かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

タイオーナーラーメン屋

チャトチャックついでに立ち寄りを Charm Donburi&Ramen オレンジ @ サパンクワイ

サパンクワイ駅前のなんでもありな和食屋さん



サパンクワイ駅

僕がチャトチャック週末市場に行く際に利用する駅で、ここも週末には御守り市場として大変賑わう駅となっている

その市場を眺めつつ週末市場へと向かうのだが、時に市場とは反対方向へ進んでみると懐かしき白提灯がぶら下がっているが見えてくる

そう、ここにあるのは我が故郷の郷土料理屋

有名観光地至近とは言え昇降客は少なくローカル感漂うエリアなのに珍しく和食屋があるものだから、そこには和食を求めてサパンクワイ町民たちが日々集結していると言う

1-1
続きを読む

ランシット大学前グルメ通り ターグラ・ラーメン @ ランシット

大学前のグルメ通りには郊外和食屋が盛りだくさん



バンコク2時間以内にある日本式ラーメンを全て食すなどという、気でも狂ったかのような目標を掲げている方がいらっしゃるという

日本式ラーメンというとスクンビット界隈では情報も多いのだが、2時間圏内となると郊外も含まれてくる為、ラーメン店舗の発見には相当の苦労があるようだ

そこまでして食しに行く理由が全く理解出来ないのだが、今日もその方はラーメン求めて郊外をひた走っているという

一体どんな方なのだろうか?

興味は湧くも、一方で関わってはいけないような気がしてならない今日この頃である


1-1
続きを読む

8番に追いつき9番に?! 本味ラーメン @ ザ・モール・バンカピ

かわいいロゴのラーメン屋



ザ・モール バンカピ

セントラルやエンポリほど華やかでなくビックC、ロータス程ローカルでもないこの中途半端感がたまらない商業施設

一部のマニアの中ではBNK48の拠点地としても有名なモールだ

だが、郊外和食屋研究家にとってはいくつかの研究対象があるモールでも有名となっている

そう現在タイで飛ぶ鳥を落とす勢いで増殖しているラーメンチェーン店がここにはある

地下食品売り場の一角にこのお店は君臨しているという

A1

続きを読む

タイガースファンは必食ラーメン? タイガーラーメン @ サムットプラカーン

ど派手な店舗はまさに大阪風



阪神タイガース
大阪府民の大半が愛して止まない球団であり、府民を道頓堀へと誘う事で有名な球団のひとつ

タイガーと名の付くことから当然虎がトレードマークであり、関西という場所がら何気に派手な印象が強い気がするのは、日本人の共通認識ではないだろうか?

だがそんなイメージはよもや大阪だけではない様だ

ここタイ王国の首都バンコクの最南端、サムットプラカーン県との県境にも似たような場所があると言う

大阪にインスパイヤされたレストラン
タイガーラーメンは常にど派手に我々を待っているという


10-1
続きを読む

辛みが強いがくせになる ととやラーメン @ ノンタブリ

なぜにこんなところにラーメン屋?



バンコク都の北に位置するノンタブリ県

パープルラインという都市鉄道が出来て以来、身近になった方もいらっしゃる事だろう

そんなパープルラインの Sai MA 駅の付近に実は独立店舗のラーメン屋さんが存在する

郊外で提供される郷土料理ラーメン

知ってしまった以上、郊外和食屋研究家としては大至急向かわなければ看板倒れの恐れあり

という事で早速パープルラインに乗り込む事としよう!
(・∀・)つ

1-1
続きを読む

ラムルッカにてラーメンを L9 RAMEN & JAPANESE HOMECOOK @ ラムルッカ

魚介系出しスープが秀逸



タイにおけるラーメンブームは衰えることを知らず、郊外においても続々と新たなお店が誕生している

従来タイでは主にとんこつスープが幅を利かせており、今日日本人が集うスクンビット界隈においても、とんこつまたはとんこつ醤油の家系が主流であると言えそうだ

だが郊外ではすでにそんな風潮を払拭するようなスープが多々存在し始めている

ここのお店も従来の豚骨一辺倒の風潮を脱却した店舗となっている

batch_10-1
続きを読む

日本全国各地のラーメンをタイ国で ラーメン・ハブ @ バンナー

日本地図の載るメヌーで遠い故郷を思い出そう



このラーメン屋は、現在大型ショッピングモール内を中心に店舗を増やしつつあるチェーン店

ハブというのは英語の『HUB』から来ているよう
ラーメン界のセンターでありたいという願いでも込めていらっしゃるのだろう

特徴は北は北海道、南は福岡までの各地のラーメンを取り扱っているところで、連日タイ人を中心ににぎわっているお店なのだとか

賑わっているなら行かねばなるまい
『行列は金を出してでも並べ』という家訓に従い早速行ってみよう

1-1
続きを読む

タタいラーメンではありません 多いラーメン @ ラートプーラナ

量が半端ないとでも言うのだろうか この店名は



日本人として提灯のフォントから察すると、店名はどう見ても『タタいラーメン』

『たたい』とはいったいどういう了見なのだろうか?

こういった突飛よしもない店名に巡り合えるのも、郊外和食を研究をしているからこそ

たたいが何かは不明ではあるが、ラーメンを扱われているのはまず間違いがない

と言うわけでラーメンハンターとしては店名がどうあれ、行かない理由が見当たらない
早速調査も兼ねて向かってみよう

1-1

続きを読む

ラーメン屋がこんなに洒落てていいの? ワビサビ・ラーメン @ バンカピ

カフェ兼ラーメンの新感覚



日本でも今や国民食となったラーメン

本来ラーメンとは店主の親指が丼に入った状態で出され、脂ぎったカウンターで男一人黙々と啜るものというであった

それが一部においてキラキラメニューの仲間入りを果たし、女性一人でも何の違和感なく食せるメヌーへと変貌を遂げたのである

日本でそうなれば、タイも同様の道を辿る
ここはタイの青山通り、ラマ9ソイ41

洒落たカフェ的なお店が並ぶこの通りに、何の違和感も無くラーメン屋が存在する理由はそこにありそうだ


1-1
続きを読む

病院内に九州のある光景 博多ラーメン @ シリラート

MKグループのラーメン屋はなぜか病院内に開店する



ここはシリラート病院というあの『死体博物館』がある病院で一部のマニアに有名な病院
ここのロビー内のレストラン街にこのラーメン屋は存在する

タイ在住者なら誰もが知っているあのタイスキチェーン店MKレストラン系列のラーメン屋なのだが、MKは至る所にあれどこのラーメン屋はあまりお見受けしない

というわけでバンコク2時間以内ラーメンを制覇しなければならない僕は、病院内であろうと行かねばならない

あの消毒の匂いがあまり好きではないのだが、ラーメンの為に行ってみよう


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }