ナコンナヨック

オクルおじさんのインスタ用水田 トゥンナムイ橋 @ ナコンナヨック

S字カーブの竹製桟橋にて田舎風景をご堪能



農場を経営しているオクルおじさんの2ライ(3,200m2)の水田にかかる、長さ約150mある竹製桟橋

まさに写真撮影の為のロケーションであり、訪れる人々のほとんどはインスタ用のベストショットを求め、皆一様にカメラをぶら下げている

人気が出過ぎたのか週末には他人の映り込み不可避としてレビューされちゃってる、今イチ押しのインスタ施設

一見するとごく普通な米所も、工夫次第でこのように県内外から人々が集う施設が出来てしまう時代なのだと言えよう


6-1
続きを読む

迫力の濁流を間近で感じよう ナンロンの滝 @ ナコンナヨック

大迫力の急流はたぶん雨季がおススメ



自然豊かな日本では滝と言うシチュエーションは、至る所に存在し起伏の激しい地形から落差が多い滝が結構多く存在する

このタイでも少し北部へ足を伸ばせば〇〇滝と銘打って、整備された場所は同じように存在し地元民の憩いの場になっている

ただ残念ながら日本ほど山間部が深くないのであまり落差は望めない様だ


1-1
続きを読む

1日過ごせる渓流遊び ワンタクライ渓流公園 @ ナコンナヨック

激流をタイヤ下りで制覇せよ!



ナコンナヨックの最北部に位置するこの自然公園は、約3.6km2の広大な敷地を持ち中央に流れる渓流を中心に、週末には人々で溢れる公園となっている

バンコク2時間界隈では珍しい川遊びが出来る場所としても人気が高く、家族や仲間でピクニックがてら川遊びを楽しむのが、ここの王道の過ごし方のようだ

家族も仲間もいない僕が訪れても差し支えないかどうか不明であるが、誰にも迷惑をかける事でもないので早速行ってみることにしよう
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

1-1

続きを読む

タイ最大のコンクリートダム クンダーン プラカーンチョン ダム @ ナコンナヨック

タイ最大の圧巻景色はバンコクより日帰りで堪能可能



カオヤイ国立公園から流れる水を受ける全長2,593メートル、高さ93メートル(最大)の世界最長のコンクリートダムなのだそう
貯水量は2億2400万m3を誇り主に農業用水に使用されている
そんなダムは今や観光用に遊覧船や遊歩道などが整備され、週末ともなると多くの観光客が押し寄せているようだ
そして僕もそんな観光客の独りなのである
(・∀・)つ


2-1
続きを読む

巨大ガネーシャはこっちの方がでかい? ガネーシャ・パーク @ ナコンナヨック

ピンクのガネーシャは何故に巨大化を競い合うのか?



ガネーシャとはヒンドゥー教の神様のひとつであり主に富の神様とされる
象の頭に4本の腕を持つと言うその強烈なビジュアルは一度見たら忘れることが出来ない程のインパクトだろう
ヒンドゥー神なのだがこのタイでも人気の信仰対象であり何故か巨大になりがちな神様のひとつである
誰もが巨大ガネーシャというとチャチュンサオ県のワット・サマンのそれを思い出すのだがここのは ”自称” それを凌ぐ大きさであるらしい


1-1
続きを読む

タイの嵐山で奇跡の一枚 ワット・チュラーポン・ワナーラーム @ ナコンナヨック

タイでは珍しい竹林のトンネル



お寺なのに紹介ツールがいずれもタイの京都へようこそ!となっている竹林トンネル寺
インスタ施設なのか宗教施設なのかよくわからない状況になってしまっている様だ
一応自然に生えたと言うこの竹をトンネル風にアレンジし嵐山風に仕上げたらしい
そんなお寺はナコンナヨック県の山奥に存在する


1-1
続きを読む

OTOP推奨の為のインスタ公園 BAAN NONG MAKOK @ ナコンナヨック

OTOP製品拡販のための公園のはずですが・・



OTOP「オートップ」運動と呼ばれる1村1品運動が現在タイ政府主導のもと各地域で行われている
今まで品質がばらばらだった各地域の特産品を一定の品質に合わせOTOPマークを貼る事で消費者に安心してお届け出来ると言うプロジェクト
現在タイ全土で7,000を超える村がこのプロジェクトに登録中
そんなプロジェクトにおいて販売促進用施設を作る村も多く集客の為か趣向を凝らした所も多々存在している


1-1
続きを読む

何故に足跡系は高所に存在? ワット・カオ・ナンブアット @ ナコンナヨック

仏様の足跡には難儀な高さでも人々は敬意を払う



このお寺は意外に古く1836年に建立されたとなっておりナコンナヨック県では重要寺院として位置づけられています
少し山間に入ったロケーションにあるこの寺院はまさに自然の中に存在していまして厳かな雰囲気が漂っています
少し調べた限りではビルマ軍との戦いで活躍したされる僧を祀っているお社があるようです

1-1
続きを読む

隠れた都市と呼ばれていた広大な史跡 ムアンボラン・ドンラコーン @ ナコンナヨック

5km平米に及ぶ古代都市は森の中に存在した



この古代都市の住人はマホリと呼ばれるタイ独特の楽器を用いた音楽編成にて演じられる「ラコーン」という演劇を好んでいたという
そんな伝記がこの遺跡の名前につながり城壁や堀など当時の生活を思わせる史跡がこの地域で数多く発見されている
そんな遺跡は今日観光用に整備され自由に散策する事が出来るようになっているのだ


1-1
続きを読む

山頂にそびえる仏足跡 ワット・カオチャゴック @ ナコンナヨック

信仰欲を満たすための苦肉の策は足跡に辿り着く



仏像とは仏教における仏の姿を表現した像の事で様々な形となり現在でも仏教徒の信仰の対象となっている
釈迦が悟る前は仏像を作るなど考えられもしなかったが彼が入滅し仏陀となるとその教えをなんとか形にしたいという信仰欲が人々に芽生え始める
当初は仏陀のお姿など人の手で作れるわけないじゃんとされ仏像とはならず代わりにその教えは塔婆や法輪、そして足跡という形になったようだ

6-3
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 9年目

日本語以外の言語能力を持ち合わせていないので、言語以外のコミュ力で僕一人で辿り着ける所のみ訪問中

生息地はバンコク
僕の住処より車で半径2時間程度の在タイの方には明日にでも、観光の方には次回の訪タイで行ける場所をご紹介

詳しい説明は出来ません!
何言ってるかわからないから
写真と私の感想だけで汲み取って頂けると幸甚です

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事9年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }