かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

景勝地/観光地

地元民にも知られていない秘密の地 カオングー景勝地 @ ラチャブリー

林道を駆け抜けた先に広がる絶景とは



バンコクより約1.5時間西へ走った先にあるラチャブリー県

ここまで来ると都心の風景は皆無であり、白色の石灰岩で出来た岩山が作る風光明媚な風景が広がっている

そんな風景は観光地にもなり、切りだった迫力のある岩山や石灰岩が織りなす洞窟など、存分に自然を堪能出来るのもこの県の魅力の一つと言えよう

さてそんな風景の中に地元民すら知る人が少ないポイントがあると言う

『誰も知らない知られちゃいけない』ポイントへ行くのがこのブログの真骨頂

という事で今回も元気に出発するとしよう!
(´∀`○)イッテミヨーーー!!

10-1
続きを読む

タイ最大のコンクリートダム クンダーン プラカーンチョン ダム @ ナコンナヨック

タイ最大の圧巻景色はバンコクより日帰りで堪能可能



カオヤイ国立公園から流れる水を受けるこのダム

なんと全長2,593m、高さ93m(最大)の世界最長のコンクリートダムなのだそう

貯水量は2億2400万m3を誇り、主に農業用水に使用されている

そんなダムは今や観光用に遊覧船や遊歩道などが整備され、週末ともなると多くの観光客が押し寄せているようだ

そんなダムがあるのならこうしてはいられない

早速僕も押し寄せてみることにしよう
(・∀・)つ


2-1
続きを読む

四方よりタイを護る護符仏陀 カオ・ケーン・チャン @ ラーチャブリ

街の4隅にある仏陀 ・・がある展望台



高さ141m、ラチャブリー市街より2kmほど離れた位置にあるケーン・チャーン山は頂上へ続く参道が用意され、市内を一望できる展望寺院が存在している

ここにはプラシムムアン(
พระสี่มุมเมือง)という『街の4隅にある仏陀』のうちのひとつが祀られている

これはここの他、サラブリ、ランパーン、パッタルンの計4か所に祀られており、悪を払いのけ、敵から身を護りタイ国に平和と幸福をもたらす超強力なお守り仏像

こんな何気ない所にそんな方がいらっしゃるだなんて・・

と思ったら即行動
早速会いに行ってみよう!


10-1
続きを読む

黄金の牧草地に掛かる橋 カオドロップ・ビューポイント @ ナコンナヨック

岩肌に沿うは竹製桟橋



ナコンナヨック県

バンコクより2時間程度で着けるこの県は、多くの自然豊かな国立公園を有し景勝地も多く存在する県

自然を活かした観光地は大都会バンコク住民にとって、たまには触れたい憩い空間

そんなここも自然を活かした景勝地のひとつ

但し本当に素朴な桟橋以外何もない商業的な香りが一切しない施設

ココが一体何の目的で作られたかは不明だが、そんな景勝地に触れない手は無いでしょう

という事で都会に疲れた田舎人の僕には最適な場所、早速行ってみる事としよう

10-1
続きを読む

バンセンの先端にある猿の惑星 カオ・サム・ムック @ バンセン

猿道を進んで無数のお猿さんと戯れよう



タイでは少々都心から離れた郊外になると、野生のお猿さんが多数生息している地域がある

彼らは山奥と言うより人里近くにいる事も多く、どこか共存している雰囲気が漂っているようだ

ここはチョンブリ県バンセンにある、とある小高い丘の一部

この丘にはお猿さんの為に整備されたとも言えるような展望台があり、週末には彼らの為に車の進行が制限されるほど

そして餌の露店が立ち並ぶほどのお猿さん街道がその展望台へ誘ってくれている


9-4続きを読む

岩が突き出る展望台 ファンヒンソン・ビューポイント @ プラチンブリ

カオイトー森林公園内の隠れた景勝地



プラチンブリ県奥地からナコンナヨック県にかけてのルート33号沿いは、風光明媚な山間地域が続くなんとも自然豊かなエリア

お山があればそこに公園が出来るのは、日本と同様の現象といえよう

日本では田舎町に育ち『山は友達』状態で過ごしてきた僕は、似合わない大都会生活にたまに疲れを感じてしまう

定期的にお山の空気を吸わなければ!

という事で月に1度は自然公園巡り♡
今回はカオイトーというプラチンブリ県の森林公園を訪れてみよう

10-1
続きを読む

涼を求める住民が集う カオエトー滝 @ プラチンブリ

貯水池より流れる小川は小さな滝に



チャクラボンセ貯水池という聞きなれない名前は、バンコクより約2時間の距離にあるプラチンブリ県に存在する湖の事

ここは乾季の間この周辺の農家の方が農業用水に困らないようにと、プミポン国王がお造りになられた貯水池

何気にロイヤルプロジェクトの一環で整備された由緒正しい人口湖の様だ

そんな湖から流れ作られる支流には、これまた地域住民の方が楽しめるようにと、小さな段差が用意されている

一応、滝が付く名称で整備された一角

マイナスイオンマニアとしては黙ってはいられない空間がここにはあるという

10-1
続きを読む

アートが映える芸術の街 バーンポーン・ストリートアート @ ラチャブリ

先鋭芸術家の街中アートで包まれる街



ラチャブリ県バーンポーン地区

ラチャブリ県の北部地区を代表する都市で、国鉄バーンポーン駅前には人々が集まる市街地が広がっている

そんな市街地を流していると、突如としてアートに包まれた通りが出現する

元映画館であった旧建物を中心に、描かれるアートたち

単なる落書きとみるか芸術とみるか

是非ここを訪れ自身の目で確認してみて欲しい

10-1
続きを読む

アユタヤ市外の隠れ島 ロイ島 @ アユタヤ

アユタヤ島外の衛星島に渡ってみよう



世界遺産アユタヤ
戦いにより無残に崩壊した古代王朝の遺跡が、大河チャオプラヤ川に囲まれた都市に集中する事から、その地域はアユタヤ島と呼ばれ世界各国より観光客を集めている

そんな島の北西方向に地図上で見るとさらに小さな中洲形状の島を見る事が出来る

地図上橋的なものが見当たらないこの地域

地図によるといくつかのお寺らしきものが見受けられるので、”無人島”ではなさそうだ


行けぬども 何とか行こう ホトトギス
さて橋が無くてどうやって渡れるんでしょうね?

11-0
続きを読む

白壁に開くは無数穴 バード・ケイブ・ウォール @ カンチャナブリ

無数穴にはあの鳥の影・・



バンコクより西へ車を2時間ほど走らせると、そこにはもう都会の喧騒は存在せず、火山帯が創り出す壮大な景色が広がっている

そこには僕のライフワークの洞窟寺院が多数存在しているのだが、通常洞窟と言うと比較的大きな穴が下方向に広がっている事が多い

だがここカンチャナブリにある "洞窟" はチョッピリ違う模様

壮大に広がる白壁に開く無数の洞窟

この景色に周辺の方はいつしかここを『Birds Caves Wall』と呼ぶようになったという

10-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }