チャチュンサオ

GATEWAY工業団地 貴重な日本食 AJIKATSU JAPANESE RESTURANT @ チャチュンサオ

GATEWAYエリアでは数少ない貴重なお店



タイには数多くの工業団地があり、日本のそれと比べどこも規模がでかい

日本企業も多く集まる事から、どこの工業団地にもその周辺には日本人狙いの和食屋が点在する事となる

和食屋が点在・・

という事で郊外和食屋研究家としては各工業団地は外せない研究拠点

今日も張り切って向かってみる事としよう


1-1
続きを読む

チャチュンサオ観光の玄関口 チャチュンサオ分岐点駅 @ チャチュンサオ

国鉄線のジャンクション ここから各地へ浪漫旅行



タイにおける鉄道駅の風景は日本のそれとは大きく異なるがゆえにとても興味深い

日本であれば駅を見に行こうなどと言う発想は鉄道マニアくらいしか持ちえないが、ここではマニアでなくとも一見の価値ありと思われる

BTSや地下鉄などの都市型鉄道には無い魅力がタイ国鉄には存在する

特にここは撮り鉄さんには見逃せない駅のひとつと言えるだろう


3-3
続きを読む

お菓子は有名クワイティオパックモー YOKAE @ チャチュンサオ

プラチンブリ県の名物料理



この料理はパックモー
屋台などでたまに売ってる、米粉を溶いた生地でおかしを包み込んでいるやつである

通常ならおやつ感覚で食べられるこのメヌーも、プラチンブリ県からチャチュンサオにかけては麺料理の一種として提供されるらしい

なので包まれるのは野菜やお豆だったりが主となる

そんな美味しそうなものがあるのなら、是非とも食べてみたいのが人情
という訳でチャチュンサオ県にある、とある有名店に行ってみることにした

1-1
続きを読む

タイ人なら誰もが知ってる物語 ナン・シップソング・ケイブ @ チャチュンサオ

12人の女性のバッドエンドストーリー



ナン・シップソング(Nang 12)
タイ人なら誰もが聞いたことがある物語で、捨てられた12人の女性の物語

なかなか壮絶なお話であり、悲劇の中第一幕は終わっているという

そんな女性たちが降臨するこの小さなパレスは、タイ国内に4か所あると言われるこの物語所以の地の一つなのだとか

そんなところがあるのなら黙ってはいられない
この物語のことは全く知らないが早速行ってみよう!

2-1
続きを読む

1250人の小坊主の群れ ワット・クロックケオ・ウォンチャン @ チャチュンサオ

存在感半端なし 坊主に囲まれし山間寺院



1982年より建設がスタートしたこの寺院は、数々のコンクリート像を用いることで仏教の歴史を表現した観光寺院らしい

チャチュンサオとチョンブリの県境の山間部に建立されている為、静かな林の中に数々のオブジェが並んでいる穏やかなお寺さんとなっている

が、そのボスキャラは突如として大群で押し寄せ、静寂ながらも威圧感あふれる光景を作り上げている


13-3
続きを読む

巨大なコウモリに守られた寺 ワット・ポー・バンクラー @ チャチュンサオ

あらまあ 大きなコウモリだこと



ここはチャチュンサオ県というバンコクから2つ目の県

この辺では巨大なピンクのガネーシャ像があるワット・サマンが有名な観光地だ

バンコクから1時間半ほどかかる場所なので、せっかくここまで来て巨大ガネーシャだけではもったいない

ここはついでに巨大コウモリも見に来てしまっては如何だろうか?

1-1
続きを読む

タイ版金閣寺は全てが黄金色 ワット・パクナム・ジョーロー @ チャチュンサオ

本当に全てのモノがまっキンキン



チャチュンサオ県中心部よりさらに奥に入ったWANAPHUT通りを走っていると、突如として現れる黄金の寺

これに気付いた方は素通りをするのはなかなか困難であろう

ここはタイの金閣寺
全てが黄金に包まれた魅惑のお寺さんがここに存在する

1-1
続きを読む

変わったお顔の仏様群 WAT THA LAT TAI @ チャチュンサオ

人影のない寺院はユニークな仏様が大勢



チャチュンサオの寺と言えば巨大なピンクのガネーシャがあるワット・サワンが有名

ここはそのワット・サワンからさらに30km程バンコクとは逆方向に行った所にある寺院

何故なのかはよくわからないが、ここにいる仏様たちは一般的なお姿をしていらっしゃらず、なかなか個性的な方ばかりが集っておられるようだ

1-1
続きを読む

歩いて渡ろう川向こうレストラン クルア・リムクローン @ チャチュンサオ

モーターウェイからでもバンナトラッドからでも



タイにおける川沿いのレストランには雰囲気がものすごくいい所が多く、そんな中夜風にあたりながら飲むビールを経験したら、誰もがその虜になる事だろう

事実バンコクより2時間以内の川沿いレストランを制覇すると鼻息荒く語るブロガーさんもいらっしゃるくらい今熱い存在のようだ

ここのレストランも大河ではないが運河沿いのレストラン
なかなかの雰囲気の良さなのでちょっぴり紹介しておこう


1-1
続きを読む

その巨大化の理由を捜査せよ ガネーシャ・オンユエン国立公園

ガネーシャたちはなにゆえ巨大になりたがるのか?



ガネーシャとはヒンズー教の神様で最大の特徴は頭が象さんという事
また腕は4本あり片方の牙が必ず折れているのも条件となる

主に商業の神とされているようで、何らかの事業を行う経営者にとっては是非とも祈願すべき対象の様だ

そんなガネーシャ様はこのチャチュンサオ県が大好きでありなぜか皆一応に巨大化している

そのうちのお一人がこの公園にいらっしゃるようなので訪れてみよう


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 9年目

日本語以外の言語能力を持ち合わせていないので、言語以外のコミュ力で僕一人で辿り着ける所のみ訪問中

生息地はバンコク
僕の住処より車で半径2時間程度の在タイの方には明日にでも、観光の方には次回の訪タイで行ける場所をご紹介

詳しい説明は出来ません!
何言ってるかわからないから
写真と私の感想だけで汲み取って頂けると幸甚です

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事9年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }