バンコク/王宮周辺

鉄道車両のミニ図書館 トレイン・ライブラリー @ パトゥムワン

屋外鉄道博物館ともうたわれていますけど・・



ここはタイ最大ターミナル駅国鉄フアランポーン駅から北上した徒歩圏内の場所

地図上では RAILWAY OUTDOOR MUSEUMとうたわれているが、中に入ると車両の中にちょっとした本が置かれているなんとも不思議な施設

看板には青少年図書館となっているので、ちょっとした児童館のような所なのだろう

図書館・・
恐らく僕に紐解けれる本は一切ないと容易に想像出来るが、ジャーナリズム本能に従い訪れてみることにしよう


1-2
続きを読む

必見!煌びやかな王室御座船 国立ロイヤルボート博物館 @ シリラート

王室専用の高貴な船舶の展示館



タイでは国王が船を使い、庶民の前をパレードする風習がある

史実に残る最後のパレードはチャクリー王朝150周年を記念し、ラマ7世がメモリアルブリッジから王宮までのパレードであったとか

その際に使用された御座船は王族を象徴するため豪華で大変美しい船であったという
その後その船たちは古い造船所跡地に保管されることになる

そして間もなく第2次大戦が始まるのであった


1-1
続きを読む

『カオマオ』の歴史をそろそろ学ぼう カオマオ・コミュニティー博物館 @ バンコークノーイ

東北の郷土料理『カオマオ』が主体の博物館



ここはバンコークノーイ区にあるスッターワートと言うお寺さんの中
この奥に人知れず地域の博物館が存在する

博物館のメインは『カオマオ』という現在では主にイサーン(東北)地方で食されるもち米料理のご紹介

その昔はアユタヤ王朝からトンブリ王朝になった際、この界隈でも盛んに食された料理なのだとか

博物館マニアの僕としてはこれは行くしかありません
というわけで『カオマオ』など見たことも無いですが行ってみましょう!

1-1
続きを読む

絶品?!寿司+たこ焼きセットで悶絶ランチ ORATHAI SUSHI WANG LANG @ シリラート

大行列の激烈人気店は狭い市場の真ん中に



ここはシリラート地区
あの死体博物館で有名なシリラート病院至近を通る、WANG LANG通りという大人気のマーケットだ

週末ともなればまともに真っ直ぐ歩けないほどの人通りが出来るマーケット
そんな中にこれまたタイ人が大行列を作る和食店が存在する

日本人としてスクンビット界隈を都心とするならば、シリラートと言えど郊外認定
そんなに人々が集まるのであれば『郊外和食屋研究家』として至極の研究対象

というわけで早速研究をしに行くとしよう

1-1
続きを読む

病院内に九州のある光景 博多ラーメン @ シリラート

MKグループのラーメン屋はなぜか病院内に開店する



ここはシリラート病院というあの『死体博物館』がある病院で一部のマニアに有名な病院
ここのロビー内のレストラン街にこのラーメン屋は存在する

タイ在住者なら誰もが知っているあのタイスキチェーン店MKレストラン系列のラーメン屋なのだが、MKは至る所にあれどこのラーメン屋はあまりお見受けしない

というわけでバンコク2時間以内ラーメンを制覇しなければならない僕は、病院内であろうと行かねばならない

あの消毒の匂いがあまり好きではないのだが、ラーメンの為に行ってみよう


1-1
続きを読む

西洋医薬の歴史を学んでみよう ベルリン製薬博物館 @ ヤワラート

こうして西洋医薬はタイに広がっていったとさ



ベルリン・パーマシューティカルというジェネリック医薬品の大手メーカーがある
ベルリンとうたっているがタイの製薬会社の様で、1932年創業と結構な歴史を持つ会社だ

小さな診療所から始まったこの会社は、やがてタイにおける西洋医学の発展に大きく寄与することになる

そんな社歴を各種展示で紹介しますよ というのがこの博物館

ある意味広告塔のようなものだが、なぜか入場料を取られてしまうというなかなか粋な施設のようだ

1-1
続きを読む

街に埋もれし博物館 タクシン博物館 @ シリラート

タクシン王を奉る赤い宮殿



タクシン博物館と称されるこの施設は本名THE ROYAL RED PALACEとなっている

直訳すれば赤の宮殿となり、かの有名なタクシンさんを祀る博物館的な施設なのだそうだ
その名の通り赤い建屋が印象的なこの施設はシリラートエリアの片隅に存在する

尚、ここで言うタクシンとはタクシン首相ではなくタクシン王の事

えっ? タクシン王をご存じない?
困った方ですね、では施設の紹介とともにひも解いていきましょう
(・∀・)

1-1
続きを読む

女の子なら5往復!ファンシー雑貨のまとめ買い サムペン・マーケット @ ヤワラート

ぬいぐるみから髪飾り、かわいい小物が満載市場



ヤワラート周辺には中華街を代表に通り毎に、なんとなくテーマに沿った市場が並んでいることが多い
生花のパクローン市場やガラクタの泥棒市など

そしてここはファンシー雑貨が集まる市場
通り一面が可愛らしい小物類で溢れ、大量に売られている光景に女の子なら大興奮であろう

約200m程の狭い路地になるのだが、娘さんを連れて行った日には、何往復もさせられること請け合いなので覚悟して向かおう
( ´∀`)つ

11
続きを読む

オタクの聖地 全部おもちゃのビルディング メガ・プラザ @ ヤワラート

サパンレックの意思を受け継ぐショッピングモール



その昔運河上に存在した伝説の不法占拠市場サパンレックを覚えておられるだろうか?

掘立て小屋の秋葉原
あらゆる海賊版ソフトやゲーム機器やフィギヤ、プラモデル等々オタク商品を扱うカオスな市場であった

そんな市場も数年前当局の弾圧に押されついに姿を消すことになる

だがオタクの精神はそんな事では屈しない
現在では昔とは打って変わってきちんとしたモールに生まれ変わり、オタク達の需要に答えておられるのだ

1-2
続きを読む

【第三級王室寺院】都内で最も高い平面巨大仏像 ワット・イントラウィハーン @ カオサン

カオサン至近 ファランに人気の地元寺



1867年にモンクット王統治下時代に建てられたルアン・ポー・トーと呼ばれる巨大仏像がボスキャラのお寺さん

高さは32mで2018年においてはバンコク都内では一番、タイ国内では4番目、そしてなんと世界では110番目に高い仏像なのだそう

バックパッカーの聖地、カオサンに近い事もあり多くのファラン(西洋人)も参拝に集まる
というわけで僕はバックパッカーでもファランでもないが行ってみる事にしよう


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 9年目

日本語以外の言語能力を持ち合わせていないので、言語以外のコミュ力で僕一人で辿り着ける所のみ訪問中

生息地はバンコク
僕の住処より車で半径2時間程度の在タイの方には明日にでも、観光の方には次回の訪タイで行ける場所をご紹介

詳しい説明は出来ません!
何言ってるかわからないから
写真と私の感想だけで汲み取って頂けると幸甚です

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事9年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }