かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

洞窟の中にある寺院

超絶ムーディー!悶絶色彩洞窟寺院 ワット・タムナム @ ラッチャブリ

水の洞窟と称されるお池中心のカラフル洞窟



バンコクより西へ約1時間半に位置するラッチャブリー県


カンチャナブリー県、ペッチャブリー県と隣接し、僕に勝手に『3ブリー地区』と呼ばれてしまっているエリアにある県となる

この3ブリー地区は火山帯にもあたる地域の様で、山々が連なる山岳となりバンコクとは少々違った風景を味わえる地区

火山帯であるがゆえそこには洞窟も多く存在する

そして洞窟には寺院が作られてしまうのが、もはやタイの常識


ここはそんな洞窟寺院の中でも群を抜いたロマンチックな光景が広がっている


1-1
続きを読む

奇跡の洞窟 ワット・タム・プワー @ カンチャナブリ

カンチャンブリ屈指の洞窟寺院



1994年大規模礼拝堂として整備されたこのお寺さんは、元々鍾乳洞として認知はされており、数人の住職が居を構え礼拝を行っていたのだという

純白の鍾乳石と石筍(水滴が床面に堆積し出来た塔)で出来ていた洞窟はそれは大変美しく、大きな改修工事での寺院化を加速させたのだという

宗派的には皆さん大好きな緑の仏塔『ワット・パクナム』の流れをくみ取る寺院

カンチャナブリの奥深くにありながら、今日も多くの参拝客で賑わっているという

10-1
続きを読む

山あいバックに神秘の空間 ワット・タム・ムニーナート @ カンチャナブリ

宇宙とつながる瞑想部屋のある仏塔



洞窟寺院に魅せられ、いずれ『洞窟住みますブロガー』を目指している僕

そんな洞窟を求め週末は秒単位のスケジュールになるのだが、ここカンチャナブリ県は中でも豊富に洞窟寺院がそろう夢のような地域だ

そんな中でいつもの様に訪れたこの寺院

洞窟ももちろん堪能出来たのだが、それ以上に何かと見所が多かった面白いお寺

何より山間部の風景が壮大にバックに広がるのは、当然バンコク周辺ではお見受け出来ない光景と言えよう

11-3
続きを読む

ルアン・プーマンさんの巡礼地 サーリカ洞窟寺院 @ ナコンナヨック

小さなお山の洞窟寺院



ナコンナヨック県サーリカ地区

バンコクより約2時間離れたこの地域は、滝のある国立公園や森深い森林公園を有した自然豊かな観光地にもなっている

そんな地域になあるお寺さんは、当然その自然をふんだんに活かした光景を見せる

そしてここサーリカ寺院も例外ではない

しかもここにはなんとあのルアン・プーマンさんが瞑想していた洞窟があると言う

洞窟寺院
僕の週末のライフワークがここにあるのであった

10-1

続きを読む

サラブリNO.1の洞窟寺院 ワット・カオウォン(ナライ洞窟) @ サラブリ

起源はナーラーイ大王治世となんと約400年前



ナーラーイ大王と言うアユタヤ王朝の王様の一人にあたる方に纏わる寺院

彼はヨーロッパとの貿易を活発にさせたり、タイにおけるキリスト教化を阻止したりと何かと功績を残した王様

そんな彼の最期を看取ったこの寺院は、お寺さんとしての歴史はその頃であるが、洞窟寺院としての歴史はなんと1000年を超えているのだとか

広大な敷地に今なお拡幅し続けるこの寺院は、間違いなくサラブリ県を代表する寺院

お寺さんには目が無い僕がそんな寺院を放っておくわけが無い
という事でいつもの如く早速訪れてみる事にしよう!

10-1
続きを読む

虎が巣くう洞窟はやがて寺院へと ワット・カオ・タム・スア @ スパンブリ

ここより続く山脈は野生虎の王国であった



スパンブリ県とカンチャナブリ県を隔てるタイガーケーブ山脈はその名の通り、以前は野生の虎が生息するに最適な森林であったようで、多くの虎が生息していた地域だったと言う

虎は住処に洞窟的な場所を好み、穴ある処虎の巣あり、とされていたとかいないとか

ゆえにこの寺院にある洞窟に、以前虎が巣くっていたとしても特に驚きはないだろう

この寺院名の由来にもなった虎洞窟

今や当然野生虎の気配は無いが、数々のコンクリ像たちが今日その代役を果たしていると言う


16-3
続きを読む

ぽっこりお山に洞窟寺院 ワット・タムカオ・ノックピラーブ @ サラブリー

村人はいつしかそこを鳩の洞窟と呼んだそうな



多くの洞窟を抱えるサラブリ県
洞窟寺院愛好家の僕が愛して止まない県のひとつ

また僕の最終進化形態が『洞窟住みますブロガー』である事もあり、日々進化条件である洞窟訪問を欠かさないようにしている

そんな事から今回訪れたのは田んぼ真ん中に、ぽっこりそびえるお山にある洞窟寺院

遠目から見ると洞窟どころか、お寺さんがあるかどうかもよく分からない風景となっている


1-1
続きを読む

タクシン王ゆかりの洞窟寺院 ワット・カオカン @ ラチャブリー

入り口はどこ?苦労した先の結末は・・?



トンブリー王朝を作ったタクシン大王

アユタヤ王朝がビルマ軍(現:ミャンマー)に滅ぼされ、トンブリに遷都した後もビルマとの戦闘は続いていた

このお寺さんがあるラチャブリー県は、地理上ビルマとバンコクを結ぶ線上にあり、幾度となく戦地となった地域でもある

1774年に起こった『ナンケオの戦い』において、ラチャブリー県入りしたタクシン王

彼はその際、このお寺さんの洞窟内で勝利の祈願をしたという伝説が、今なお人々の間で語り継がれているという


1-1
続きを読む

山奥に並ぶは黄金仏陀  ワット・タムモンクット @ サラブリ

洞窟寺院並列まるで仏像テーマパーク



洞窟寺院の多いサラブリ県において、このお寺さんもなかなかの雰囲気を醸し出している

ディズニーランドがミッキーの行進で出来ているなら、さしづめここは仏陀ランド

仄かな仏陀様の整列にディズニーのテーマ曲ならず仏教のテーマ曲・お経が聞こえてきそうな雰囲気

そんなお経はやまびこの如く、山岳にこだまするのであった


3-1
続きを読む

切り出された石像が座る洞窟尼寺 ワット・パー・プッターラーム @ ラチャブリー

花崗岩から切り出された石像は6年掛かった超大作



ラチャブリー県の山間部は火山帯の地形が織りなす洞窟が多く存在するエリア
バンコクより西へ約2時間の場所となる

そして『洞窟あるところに仏陀あり』で知られるタイの諺に則り、そこにはほぼ確実に仏陀の姿が存在するのがタイスタイルだ

色々な意味で『穴大好き♡』である健康男子である僕が、そんな洞窟寺院を放っておくはずがない

さらにここにいらっしゃる仏陀様は、まさに洞窟より生まれたと言っても過言では無いお方

ではさっそく2時間のコースで穴を堪能しに行くことにしよう
(〃´Д`〃)ノ ェッチィ♪

1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }