ボスキャラが巨大な寺院

世界一巨大な高僧のお話をしましょう マハーラート仏公園 @ アユタヤ

知らないタイ人はいない ルアンプー・トゥアットさん



なぜこうもタイにおける人気のお坊さんは巨大化したがるのか

この方はルアンプー・トゥアットさんという大変な高僧で、数あるタイのお坊様の中でもダントツ人気を誇るお方

人気が度を越えタイの至る所で巨大化されていらっしゃるのだが、この公園の彼はタイ国と言う枠を飛び越え、世界一の大きさにまでなってしまっているらしい

タイに在住されている方であれば、どこかでは必ずご覧になられているこの高僧

いい機会なのでこの方について今回はひも解くことにしていこう
(*・ω・)ノ

1-1
続きを読む

山岳をバックに巨大像 ワット・カオ・イサン @ ラチャブリー

山間に映える仏像群は一見の価値あり



ここラチャブリー県は距離的にバンコクより1時間半程度で到着できる地域
火山帯の地形から丘陵や洞窟などが多く存在する地域でもある

火山島国日本では比較的当たり前の風景も、ここタイではちょっと珍しい風景とも言えよう

そんな中ここのお寺さんでは、その風景にさらに巨大仏像が重なるのだから、見応えが無い理由が見当たらない

ということでじっくりと堪能してみる事にしましょう


3-1
続きを読む

なぜにあなたはビルに巻き付く? ワット・サムプラン @ ナコンパトム

巨大龍に巻き付かれてしまったビルの物語



ここはナコムパトン県と言うバンコクより北西方面に車で1時間半程度走ったエリア

ここに遠目からみてもど迫力の龍巻き付きビルが存在する

よもやビルがメインか龍がメインか判断に迷うところだが、この様な風景はなかなかお目にかかれない事だけは確かであろう

なぜこんなことになってしまったのかは、知る由もないがこの光景は見逃せない
というわけで早速行ってみることにしよう

1-1

続きを読む

タイ最大坐像がデカすぎでは?の件 ワット・ムアン @ アーントーン

全長93m!20階建てビルに相当する世界一の坐像



この巨大な仏様は『ルアン・ポーヤイ』さん
高さ93m幅63mあり、座っている形の仏様としては世界最大の大きさを誇るという

18世紀にビルマ軍の侵攻により、アユタヤ地域同様壊滅的な破壊を受けたこの寺院は、当時の人々が熱く信仰していた数々の仏像をも失うことになる

その後この地を訪れた一人の高僧が、なんとか信仰を復活させようと行政をも動かし、1991年より16年の歳月をかけこの仏像が復興されたようだ


6-1
続きを読む

コレラから住民救う涅槃像 ワット・パーモーク・ウォラウィハーン @ アーントーン

最期に説くのは説法ならぬ薬の調法



その昔タイにてコレラ菌が猛威を振るった時代があったという

当時のコレラはまさに現在のコロナウイルス
誰にも正体と治療法がわからず、タイのみならず東南アジア一帯で多数の死者
を生んだと言われている

そんな当時未知の存在から人々をお救いになられたのが、ここに寝そばされる涅槃様

彼が最期に説いたのは、住民たちを苦しみから解放する薬の調合方法であったと言い伝えられている


1-1
続きを読む

巨大な龍がお出迎え サーンチャオポー・ラック @ スパンブリー

スパンブリ県にある超巨大な龍のお寺



タイのお寺さんには何かと超巨大なオブジェが存在しがち

特にドラゴンと呼ばれる龍をあしらったものは、そもそもが伝説上巨大な生き物の為、それを模したものはある意味巨大でないと意味をなさないと言えるかもしれない

だがそれも度を越すととんでもないことになる

そんな龍がお出まししているのがスパンブリー県にある、このお寺さんと言えよう

1-1

続きを読む

ワットポーを超える涅槃像 ワット・バンプリー・ヤイクラーン @ サムットプラカーン

巨大な涅槃像はタイ最大級



寝そべっているお釈迦様は日本ではあまりお見受けしないが、タイでは比較的多く至るところで寝そべっていらっしゃる印象

当初は東南アジアならではのお気楽な雰囲気を表現しているかと思ったのだが、どうやらこれは力尽きる前に弟子たちに最期の説法をしている風景なのだとか

そんな涅槃像は誰もが観光雑誌の表紙を飾るワット・ポーという寺院を思い浮かべるだろう
ただ大きさから言えばどうやらここの涅槃像の方が大きいのだそうだ

8-1
続きを読む

円陣スクラム巨大仏像 ワット・タム・クラボーク @ サラブリ

壮大なスクラム仏像は麻薬患者の更生を促す



麻薬に手を染めてしまう方はどの世界にもいるもので、一旦手を出してしまった方は断ち切るには相当の努力が必要と聞く

ここはサラブリ県の山間にあるお寺さん
1960年代よりそんな麻薬中毒者を受け入れその更生に力を注いでいるという

そしてそんな方々を見守るべくなぜか巨大化した仏様達が円陣を組み、なんとも壮大な風景を創り出している

1-1
続きを読む

進撃しなさそうな巨人 ワット・パーサワーンブン2 @ サラブリ

超巨大な涅槃像は世界一を目指して今日も工事中



以前紹介したサラブリ県にある500基からなる黄金仏塔寺院
『ワット・パーサワーンブン』
この仏塔群も圧巻なのだが、この寺院はその奥にさらなる圧巻のキャラが存在する

そのお姿、表情はまさに進撃の巨人
だが、ここにおられる巨人は寝そべるだけでどうやら『進撃』するような雰囲気は微塵も感じられない


1-1
続きを読む

高僧またがる巨大亀 ワット・ライ・テーントン @ ナコンパトム

亀推し寺院で長寿とアレの祈願



鶴は千年、亀は万年
タイでもこの諺があるかどうかはよくわからないが少なくともこのお寺さんを見ると亀は長寿の象徴ともいえる模様

ここはナコンパトム県とカンチャナブリ県の県境
ここに巨大な亀にまたがる僧がお出迎えをしてくれる、全体的に亀推しのお寺さんが存在する


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 9年目

日本語以外の言語能力を持ち合わせていないので、言語以外のコミュ力で僕一人で辿り着ける所のみ訪問中

生息地はバンコク
僕の住処より車で半径2時間程度の在タイの方には明日にでも、観光の方には次回の訪タイで行ける場所をご紹介

詳しい説明は出来ません!
何言ってるかわからないから
写真と私の感想だけで汲み取って頂けると幸甚です

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事9年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }