かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

サムットソンクラーム

のどかな川沿いマーケット バンノイ水上マーケット @ サムットソンクラーム

アンパワーに隠れてひっそりとあるマーケット



サムットサコーン県を流れる大河『メークロン川』

アンパワー水上マーケットという、比較的旅行雑誌でもよく紹介されている市場があることで有名な河川だ

そんな河川沿いにおいて、タイではここに限らずよく見ると至る所に水上マーケットがある

英語でFloating Market と表記される一般的な市場

まあ現実にはFlotingというよりRiver Side と言った方がいい気がしないでもない市場は、大きな水上マーケットの陰に隠れて地元民だけで賑わっていると言う

1-1

続きを読む

『タイと言えば観光地』ここは必見!世界3大珍市場のひとつ メークロン市場 @ サムットソンクラーン

世界中から人を集める為、今日もせっせと折り畳む



ここは日本のテレビでも何度か紹介される程の、世界でも類まれにみる市場

ここまで奇妙な市場は確かに他ではほぼ見ないだろう

バタバタと露店の庇が折り畳まれたと思えば、市場すれすれに列車が通り、通り過ぎたら何事もなかったかのように元に戻っている

なぜ毎回こんなことを・・?
(・・?

どう考えてもあと1m後ろに下がればわざわざ折り畳む必要は無いのだが、それをすることで全世界から集客出来るのなら折りがいもあるという事なのだろうか?

ちなみに世界3大珍市場とうたってはみたが、あとの2つは存じ上げません
ご了承ください
m(*_ _)m


10-1
続きを読む

何もないから面白い バンノック・クワク・マーケット @ サムットソンクラーム

観光マーケットもいいけどたまにはこんな市場もね



100年市場と呼ばれる古くから形を変えず存在している市場がタイにはいくつかある

どこもノスタルジック感漂う木造が主で、名前の通り100年くらい前からあってもおかしくない佇まいをしている

おおよそ川沿いに存在しているケースが多く、観光用のモノから地元住民の為の生活市場まで様々だ

ここの市場は後者の方

名前こそ100年市場とはうたっていないが、そう言っても差支えの無いローカル感溢れる川沿いマーケットとなっている

1-1

続きを読む

サーモン推しだが無視してラーメン SAKE JAPANESE RESTAURANT @ サムットソンクーン

一瞬 SAKE=酒 かと思った方はアル中チェックを



ここはサムットソンクラーン県

バンコクから西へ1時間半ほど走らせたこの県は、アンパワー水上市場やメークロン電車市場など、日本人にもお馴染みの観光スポットをいくつか有する県となる

それもあってかこんな郊外にも、ちらほらと和食屋が存在してしまい、郊外和食屋研究家の僕としては来なければならず、地味に大変な目に合っているのだ

というわけで今回の研究対象はSAKEレストラン
そこのお父さん!ですよ、ではないですからね

2-1
続きを読む

夕方以降にくるべし水上市場 アンパワー水上マーケット

ここを知らずして水上マーケットは語れない



タイにはチャオプラヤやバンパコンと言ったいくつかの大河がある
そのうちのひとつメークロン川にこのマーケットは作られている
メークロンと言うと電車が来たら屋根折りたたんじゃう市場が今や国際的な観光地として存在する場所
その影響もあり観光ツアーがこことセットになることが多く結果この水上マーケットも脚光を浴びていると思われる


1-1
続きを読む

見つめるキャッツアイ♫ バーンメオ @ アンパワー

タイ固有種猫の保存のための施設


ここは水上マーケットで有名なアンパワー地区
元よりシャム猫を代表とするタイ発祥の猫はいくつかあるようで以前より種の保存の為の活動はされていたようだ
ここもそんな施設のうちのひとつのとの事



2-1
続きを読む

ワット・バーンクン② ミニ動物園 @ アンパワー

軍用機と動物 不思議な組み合わせのミニミニ動物園



ワット・バーンクンの続き
この寺院の通りを挟んで向かい側には小さな動物園が存在する
元よりこの地域は以前要塞があったようなのでその関係かどうか不明だが軍用飛行機等も一緒に展示されちゃっている変わった動物園だ


1-1
続きを読む

菩提樹に包まれた小さな寺院 ワット・バーンクン @ アンパワー

まだ見ぬタイランド・・に選ばれた小さな寺院



メークロン川の河口付近はアユタヤ王朝末期に海軍基地、トンブリー王朝期にビルマ軍との戦いで要塞が築かれた歴史がある地域
この寺院はそんな中建立されたのだがその後しばらく放置され、とんでもない姿になってしまったようだ


6-3
続きを読む

ドンホイロートでシーフード再挑戦 NANTEEFAI2 @ ドンホイロート

Don Hoi Rot 近くのシーフードレストラン



Don Hoi Rot 言えばマテ貝の潮干狩り会場として人気のスポット
バンコクから1時間半程度行ける場所でもあることから、タイ人にも人気の観光スポットだ

そんな観光客を取り込むべく、この界隈には多くのシーフードレストランが軒を連ねる

マテ貝取りのついでにぜひとも通りかかりたい、というよりここを通らないとたどり着かないグルメ街の一角店をご紹介


1-1
続きを読む

大人気店なのにちょっぴり残念 KOON PAO レストラン @ ドンホイロート

大人気潮干狩りポイントの有名店



ここはドンホイロートという細長いマテ貝という貝が採れる潮干狩りポイントの近く
ここへ来る際にあるミニグルメ通りにおける一番有名店
・・・・なのだそうだ

事実バンコクからドンホイロートまで向かう道中に、一番目にするのはここの看板
シーフードやハンバーガー(フィッシュバーガーかしら?)などががっつり書かれたタイプのやつが、100m毎に並んでいる

サブリミナル効果がうまれ誰もが寄ってしまう仕組みになっているようだ

1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }