かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

お買い物/雑貨店

これは圧巻!とにかくすごい品揃え PAPAYA @ ラップラオ

昭和時代を懐古できる超大型ビンテージショップ



タイは今や空前のビンテージブームと言って過言では無いくらい、昔懐かしいレトログッズやビンテージ雑貨が並ぶカフェやナイトマーケットが至る所に展開されている

そんな中の一角でもあるこのお店なのだが、数あるビンテージ市場の中でも頭3つほど飛びぬけているショップと言えよう

とにかくここのビンテージ商品の品ぞろえは半端ない

広い店内に所狭しと一体どこから持ってきたのか良くわからないとにかく古いものが立ち並ぶ

タイ広しと言えどもここを超える品を揃える店は存在しないのではないだろうか?

1-1

続きを読む

チャトチャックへはこのルートで サパン・クワイ・プラクルアン市場 @ サパンクワイ

神聖なる投機の対象を眺めつつ週末市場へ



チャトチャック週末市場
週末しか開催されないタイ王国最大の公設市場だ

毎週末20~30万人が集結するとも言われるこの有名観光市場には、BTS(都市鉄道)及び地下鉄の各駅があるので鉄道アクセスが一般的

特に日本人街スクンビット方面からBTSを使われる方は、スクンビット線モーチット駅を利用するのが一般的だろう

だが、僕のオススメとしては是非一度、その一つ手前のサパン・クワイ駅で降りてみてほしい

そこからチャトチャックを目指すと、もうひとつのタイの名物市場プラクルアン市場を堪能しつつチャトチャックへ向かう事が出来るのですヨ

10-1

続きを読む

タイ最大のアクアリウムマーケット フィッシュ・ビレッジ・ラチャブリ @ ラチャブリ

観賞魚を飼いたい!今すぐラチャブリへ行こう!



ここは観賞魚を中心としたペット関連の中央卸売市場

どちらかというと業者さん向けの市場になるようだが、もちろん僕ら一般客も買い物は可能

約4td(4東京ドーム)の広大な敷地の中で、様々な魚が水槽内に泳いでいるのはまさに水族館

お部屋の中にアクアリウムという癒し空間を作りたくなってしまったら、今すぐこの市場に飛んで行っていただきたい
( ̄ー ̄)ニヤリ

10-1
続きを読む

タイ人のオタクの集結場? マサル・ジャパン・ストア @ プラカノン

少々変わったリサイクルショップ



『拾う神ありゃ、捨てる神あり』
ある方にとってお役御免化した存在が、新たな活躍の場所を得られる夢のような施設

リサイクルショップは近年タイでも増殖傾向にあり、日系の会社が運営する綺麗な店舗から、倉庫に無造作に山積みされるいかにもローカルチックなお店まで様々だ

そんな数あるリサイクルショップの中でも、ここは少々特殊なものも扱っている

それはオタクの方であれば大興奮もののグッズであったりするようだ

1-1
続きを読む

パタヤ奥地にビンテージ スリヤ・ランド @ パタヤ

和洋折衷?なんとも不思議なリサイクルショップ



パタヤ郊外を車でひた走っていると、極まれではあるが巨大なギターに遭遇することがあるそうな

進撃な巨人さんが奏でるにちょうどいいくらいのサイズ感というその楽器

そんなものが本当に存在するのだろうか?

そんな都市伝説じみた話は以前より耳にしていたのだが、本日なんとその不思議な世界に入り込んでしまった

不思議な国の案山子
アリスのような可愛らしい娘の変わりは、アラフィフおっさんには務まらないというのに・・

10-1
続きを読む

大型倉庫の日本リサイクル品 ナカヤマ・ジャパン・バンナトラッド @ バンナー

捨てる神ありゃ拾う神あり



昨今日本より送られてくる使用済み物品の数々は、タイ全土各地でこのような倉庫形式のお店で販売されるようになっている

日本でも同じような形のリサイクルショップをよくお見受けするが、さすが大陸であるタイは少々規模が違うようだ

巨大な倉庫に山積みとなった日本で使命を全うし、セカンドライフを送るべく海外移住してきた品々たち

貴女が日本で処分したものは、こうして遠くタイで余生を送るのであった


1-1
続きを読む

迷ったら全部買えばいい サクラ・ジャパン・セカンドハンドショップ @ オンヌット

オンヌット駅より徒歩10分 日本の宝はここにあり



最近はやりの倉庫系日本リサイクルショップ

以前よりバンコク郊外でよく見受けられたこの手のお店だが、ついにここオンヌットにも開店していたようだ

乱雑に積まれた品々は日本よりコンテナ単位で運ばれてきたセカンドライフを夢みる中古品たち

日本のリサイクルショップよりも一段と 我楽多感 エイジング感があふれるこれらの商品は僕らにとっては懐かしい品々も、きっとタイの方々にとっては新鮮なものとして捉えられるのだろう

10-1
続きを読む

何でも揃う『2バーツショップ』 ジャーン・ソーン・バーツ @ バンセン

シラチャの奥様御用達? 



タイは屋台を代表とした飲食店を開くのは比較的簡単にできるという
ゆえにある日突然食堂が出来たかと思えば消え去ったり、違うお店になっていたり・・

いずれにしろ飲食店をやる以上食器や調理道具が色々と必要になるだろう

というわけで大量の食器や器具が売られるお店がタイでは至る所に存在する

なかでもバンセンにあるこの大型店は、日本人街シーラチャにも近いことから、その付近の奥様達にも絶大な人気を博している・・・かもしれない

1-1
続きを読む

オタクの聖地 全部おもちゃのビルディング メガ・プラザ @ ヤワラート

サパンレックの意思を受け継ぐショッピングモール



その昔運河上に存在した伝説の不法占拠市場サパンレックを覚えておられるだろうか?

掘立て小屋の秋葉原
あらゆる海賊版ソフトやゲーム機器やフィギヤ、プラモデル等々オタク商品を扱うカオスな市場であった

そんな市場も数年前当局の弾圧に押されついに姿を消すことになる

だがオタクの精神はそんな事では屈しない
現在では昔とは打って変わってきちんとしたモールに生まれ変わり、オタク達の需要に答えておられるのだ

1-2
続きを読む

伝統的竹細工センター バンブー・ハンディクラフト・センター @ チョンブリ

チョンブリ県名産、竹細工の啓蒙センター



チョンブリ県は言わずと知れた竹細工の名産地

特にここパナニコム地区ではラマ3世統治時代より発展してきた文化で、元はと言えば農家の方々が稲作農作業の合間に作ってきたものが起源となっている

そんな竹細工の制作過程や製品展示、また購入も出来てしまうのがここのセンターなのだ

では早速覗いてみることにしよう


10-2
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }