かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

ラヨーン

知る人ぞ知る展望台 ワット・カオボット展望台 @ ラヨーン

東部地域最南端の眺望を楽しもう



チャチュンサオ県からラヨーン県にかけての東部地域と呼ばれる地域は、現在経済回廊も作られようとしている国内でも注目エリア

そんなエリアの最南端に位置するラヨーン県は、先日モーターウェイ(高速道路)も整備された事から、バンコクからでもますます行きやすくなった地域ともいえる

豊富な自然と綺麗な海岸を有するこの県には、その眺望を楽しむべく施設が数多く存在

今回はその中でもあまり知られていないという、とあるお寺さんの展望台をご紹介しよう

14-1
続きを読む

ラヨーンの真ん中で昭和の時代を独歩しよう ヨムジンダ通り @ ラヨーン

100年前そのままの姿はラヨーン県の旧市街に



バンコクより南へ約2時間走った場所にあるラヨーン県

きれいなビーチと美味しいフルーツが味わえる人気の観光地とも言える

中心地ラヨーン市は中央に皆さまお馴染み、スクンビット通りが貫きセントラルデパートなど近代的な商業施設も連なる繁華街となっている

そんな都市の真ん中にその世界を逆行するような、『昭和』な通りが存在する

ここはヨムジンダ通り
一歩入れば少年時代のあの時に戻れるかもしれない

10-1
続きを読む

俺が造るは正統派 正規寿司バー バンチャン支店 @ ラヨーン

ラヨーン県に展開する寿司バーチェ―ン



『正規』 

正式の規則。また、それに基づいていること。
 引用:Goo国語辞典

日本人としてはいささかお堅く、フォーマルな場で使用される感のあるこの単語

だがそれも郊外和食屋からすれば己の信念を表すものとして、これ以上は無いと感じる言葉

『この俺が造るのが正規の日本料理だ』

この店の料理長の魂の叫びが、このひときわ目立つ店名で表現されているのだと言う

10-1
続きを読む

見晴らし抜群ミニ展望台 サメサン・シービュー展望台 @ ラヨーン

サメサン半島にある小さな展望台から見る大きな風景



ラヨーン県はタイの東部地区と呼ばれるエリアの最南端の県で、タイランド湾に広く面している

バンコクから2時間程度かかる位置であることからか、人口密集による海洋汚染も比較的抑えれおり、バンコク周辺とは比べ物にならない程綺麗な海が広がっている

そんな海はやはり高い位置から見てみたい

そのほとんどが平地のラヨーン県も、ここサメサン半島は起伏形状の地形を有している
というわけで半島にある展望台より雄大な景色を拝んでみる事にしよう


1-1
続きを読む

カツをこよなく愛するお店 WITH LOVE KATSU @ ラヨーン

トンカツはよもや和食から世界食へ



トンカツ


「旨くないという日本人は、おそらくあるまい」
鬼平犯科帳で知られる食通作家・池波正太郎氏が著書の中で記した料理

誕生から100年を超えたこの究極のメニューは、今や寿司、ラーメンに並ぶ国境を越えた日本料理の代表格と成り上がった

当然ここタイにもトンカツを扱う店は急増中

それは首都バンコクのみならず、ラヨーン県というバンコクより2時間も離れた一地方にも、その余波は広がっているという

7-1
続きを読む

おだやかのどかなローカルビーチ リムナム・ビーチ @ ラヨーン

ラヨーンと言えばビーチ、いやビーチがラヨーンかもしれない



ここラヨーン県はバンコクより南下、約2時間の東部地域最南端の県

タイランド湾に面していることから、数々のビーチを有しており、都心から離れた環境も手伝ってか大変綺麗な海が広がっている

そんなビーチを持ちながらも、人口が少ない事もありどこも人はまばらで、至近のパタヤと大違いで大変穏やかで且つ静かなビーチとなっている

そんなラヨーンビーチハンターの僕は、月に40日はビーチに行かないと気が済まない特異体質

そんなわけで今日も超ローカルビーチへ出向いてみよう

1-1
続きを読む

地元民向けのどかなローカルビーチ パユン・ビーチ @ ラヨーン

この界隈では比較的綺麗な水質のビーチ



ラヨーン県
バンコクよりちょうど2時間程度で東部エリア最南端の県

タイランド湾に面しパタヤよりも先にある事から、海水汚染度が比較的に少なく、ゆえにビーチもなかなかキレイ度を誇っている

ここにはいくつかビーチがあるのだが、ここのビーチは中でも比較的大きくまたゴミ等の浮遊率も低いとされる場所

それもそのはず
ここでくつろぐ地元民は他よりもちょっぴり少ないからなのだとか

1-1
続きを読む

サメサン行ったらシービューレストラン サメサン・ハット・ナムナオ @ ラヨーン

ラヨーンと言えば海一択、やっぱりシービューレストラン



ウタパオ空港というタイ第3の国際空港を有するラヨーン県サメサン地区

国際空港と言いながら規模はそれほどでもないこともあるのか、この周辺に国際感は薄くむしろローカル度がましましくらいの地域となっている

そしてラヨーン県と言えば、バンコク2時間圏内では海が一番きれいなところ
ここまで来たのなら是非堪能しておきたい

というわけで本日のお昼ごはんは、海を見ながらオサレに頂こうと思うのであった


1-1
続きを読む

水上レトロマーケット コクロイ・水上マーケット @ ラヨーン

全体がレトロ風味 インスタ意識の水上市場



ラヨーン県最大のデパート、セントラルラヨーンのすぐ隣にある水上マーケット

ラヨーン市民憩いの場として開設された市場なのだとか

全体的にビンテージ雰囲気を醸し出しており、案内にも写真を撮りに来てくださいとうたわれるほどのインスタ市場

ラヨーン県はギリ、バンコクより2時間圏内
というわけでレトロ大好き人間の僕としては、行くべき理由がすべて揃っている市場なのだ


1-1
続きを読む

地元民が集まるのどかなビーチ Bann Am Por ビーチ @ ラヨーン

BBQも出来ちゃうのどかなビーチ 先端では釣りも可能



ラヨーン県はバンコクから2時間程

ビーチという大雑把な括りでいえば、バンセン・パタヤ・サタヒップ辺りが有名どころ

だがここラヨーン県のビーチは都会から離れていることもあり、離島を除いては一番きれいではないかと僕は思っている

海が大好きな僕としては週末のビーチ巡りは欠かせない
というわけで今日もそんな一つのビーチをご紹介しちゃいましょう

1-1

続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }