かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

バンコク/サイアム周辺

食堂は外、カフェはうち はこ JAPANESE RICE & CAFE @ ラチャテウィー

ほのぼの暖簾に引きこまれ



カーレライスどん

アメージングタイランドを独歩していると、突如として新しいテイストに出会う時がある

僕は普段より郊外和食屋研究家として、新たな和食屋を見逃さないようにしているのだが、それはラチャテウィという都心界隈でも例外ではない

出会いは一期一会

このような暖簾を見逃すようでは、研究家の看板を下ろした方がマシであろう

さてとカーレか・・
新しい出会いに感謝しつつ、今日も暖簾をくぐるとしよう


10-1
続きを読む

【朝ごはん】ナーナーで朝食を イム・アロイ @ ナーナー

たまには深夜でなく早朝のナーナーを



ナーナー
バンコク屈指の夜の街の印象があるこの街は、印象だけでなく本気で夜が盛んな地域

旅行で訪れる健康男子で夜にこの街を素通り出来る猛者は、おそらく皆無と言っても過言ではない

そんな街も早朝となればとても同じ街とは思えない程、静寂で落ち着いた雰囲気を醸し出している

早朝・・
そう、早朝と言えば泣く子も黙る『朝飯活動』

朝6時台に屋台ではない店舗型食堂に朝飯を食いに行くという謎の活動

今回はナーナーのお店を紹介しよう

10-1
続きを読む

赤十字の活動を広く世間に タイ赤十字博物館 @ サムヤーン

無料の博物館にて赤十字についてもっとよく知ろう



地下鉄のサムヤーン駅を降りてすぐにある、タイ赤十字病院

タイの東大・チュラロンコン大学の医学部病院に併設されており、タイ医学の集大成とも呼ばれるエリアとなっている

そんなエリアには僕たち平民に、医学についてのちょっとした知識を与えてくれる施設が、ちらほら存在

ひとつは巷で有名なスネークファーム
蛇のショーが見られる観光客にも人気のスポット

そしてもうひとつはその隣に人知れず存在している、ここ『タイ赤十字博物館』

1-1

続きを読む

路地裏カレーはどんなお味? ダイカタナ @ ラチャテウィ

見逃すな!ビルの間の和食屋さん



BTSラチャテウィ―駅より西へ5分ほど、とぼとぼ歩いているとカレーのいい匂いに出くわすことがある

おっ
この辺にもカレー屋が
どれどれ、ちょっと寄ってみようかな?

と思ってもそれらしきレストランは見当たらない
でもやっぱりどこからか、少年時代に感じた夕暮れ時の台所の香り

そうここは店舗ではない
ビルの間を利用したタイあるあるスタイルの路地裏店舗の和食屋なのだ

1-1
続きを読む

パワーをもらいまくり! 半日で回れる バンコクパワースポット8箇所+1

一気に回って至高の祈願をしまくろう!



BTS チットロム駅周辺は有名なエラワン廟を含め、実は至る所にそれなりの神々が降臨しており人々を境地から救っている

この界隈には8つの有名な祠があり、BTSスカイウォーク内でも看板で紹介されていた

というわけで今回はその8つの祠を順にご紹介
それぞれあまり離れていないので、半日もあれば十分巡礼可能です!

aw-god-map-leaflet-03
続きを読む

ちょっと珍しいカレーラーメン スーパー・ボウル @ プルンチット

ビル内に入るタイ系和食屋は発見するのも難しい



バンコク2時間以内のラーメン店を制覇する目標を軽く掲げて見たのだが、今更ながらにして巨人の星並みの試練の道であったことに気づき始めている
郊外にあるものはまだ通りかかれば気づくのでまだマシなのだが、ここのようにビル内に入られるとよほど用事が無い限り発見にすら辿り着くことが出来ない

ここはオールシーズンプレイスという複合ビル
オフィスが重なるこのビル内にも数店の和食屋が存在する


AA1-1
続きを読む

【閉店】大阪からの九州豚骨 ラーメン亀王 @ サイアムスクエア

サイアムスクエア内の貴重な日系ラーメン屋



最近どうやら乳酸値的なものが限界を迎えた様で派手な痛風に

丸二日痛みでろくに眠れず歩くことすらままならない症状であった

どう考えても日々のビールが蓄積したようで今は当然のように節制の日々を過ごしている

そんな中『ラーメンなんか食ってんじゃねえよ このハゲ!』とのご叱咤は甘んじてお受けしよう

だがやはりどうしても食べたくなってしまう時はあるのだ


1-1
続きを読む

こんな所に珍スポット ち○この祠 CHAO MAE TUPTIM @ チットロム

子宝に恵まれたい方にとっては神聖な場所



スクンビットど真ん中、プルンチットには人知れずひっそりとある祠が存在してる
祠自体は何の変哲もない造りなのだが、その周りにある供物がかなりの異彩を放っている

カップルで来ると彼女側がドン引きするであろうこの祠

奇をてらっているように思えるのだが、実はそこにはきちんとした効用があり、今なおご利益求めて参拝客が集うという

いずれにしろある意味ここはバンコク最強のチンスポットといえよう

5-1
続きを読む

涼しい古美術博物館 スワン・パッカード宮殿 @ パヤタイ

伝統的家屋を利用した都会の中の博物館



ここはBTSパヤタイ駅より徒歩10分程度の場所
シーアユタヤ通りという高層オフィスビルが建ち並ぶ一角に場違いな高床式チーク材建屋が存在する
バンコク都内でよく見られる「アユタヤより移築しました」的この建物はもともとはラマ5世のお孫さんの親王夫妻が建てた御所でありそれが今日博物館として公開されているのだ


1-1
続きを読む

川沿いロケーションで至高のビール 麺屋一 @ プラトゥナム

夕涼み、だらっと飲めるラーメン屋



川沿いにあるこの店は夕暮れ時に訪れると沈む行く夕陽に照らされ行き来する船を眺めながらだらっと出来るお店♡
この船は渋滞知らずのタイ人ご用達タクシー船
仕事終わりのご帰宅タイ人でごった返す満員船を望みながらの高見のビールはある意味至高の贅沢と言えよう


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }