バンコク/チャトチャック周辺

和泰折衷新しいカレー I'm Yello Cafe & Restaurant @ ディンデーン

タイスパイスが程よく効いた日本式カレー



店名からして黄色推しのこのお店は、おそらくターメリック命のオーナーさんが営むカレー屋さんなのだろうか

店舗を包むこの色彩は僕のようなカレーの王子様からすれば、食欲以外そそられるものは皆無と言っていい

そのためこの入口のビジュアルを見て、通り過ぎる事はもはや不可能

また『バンコク2時間以内のカレーをすべて頂こうプロジェクト』という長ったらしい企画を遂行中の僕

そういう事からも立ち寄る以外の選択肢がまるで見当たらないのは、ご理解いただけるのではないだろうか

1-1
続きを読む

インスタ市場の最新版 THE CAMP @ チャトチャック

チャットチャックの西側にレトロ市場は集結する



ビンテージ物が流行っているバンコクでは、鉄道市場のようなアメリカンビンテージを意識した空前絶後のインスタ映えマーケットが数多く存在する

以前チャットチャック周辺にはJJグリーンマーケットがその代表格で賑わっていたのだが、残念ながら先日突如として閉鎖してしまった

その代わりなのだろうか、今度は新たなビンテージマーケットが以前よりも増した規模でチャットチャック週末市場の西側で増殖している

ビンテージ大好きな僕に、そんな情報を放っておくことが出来ようか

ということで早速行ってみることにしよう!

1-0
続きを読む

肉食系女子会はこのお店で TORA・TORA JAPANESE KITCHEN @ パヤタイ

ジャズと同時に流れるは孤独のグルメ



隠れ家風店舗とはまさにこのようなお店を言うのだろう

そんな感じのこのお店は一応 JAPANESE KITCHEN として和食屋をうたってはいるも、メインはどうやらステーキ系の模様

店内に入ると香ばしいお肉の香りが充満し、醤油を中心とした和食の香りとは程遠い印象を放っている

また店内にはジャズが流れ、いかにもヨーロピアン的な雰囲気が出てしまっているのも、和から遠ざかるに拍車をかけている

小さな看板の下、ヤ〇ザのベンツ並みにスモークが貼られたその入り口は、隠れ家演出なのだろうが強烈な入りづらさも生み出してしまっている
(; ̄Д ̄)


2-2
続きを読む

しいたけ出汁が恋しい方へ SHIITAKE @ ラップラオ

結構お洒落な椎茸満載郊外和食屋



食材を店名としているこの店は、きっとオーナーさんがこの食材を愛して止まないのであろう

ここは『しいたけ』
ラップラオにある郊外和食屋なのだが、その辺にある長屋に入るお店と違い、一見お洒落なカフェを彷彿とさせる店構えとなっている

郊外和食屋研究家として 小汚い 味わいのある店構えの店舗には、自宅のごとくは入れるのだが、カフェ風の店はどうしても一歩躊躇してしまう

アラフィフおっさん独りでこの門戸をくぐってもいいものだろうか・・?
(´・ω・`)

1-1
続きを読む

バンコクの水族館言えばここ バンコク・アクアリウム @ カサセート大学

地味な色合い大学構内水族館



『バンコク 水族館』
このワードでグーグル先生に問いかけると、数ページにわたりパラゴンにあるシーライフ・オーシャン・ワールドを教えてくれる

この結果からバンコクの水族館=オーシャン・ワールドと思っていらっしゃる方も多いだろう

しかし少々お待ちいただきたい
ここはカサセート大学構内

ここになんとバンコク・アクアリウムというそのまんまの名前の水族館が存在する
そうここぞバンコクの水族館

諸兄の考え方は改めないといけない頃かもしれない

1-1
続きを読む

航空ファンはここに来るべし タイ王立空軍博物館

飛行機好きにはたまらない 貴重な航空機の博物館 



飛行機ファンの事を 飛彦(とびひこ) と表すことがあるという

なかなか興味深い呼び方であるが、電車にしろ、車にしろやはり動くものと言うのは、特に男性にとっては本能的に求めてしまうものなのだろう

ここはそんな飛彦さんでなくとも、男性であれば十分楽しめる無料の施設

僕は飛彦さんでは無いので展示されている飛行機の貴重さはよくわからない 
が、知る人が見たらよだれものの機種もここには並んでいるらしい


0-0
続きを読む

無料でムエタイ 毎週末開催 Channel 7 Boxing Stadium @ チャットチャック

テレビ用の盛り上げ隊は無料でご招待



タイで一番最初の民放局 CHANNEL7 では毎週日曜日になるとムエタイの試合を放映している

スタジオはタイでは有名な週末市場チャットチャックマーケットの徒歩圏内にあり、試合もそのスタジオ内の特設リングで行われているのだ

やはりテレビとして盛上げる為には、歓声を上げる観客が必要なのだろう
その観客は無料招待と言う形で毎週集められている

1-1
続きを読む

切手コレクターは世界中に サムセンナイ切手博物館 @ サパンクワイ

コレクターには鼻血もの?世界の切手が大集合



40代男性は誰しもがかじったであろうか?

切手と聞くと小学生当時、切手コレクションが流行っており、やれ "月と雁" だとか "見返り美人" だとかカタログを眺めていた記憶がよみがえってくる

そんなコレクションの王道とも言える切手は日本のみならず、全世界共通して人気があるようだ

今日はそんなコレクターが血沸き肉躍る博物館を訪れてみることにしよう

1-1

続きを読む

チャットチャック至近有名焼き鳥 スッチャイ・ガイヤーン @ チャットチャック

週末市場へ来たらたまにはここでガイヤーンを



何を隠そう僕はチャットチャック週末市場が大好き
月一回は訪れないと気が済まない程のフリークだ

もう何年も通い詰めているのに未だに新しい発見がある、なんとも広大で複雑なこの市場は何度行っても飽きない魅力がる

が、食事的なものはちょっぴり飽きてしまった
観光客向けの楽しい店はたくさんあるのだが、大体行きつくした感があるので・・


1-1
続きを読む

彩り豊かな虹色麺 カツ・ラーメン @ サパンクワーイ

アットホームなローカルラーメン屋



チャットチャック週末市場よりほど近いプラディパット通りは交通量も多く多くの飲食店がひしめき合う通り
その一角に地元民向けの小さなラーメン店が存在する

赤白提灯がずらっと並ぶその軒先は通りかかればすぐにわかる風貌
ラーメンハンターの僕としては寄らない理由が見当たらない


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 9年目

日本語以外の言語能力を持ち合わせていないので、言語以外のコミュ力で僕一人で辿り着ける所のみ訪問中

生息地はバンコク
僕の住処より車で半径2時間程度の在タイの方には明日にでも、観光の方には次回の訪タイで行ける場所をご紹介

詳しい説明は出来ません!
何言ってるかわからないから
写真と私の感想だけで汲み取って頂けると幸甚です

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事9年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }