かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

ノンタブリ

こんなところに巨大涅槃様 ワット・ラート・プラコーンタム @ ノンタブリ

ワットポーに行くくらいならここで参拝を!

地元では上記キャッチフレーズでうたわれているこの寺院 ノンタブリー県で最も有名なお寺さんの一つなのだそうだ ワット・ポーに対抗するくらいなので当然ここのボスキャラは涅槃像
涅槃像とは仏陀が入滅する直前に、弟子に最後の教えを説いている寝そべり仏像の事 32mあるここの涅槃様は46mのワット・ポーには大きさでこそ敵わないが、その壮大な姿は同様の美しさを放っているという

という事で美しさには目がないワタクシ
今日も今日とて参拝に出かけることとしよう

10-1
続きを読む

こんなところにミニ地獄 ワット・バーンコー @ ノンタブリ

多数の屋外仏像が特徴の寺院



ここはノンタブリ県とバンコク都の県境近く

都心より30分程度の距離感の場所になんとこの世の地獄が存在すると言う

地獄と言えばタイにおいては地獄寺と言うものが、日本のテレビでも紹介される程超絶メジャーな存在で、ボスキャラを張る地獄風景が見ものとなっている

だが、ここは少々事情が異なり主役は別に存在し、そのついでに地獄があるスタイルと言うなんとも謙虚な地獄があるお寺さん

コンセプトがいまいちよく分からないが、意外にも見応えは多くなかなか面白い寺院と言えよう

10-1

続きを読む

今に残るはレトロな庁舎 ノンタブリ県立博物館 @ ノンタブリ

古き庁舎は資料館へと



ノンタブリフェリーターミナル前にそびえる超絶レトロ空間

ここはノンタブリ県立博物館だ

このインスタ建物は1910年にタイ法務省によって建てられ、1928年から1992年にかけてノンタブリの市庁舎として使用されていた

1992年市役所が新しいノンタブリ県政府センターに移転した後、2008年まで王族が通う大学として使用されていたという

今はその歴史とともにノンタブリを語る博物館として余生を過ごしている

10-1
続きを読む

こんなところに何気に遺跡 ワット・ナーボット遺跡 @ ノンタブリ

2つの寺院がつながる遺跡



ここはノンタブリ県の王立灌漑局の敷地内

と聞くと訪問にはややハードルが高そうに聞こえるが、実際にはするっと入れてしまう遺跡だ

題名的にはワット・ナーボット遺跡としたが、実はここはワット・チューンタというもう一つの古い社が併設している

一見すると同じ寺院

最近では合わせてチューンタ・ナボット遺跡と呼称する傾向にあるそうな

10-1
続きを読む

乾季限定?青空エビ釣り堀 O-CHA @ ノンタブリ

広々水槽はエビ密度がちと心配・・



今まで数々のエビ釣り堀を渡り歩いて来ているが、ここのように青空釣り堀の経験は初めて

むき出しのコンクリートで造られた水槽は、こう言っては失礼だが軽い廃墟感すら漂う雰囲気だ

しかしこの開放的な雰囲気はいいが、雨が降ったらひとたまりもなさそう

どうやらここは乾季に焦点を絞り、訪れるべき釣り堀なのかもしれない

1-1
続きを読む

辛みが強いがくせになる ととやラーメン @ ノンタブリ

なぜにこんなところにラーメン屋?



バンコク都の北に位置するノンタブリ県

パープルラインという都市鉄道が出来て以来、身近になった方もいらっしゃる事だろう

そんなパープルラインの Sai MA 駅の付近に実は独立店舗のラーメン屋さんが存在する

郊外で提供される郷土料理ラーメン

知ってしまった以上、郊外和食屋研究家としては大至急向かわなければ看板倒れの恐れあり

という事で早速パープルラインに乗り込む事としよう!
(・∀・)つ

1-1
続きを読む

ワット・スワンゲーオ併設 洒落たリサイクルショップ @ ノンタブリ

リサイクル寺よりの選りすぐりは別棟にて



全国の不用品の寄進先として有名なリサイクル寺『ワット・スワンゲーオ』

お寺の維持費に当たるよう、毎日タイ全土よりあらゆる不用品が届く超絶雑多な珍しい寺院だ

そんなお寺の裏手には恐らくそこから出てきたあれ?これカッコよくね?といったものを中心に販売している店舗がある

お寺の別棟ローカルリサイクルショップ

そこにはなかなかカオスな光景が広がっている

10-1
続きを読む

インパクト展示会での打ち上げはこのお店で 居酒屋なかま @ ノンタブリ

居酒屋メニューをタイの雰囲気で



展示会施設『インパクトアリーナ』
バンナ地区にあるバイテックに次ぐ、タイ国内で大きな展示会施設だ

各種業界の展示イベントやモーターショー、商品販売会など毎週のごとく何らかの催し物が行われている賑やかな場所

見学者として訪れる方はもちろん、時に出店者として出入りされていらっしゃる方も、多いのではないだろうか

展示会と言えば終了時の打ち上げ

そんな時はアリーナ至近のこのお店がモノを言う
日本人ならやはり打ち上げとは居酒屋形式でないと、誰もがしっくりこないであろう

11-1
続きを読む

タイ全土から不用品が集まるリサイクル寺 ワット・スワンゲーオ @ ノンタブリ

あなたの "不用品" が貧困を救う



捨てる仏あれば拾う仏あり

人は誰しも『まだ使える』要らないものを、身の周りにたくさん持っているものだろう

ただ捨てるのは簡単だが、日本語で言えばもったいないマインドがある意味邪魔をし、なかなか処分しきれないものである

誰かに使ってもらえたら・・
そんな心理は日本では今日リサイクルショップの発展に大きく寄与していることになっている

ただここタイでは少々事情が違う

使わないものは無償で誰かに使ってもらおう

そう、タイでは不用品を寄付する文化があり、その寄進先としてタイで一番有名なのがこのお寺さんとなっているのだ


10-1
続きを読む

放棄された廃墟寺院はアクセス困難 ワット・プレン遺跡 @ ノンタブリ

ビルマ軍基地とされた故に簡単には辿り着かない



1764年アユタヤ王朝侵攻で勝利したビルマ(現:ミャンマー)軍は、その後チャオプラヤ川を下ってここノンタブリ県に辿り着いたという

そこで更なるタイ侵攻を企てるべく、ここに軍事拠点を設置することになる

当時そのような拠点には『お寺さん』が利用される事が多かった
煉瓦作りで丈夫だし、広い講堂が大人数の収容に便利であったからだろう

というわけでこのワット・プレンが標的に会い軍事拠点として使われてしまった
そしてその後放棄されていくことになる

1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }