かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

ラチャブリー

地元民にも知られていない秘密の地 カオングー景勝地 @ ラチャブリー

林道を駆け抜けた先に広がる絶景とは



バンコクより約1.5時間西へ走った先にあるラチャブリー県

ここまで来ると都心の風景は皆無であり、白色の石灰岩で出来た岩山が作る風光明媚な風景が広がっている

そんな風景は観光地にもなり、切りだった迫力のある岩山や石灰岩が織りなす洞窟など、存分に自然を堪能出来るのもこの県の魅力の一つと言えよう

さてそんな風景の中に地元民すら知る人が少ないポイントがあると言う

『誰も知らない知られちゃいけない』ポイントへ行くのがこのブログの真骨頂

という事で今回も元気に出発するとしよう!
(´∀`○)イッテミヨーーー!!

10-1
続きを読む

洞窟に直で彫られる涅槃像 ファトー洞窟 @ ラチャブリー

1000年以上も前の彫刻涅槃像



ラチャブリ県にあるカオグー・ロック公園

自然が織りなす雄大な景色を堪能出来るとあって人気の観光スポットだ

石灰岩が作り出す山の風景はまさに圧巻なのだが、その石灰岩は同時に数々の洞窟をも生み出している

この公園の周遊道にはそんな洞窟たちが数多く存在

今回はその中のひとつ

洞窟の壁に直で寝そべられる涅槃様がいらっっしゃる洞窟を訪ねてみる事にしよう

10-1続きを読む

四方よりタイを護る護符仏陀 カオ・ケーン・チャン @ ラーチャブリ

街の4隅にある仏陀 ・・がある展望台



高さ141m、ラチャブリー市街より2kmほど離れた位置にあるケーン・チャーン山は頂上へ続く参道が用意され、市内を一望できる展望寺院が存在している

ここにはプラシムムアン(
พระสี่มุมเมือง)という『街の4隅にある仏陀』のうちのひとつが祀られている

これはここの他、サラブリ、ランパーン、パッタルンの計4か所に祀られており、悪を払いのけ、敵から身を護りタイ国に平和と幸福をもたらす超強力なお守り仏像

こんな何気ない所にそんな方がいらっしゃるだなんて・・

と思ったら即行動
早速会いに行ってみよう!


10-1
続きを読む

人形愛好家の為のインスタ施設 サンツリーランド・オブ・ドールズ @ ラチャブリー

多数のぬいぐるみが織りなすファンタジーの世界



人形作って30年の作者が、自身の作品をインスタ女子の為に開放した施設

また人形作り推奨の一環として手作り人形学習施設も併設されている程、人形愛に溢れたところ施設ともいっていい所

人形と言ってもそれは等身大のぬいぐるみであり、いろんなキャラクターが存在する模様

日本でいえばサンリオピューロランド的な感じだろうか

その可愛らしさは当然の如く少女達がターゲットであり、アラフィフのおっさんが何故立ち寄ったかはここではあえて触れずにおいていただきたい

1-1

続きを読む

レトログッズが街並みを作り上げる バーンポーン・ワンワーン @ ラチャブリー

銀行の元支店長さんが50年間集めたコレクション



サイアムシティー銀行ナコンパトム支店の元マネージャーさん

僕と同じでビンテージな物が大好きなようで、1971年以来レトログッズを集めに集めまくった模様

そんなコレクションがついにはここラチャブリ県で一つの街並みになっちゃったようだ

約5千m2の広さの街には1万点以上のコレクション
ビンテージ大好きな方にはまさに夢の国といったロケーションといえよう


5-4
続きを読む

超絶ムーディー!悶絶色彩洞窟寺院 ワット・タムナム @ ラッチャブリ

水の洞窟と称されるお池中心のカラフル洞窟



バンコクより西へ約1時間半に位置するラッチャブリー県


カンチャナブリー県、ペッチャブリー県と隣接し、僕に勝手に『3ブリー地区』と呼ばれてしまっているエリアにある県となる

この3ブリー地区は火山帯にもあたる地域の様で、山々が連なる山岳となりバンコクとは少々違った風景を味わえる地区

火山帯であるがゆえそこには洞窟も多く存在する

そして洞窟には寺院が作られてしまうのが、もはやタイの常識


ここはそんな洞窟寺院の中でも群を抜いたロマンチックな光景が広がっている


1-1
続きを読む

アートが映える芸術の街 バーンポーン・ストリートアート @ ラチャブリ

先鋭芸術家の街中アートで包まれる街



ラチャブリ県バーンポーン地区

ラチャブリ県の北部地区を代表する都市で、国鉄バーンポーン駅前には人々が集まる市街地が広がっている

そんな市街地を流していると、突如としてアートに包まれた通りが出現する

元映画館であった旧建物を中心に、描かれるアートたち

単なる落書きとみるか芸術とみるか

是非ここを訪れ自身の目で確認してみて欲しい

10-1
続きを読む

一般農場を観光地に マハパトゥム蓮園 @ ラチャブリー

ちょっぴり未完?ラチャブリ県の新ランドマーク



約3万平米を誇る農園に10年以上に渡り、蓮を育て続けてきたこの農場

『折角きれいに咲いているのに、このままではもったいないずら』

と思ったかどうかは定かではないが、2019年ここを一般開放し観光農園としてオープンさせたのだと言う

この界隈は目立った観光地も少なく、あまり人が行き来する地域ではなかった模様

ココを整備する事で新たなランドマークなるよう期待を寄せているのだとか

10-1
続きを読む

タイ最大のアクアリウムマーケット フィッシュ・ビレッジ・ラチャブリ @ ラチャブリ

観賞魚を飼いたい!今すぐラチャブリへ行こう!



ここは観賞魚を中心としたペット関連の中央卸売市場

どちらかというと業者さん向けの市場になるようだが、もちろん僕ら一般客も買い物は可能

約4td(4東京ドーム)の広大な敷地の中で、様々な魚が水槽内に泳いでいるのはまさに水族館

お部屋の中にアクアリウムという癒し空間を作りたくなってしまったら、今すぐこの市場に飛んで行っていただきたい
( ̄ー ̄)ニヤリ

10-1
続きを読む

寿司屋であってもあのメニュー HONTO シュシ・バー バーンポン支店 @ ラチャブリ

本当に ”シュシバー” なんですよ



『バンコク2時間以内の日本式ラーメンを制覇する』

以前より耳にタコが出来る程お伝えしているこの意味のない目標

これが『スクンビットのラーメンを制覇する』であったならPVも爆上がりする所なんだけどね
( ;∀;)

しかし郊外和食屋はバンコクより離れる程に味が出る

という訳で今回はこの地域では有名なチェーン店に突入

Sushi Bar ?
いやいや郊外和食屋が、そんなストレートな読み方をするわけがないでしょう


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }