古代に想いを 遺跡・史跡

【お遍路】プラチンブリ遺跡群を制覇せよ! Part2

サイクリングロードに点在する遺跡群をお遍路します2



ここはプラチンブリ県マホソット地区
バンコクより北東に2時間ほどの距離にある地域にある遺跡群

数が多すぎるので2回に分けご紹介している第2弾

簡単に前回のあらすじを申しますと、プラチンブリ県の一角にある古代都市跡内に各種遺跡が簡易的な地図にて案内されており、『お遍ラー』たちをざわつかせているようなのです

自称『お遍ラー』の僕も当然ざわつかされた内の一人であり、結果このように望んでもいない皆様に勝手に紹介している次第なのでございます

D-1続きを読む

【お遍路】プラチンブリ遺跡群を制覇せよ!

サイクリングロードに点在する遺跡群をお遍路します



ここはプラチンブリ県マホソット地区
バンコクより北東に2時間ほどの距離にある地域です

一部の日本の方には304工業団地の近くと言った方が分かりやすいでしょうか

ですがここにとあるサイクリングコースがあるという事までご存じの方は少ないかもしれません

そのコースは幹線道路より少々入った位置にあり、楕円を描くように周遊できる様になっています

都市にある周遊道
そうここは古代における都市部の跡が、そのまま生活道にもなっている地域なのです

D-8
続きを読む

街角遺跡は当時のシンボル ジュルプラトン・チェデイ @ ナコンパトム

大学の片隅に鎮座する古代チェディーの土台



1939年、タイとフランスの考古学者によって発掘された遺跡
スタッコ(化粧漆喰)が装飾されていた角型チェディの土台のみが残っている形 

ナコンパトム工科大学の一部を借りて保存されている状態で、うっかりしていると通り過ぎてしまいそうな場所に建っている

街角にポツンとある遺跡
未だにミステリーハンターになる夢を捨てられない僕にとっては至極の空間

今回こそしっかりリポートして『スーパーひとしくん』のゲットを目指してみよう
(・∀・)つ

1-1
続きを読む

【お遍路】点在する古代のチェディー跡を制覇せよ! アンシエント・チェディー @ スパンブリー

スパンブリ県ウートン郡の遺跡群をお遍路します!



スパンブリ県
バンコクより北西に2時間ほど走らせたこの県には、その昔ドヴァーラヴァティー王国という文明が栄えていたウートン郡という地区があります

6世紀から11世紀頃まで栄えていたドヴァーラヴァティー王国では、ドヴァーラヴァティー様式と言う独特の美術品が作られており、数々の遺物を出土させた遺跡が多く存在します

現在それらの遺跡にはナンバリングがされており、ウートン市街の各地に点在しています

遺跡が点在・・
となれば残された道はお遍路しかありません
( ・`ー・´) + キリッ

S-1
続きを読む

菩提樹に支えられしは古寺院 ワット・サンクラターイ @ アーントーン

4隅に育った菩提樹により寺院の崩壊は免れた



詳しい文献は残っていないようなのだが、どうやら4~500年前の教会跡地と推測されている

その頃と言えばアユタヤ王朝が栄えていた時期であり、その後ビルマ軍との戦いに敗れ悲惨な末路を辿ることになるのは歴史の一環だ

王朝崩壊後大多数の寺院が数百年放棄されることとなり、自然崩壊の道を辿って行った

そんな中ここの寺院だけは偶然にも、母なる菩提樹が崩壊から護ってくださったのだという

1-1
続きを読む

放棄された廃墟寺院はアクセス困難 ワット・プレン遺跡 @ ノンタブリ

ビルマ軍基地とされた故に簡単には辿り着かない



1764年アユタヤ王朝侵攻で勝利したビルマ(現:ミャンマー)軍は、その後チャオプラヤ川を下ってここノンタブリ県に辿り着いたという

そこで更なるタイ侵攻を企てるべく、ここに軍事拠点を設置することになる

当時そのような拠点には『お寺さん』が利用される事が多かった
煉瓦作りで丈夫だし、広い講堂が大人数の収容に便利であったからだろう

というわけでこのワット・プレンが標的に会い軍事拠点として使われてしまった
そしてその後放棄されていくことになる

1-1
続きを読む

100年以上前の税関跡地 THE OLD CUSTOMS HOUSE @ チャロンクロン

バンコク3大廃墟のひとつは超絶インスタ廃墟



Wikiの情報によると1888年にJoachim Grassiさんという方の設計により税関として建てられた建物

1949年税関の移転により消防署職員の宿舎として利用されたが老朽化が激しく、開発が出来るいくつかの民間会社の手に渡るも、現段階も開発はされることなくそのままになっている

・・という廃墟らしい

長い間なんとなくたらい回しにされてきた感のあるこの遺跡の存在感たるや半端なく、アイコンサイアム側からも今なお使われているのでは?と思われるほどの威圧感を醸し出している

4-1

続きを読む

数々の伝説を持つ正方形 サシ・リアム・スクエアプール @ チョンブリ

誰が掘ったかわからないプールは異界への入口とも



ここはチョンブリ県パナトニコム地区
タイにはここのように突如として遺跡チックなものに遭遇する事がよくある

それらしい佇まいとそれらしい看板が立っていれば、そこはもう古代を表すものと言っていい
そんなミニポイントを巡るのも週末の暇つぶしに持ってこい

というわけで本日は直角に掘られた正方形池
プラカーとも呼ばれる遺跡へ行ってみよう


1-1
続きを読む

ひっそり佇む哀愁チェディー プラサット・ノンサット @ チョンブリ

ぽつんとチェディーは突如として



この手の仏塔の史跡はアユタヤやスパンブリ等王朝が栄えた地域に多く存在している
が、ここはチョンブリ県パナニコム

あまり王朝と縁が薄そうな気がするのだが、ここにもぽつんと一塔の古代チェディが佇んでいる

あまり派手な装飾も無く、道端に静かに存在するその風景は、まさに遺跡と言った感じで僕にはとても興味深く映るのだ


1-1
続きを読む

住宅街のぽつんと遺跡 ファンヒン遺跡 @ プラチンブリ

古代レンガの四角い遺跡は街に溶け込み存在している



ラテライトと呼ばれる赤い土はここプラチンブリ県のあたりで多く産出され、建物のレンガ材料として広く利用されてきた

それは古代より受け継がれており、ここのように遺跡として残っているケースも少なくない

住宅街の一角に突如として現れるこの遺跡だが、実は1908年にチュラロンコン王もが訪れたくらい、何気に重要文化遺跡とされている

というわけで僕は王様でも何でもないが、彼を真似して訪問してみる事にしよう


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 9年目

日本語以外の言語能力を持ち合わせていないので、言語以外のコミュ力で僕一人で辿り着ける所のみ訪問中

生息地はバンコク
僕の住処より車で半径2時間程度の在タイの方には明日にでも、観光の方には次回の訪タイで行ける場所をご紹介

詳しい説明は出来ません!
何言ってるかわからないから
写真と私の感想だけで汲み取って頂けると幸甚です

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事9年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }