かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

郊外和食屋/バンコク都

郊外和食屋の多店舗店 DAIKON パンヤー通店 @ パンヤインドラ

モール系に入っていない繁盛店



大根

なかなか衝撃的な食材の店名を持つこのお店は、今やタイに数店舗を展開するチェーン店

だが、日本人に馴染みのあるエリアには展開していないようなので、あまりご存じの方は少ないのかもしれない

そんな店舗のひとつがパヤインドラゴルフクラブの近くに存在

結構目立つので、このコースへ行かれたことがある方なら気付いた方もいらっしゃるでしょう

よほど大根料理に自信があるのか?

では早速確かめに行くとしよう!


1-1
続きを読む

昼からだらっと郊外和食屋 アロイジャン・テリヤキ @ ラップラオ

郊外和食屋密集地、ラップラオで昼飲みを



ここラップラオの中心部の通りは大変賑やかで、色とりどりの飲食店が乱立する地域
飲食店が密集すれば当然和食屋も多く存在することになる

郊外和食屋研究家の間ではもはや専門誌が作られるほどメジャー地域であり、日々研究に余念のない研究員が集結している模様だ

そんな僕も研究家の端くれとして負けるわけにはいかない

というわけで今日も研究に勤しむことにしよう


1-1
続きを読む

丼専門郊外和食屋・・でもラーメン! ボウル・ジャパニーズ・レストラン @ ラマ9

店名からしても推測しても丼推しでしょうね



BORU
英語で牛丼や天丼等を表す際は通常BOWLと表記されるのだが、ここの店名はBORU

あえてローマ字表記にすることで日本愛を伝えてくださっているかと思うと、感謝の念に押しつぶされそうになる今日この頃

店頭のでかでかとしたカタカナ表記も、きっとその大きさと彼らの愛情が比例しているからに違いない

そんなお店には一刻も早く訪れなくては
( ・`ー・´) + キリッ

と言う訳で早速暖簾をくぐるとしよう


1-1
続きを読む

元ホテルの料理長駐在郊外和食屋 RAKUMI @ バンチャン

なぜここに?日本人シェフが腕を振るう郊外和食屋



バンコク北部にある動物園、サファリワールドにほど近い場所にある日本料理屋さん

日本人にはあまり馴染みの無いエリアにあるにも関わらず、すでに計5年和食を提供し続けているという

スクンビット界隈でも目まぐるしく飲食店が淘汰される中、郊外で基盤を築かれているこのお店

これは行ってみなければ!
.。゚+.(・∀・)゚+.゚

という事で興味を感じたら即行動! 早速現地へ飛んでみよう


1-1
続きを読む

和泰折衷新しいカレー I'm Yello Cafe & Restaurant @ ディンデーン

タイスパイスが程よく効いた日本式カレー



店名からして黄色推しのこのお店は、おそらくターメリック命のオーナーさんが営むカレー屋さんなのだろうか

店舗を包むこの色彩は僕のようなカレーの王子様からすれば、食欲以外そそられるものは皆無と言っていい

そのためこの入口のビジュアルを見て、通り過ぎる事はもはや不可能

また『バンコク2時間以内のカレーをすべて頂こうプロジェクト』という長ったらしい企画を遂行中の僕

そういう事からも立ち寄る以外の選択肢がまるで見当たらないのは、ご理解いただけるのではないだろうか

1-1
続きを読む

ここで逃げたら男が廃る かかってこい屋 @ ラップラオ

んな挑発をされたら行かざるを得ませんね



ここはワントーンラーン区というバンコク北部の行政区内

その中の一角に日本人にもお馴染みのしゃかりき432を含む軽いグルメ通りが存在する

ここにはカレーやお寿司と言った日本食店も多く点在しており、郊外和食屋を研究されている奇特な方々が日々集結しているエリアだ

そんな中にかなり強気な店名を放っている居酒屋が毎夜灯りを灯し、睨みを利かしているのだと言う

男として向かっていかざるを得ない居酒屋
というわけで日本男児の代表として今宵勝負を挑むとしよう


1-1
続きを読む

肉食系女子会はこのお店で TORA・TORA JAPANESE KITCHEN @ パヤタイ

ジャズと同時に流れるは孤独のグルメ



隠れ家風店舗とはまさにこのようなお店を言うのだろう

そんな感じのこのお店は一応 JAPANESE KITCHEN として和食屋をうたってはいるも、メインはどうやらステーキ系の模様

店内に入ると香ばしいお肉の香りが充満し、醤油を中心とした和食の香りとは程遠い印象を放っている

また店内にはジャズが流れ、いかにもヨーロピアン的な雰囲気が出てしまっているのも、和から遠ざかるに拍車をかけている

小さな看板の下、ヤ〇ザのベンツ並みにスモークが貼られたその入り口は、隠れ家演出なのだろうが強烈な入りづらさも生み出してしまっている
(; ̄Д ̄)


2-2
続きを読む

オサレ雰囲気のカレー屋さん カレー・ベイ @ ラップラオ

今やラーメンに次ぐ人気商品に



カレーライス
英語でCurryと綴られるこのメニューは、海外においてはインド式のカレーを指す場合が多い

店名にCurryとつくとインド料理屋さんであることがタイの中でも通例であったのだが、今やCurryと名がつけばそれは日本式のカレーを指す場合の方が多くなってきていると思われる

ココイチやゴールデンカレーが台頭する中で、郊外和食屋を覗いてみればそこには健気に頑張る、タイ人オーナーのカレー屋さんが

ということで今までラーメンに引っ張られていたこのブログ
これからは『バンコク2時間以内のカレーライスを制覇する』ブログとして心機一転を・・

・・目指そうかどうしようかな?


1-1
続きを読む

空港へ向う前の軽く1杯 地蔵 in THE NINE @ ラマ9

RAMA9通りラムカムヘンエリアの数少ない居酒屋



仕事がら日本からの出張者をアテンドすることが多々ある

彼らは右も左も分からない事が多く、仕事終わりの飯の世話までしなければならないのが駐在員の務めだ

そして出張者は得てして、タイ料理が苦手な方が多く辛いだのパクチーだの騒いではやはり日本食だよね に落ち着くのもの

そんな彼らを一しきり案内した後、ようやくお帰りになり空港まで向かう最後の瞬間

誰しもが最後の晩餐メヌーを考えずにはいられない事であろう

1-1

続きを読む

しいたけ出汁が恋しい方へ SHIITAKE @ ラップラオ

結構お洒落な椎茸満載郊外和食屋



食材を店名としているこの店は、きっとオーナーさんがこの食材を愛して止まないのであろう

ここは『しいたけ』
ラップラオにある郊外和食屋なのだが、その辺にある長屋に入るお店と違い、一見お洒落なカフェを彷彿とさせる店構えとなっている

郊外和食屋研究家として 小汚い 味わいのある店構えの店舗には、自宅のごとくは入れるのだが、カフェ風の店はどうしても一歩躊躇してしまう

アラフィフおっさん独りでこの門戸をくぐってもいいものだろうか・・?
(´・ω・`)

1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }