを読む

エビ釣り堀 おせっかい親父から釣り方指南 BB ボートックン 345 @ パトゥムタニ

アットホームな地元海老屋は常連揃い



一見すると釣り堀があるようには見えないこの海老屋さんは、ノンタブリとの県境に近いパトゥムタニ県に存在する

ここの釣り堀は他と比較して水槽が小さい

ゆえにお客通しが比較的近い位置に座る形となり、コミュニケーションが容易となる

その為、ここは常連さんがとても賑やかに談笑しつつ釣りを楽しんでいる、どローカルアットホームな釣り堀となっている

10

続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 9年目

日本語以外の言語能力を持ち合わせていないので、言語以外のコミュ力で僕一人で辿り着ける所のみ訪問中

生息地はバンコク
僕の住処より車で半径2時間程度の在タイの方には明日にでも、観光の方には次回の訪タイで行ける場所をご紹介

詳しい説明は出来ません!
何言ってるかわからないから
写真と私の感想だけで汲み取って頂けると幸甚です

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事9年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }