かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

バンコク/北部ラップラオ

これは圧巻!とにかくすごい品揃え PAPAYA @ ラップラオ

昭和時代を懐古できる超大型ビンテージショップ



タイは今や空前のビンテージブームと言って過言では無いくらい、昔懐かしいレトログッズやビンテージ雑貨が並ぶカフェやナイトマーケットが至る所に展開されている

そんな中の一角でもあるこのお店なのだが、数あるビンテージ市場の中でも頭3つほど飛びぬけているショップと言えよう

とにかくここのビンテージ商品の品ぞろえは半端ない

広い店内に所狭しと一体どこから持ってきたのか良くわからないとにかく古いものが立ち並ぶ

タイ広しと言えどもここを超える品を揃える店は存在しないのではないだろうか?

1-1

続きを読む

8番に追いつき9番に?! 本味ラーメン @ ザ・モール・バンカピ

かわいいロゴのラーメン屋



ザ・モール バンカピ

セントラルやエンポリほど華やかでなくビックC、ロータス程ローカルでもないこの中途半端感がたまらない商業施設

一部のマニアの中ではBNK48の拠点地としても有名なモールだ

だが、郊外和食屋研究家にとってはいくつかの研究対象があるモールでも有名となっている

そう現在タイで飛ぶ鳥を落とす勢いで増殖しているラーメンチェーン店がここにはある

地下食品売り場の一角にこのお店は君臨しているという

A1

続きを読む

昼からだらっと郊外和食屋 アロイジャン・テリヤキ @ ラップラオ

郊外和食屋密集地、ラップラオで昼飲みを



ここラップラオの中心部の通りは大変賑やかで、色とりどりの飲食店が乱立する地域
飲食店が密集すれば当然和食屋も多く存在することになる

郊外和食屋研究家の間ではもはや専門誌が作られるほどメジャー地域であり、日々研究に余念のない研究員が集結している模様だ

そんな僕も研究家の端くれとして負けるわけにはいかない

というわけで今日も研究に勤しむことにしよう


1-1
続きを読む

今や破竹の勢い・・の関連店舗 Sushi Samurai @ ブンクム

お寿司屋なのに餃子で一杯



Izakaya Samurai / 居酒屋 侍

今や破竹の勢いで、バンコク都内で店舗数を増やしている居酒屋チェーン店

つい最近ウドムスックモールに開店したのは記憶の新しいところでしょう

そんなに拡大路線を敷いているのなら、さぞ美味しいお酒が頂けると推測され 、店舗広がれば僕の期待も広がるというものです

期待が広がれば、じっとなんかしてられません

という事で早速出向いてみることにしましょう!
(・∀・)つ


1-1
続きを読む

ここで逃げたら男が廃る かかってこい屋 @ ラップラオ

んな挑発をされたら行かざるを得ませんね



ここはワントーンラーン区というバンコク北部の行政区内

その中の一角に日本人にもお馴染みのしゃかりき432を含む軽いグルメ通りが存在する

ここにはカレーやお寿司と言った日本食店も多く点在しており、郊外和食屋を研究されている奇特な方々が日々集結しているエリアだ

そんな中にかなり強気な店名を放っている居酒屋が毎夜灯りを灯し、睨みを利かしているのだと言う

男として向かっていかざるを得ない居酒屋
というわけで日本男児の代表として今宵勝負を挑むとしよう


1-1
続きを読む

オサレ雰囲気のカレー屋さん カレー・ベイ @ ラップラオ

今やラーメンに次ぐ人気商品に



カレーライス
英語でCurryと綴られるこのメニューは、海外においてはインド式のカレーを指す場合が多い

店名にCurryとつくとインド料理屋さんであることがタイの中でも通例であったのだが、今やCurryと名がつけばそれは日本式のカレーを指す場合の方が多くなってきていると思われる

ココイチやゴールデンカレーが台頭する中で、郊外和食屋を覗いてみればそこには健気に頑張る、タイ人オーナーのカレー屋さんが

ということで今までラーメンに引っ張られていたこのブログ
これからは『バンコク2時間以内のカレーライスを制覇する』ブログとして心機一転を・・

・・目指そうかどうしようかな?


1-1
続きを読む

おもてなし感満載のローカル焼鳥屋 SENBON YAKITORI @ ラップラオ

日本語ぺらぺらオーナーさんが切り盛り



ここはラップラオ通りに属するチョクチャイ通り4という通り
ピンクライン建設で活気づき、泣く子はさらに泣くという超絶渋滞エリアの一角だ

普通に暮らしていれば日本人としてはあまり通りかかることない通りではあるのだが、郊外の和食屋を研究している郊外和食屋研究家の皆さまにとっては、まさに職場といっても過言では無いエリアとなる

それほど和食屋が飽和なこの地域に、日本語が堪能なご主人が切り盛りする焼き鳥屋が存在する

焼き鳥・・
この隠微な料理を目の前に抗える日本人など、少なくとも僕の周りでは聞いたことが無い

1-1
続きを読む

こんな裏手に日本食 MOGUMOGU Dining Bar @ ラチャダー

Fortune Townより徒歩5分 場末の郊外和食屋



カメラ関係を趣味とされている方は、必ず立ち寄るであろうラチャダーにあるFortune Town

今回僕も Go Pro のパーツを探しにふらりと立ち寄ったのだが、それがちょうどお昼時と重なった

さて、昼食
どうせなら何か路地に面白い店は無いか

と、いつもの癖が出てしまい、空腹なのにその辺を散策
この裏手にはいくつか食堂が並ぶソイがあり、ぶらぶらするのも結構楽しいもの

なんて思っているとやっぱりありましたよ、旭日旗が
さて今日も郊外和食屋の研究をすることにしましょうかね

2-1

続きを読む

ん?これはお肉の天ぷらですか?? 肉ぷら-NIKUPURA @ ブンクム

超絶おしゃれな郊外牛丼屋



ここはブンクムという都心より20分ほど北上した郊外エリア

通常の方ならピンと来ないかもしれないが、郊外和食屋を研究している者にとっては、気が気ではないエリアのひとつだ

ここには数多くの和食屋が存在し、日々研究者たちの熱い眼差しが注がれているという

そんな中超絶おしゃれな牛丼屋が存在するという
アラフィフ男子なら牛丼と言えば黙っていられない

という訳で早速向かってみよう

1-1
続きを読む

わずかな隙間に増殖中 ラーメンGA @ ディンデーン

都内に一体何店舗あるのかしら?



このラーメンチェーン店は僕の記憶によると、今から4,5年ほど前に突如として現れた気がする

あの一蘭丸パクリラーメン屋がラマ9に出来て間もない頃、その店の前に似たような名前のラーメン屋が出来てると思ったのが最初だ

当初、丸パクリのさらに丸パクリかと思ったくらいであったが、今日の増殖っぷりは元祖パクリ屋、A RAMEN を凌ぐほどの破竹の勢いになっているようだ


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }