かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

シーナカリン

いろいろなビールが楽しめる NAKAYOSHI @ バンナー

甘めの料理で試練のビールを



バンナトラッドとシーナカリン通りの交差点付近は、郊外和食屋激戦区

何故こんなところが脚光を浴びているかいささか不明であるが、現在数多の郊外和食屋研究家達がその謎に挑んでいるのだと言う

こう見えても僕も実は郊外和食屋研究家の端くれとして、数年前よりこの謎に挑んでいる者の一人

だが未だその解決の糸口は全く持って見当たらずにいる

答えは現場にあり

そんな格言が今日も僕をこのような店に着座させるのだと言う


10-1
続きを読む

寺院の中のハーブサウナは40THBで ワット・カチョンシリ @ シーナカリン

ハーブのスチーム系どローカルサウナ



オンヌット通りとシーナカリン通りの交差点の近くに存在するカチョンシリ寺
タイではハーブを吸引する為のサウナ的な施設を有している寺院がいくつか存在する

そんな中日本人居住区であるスクンビット界隈から、一番近いのがこのカチョンシリ寺院だ
ここでは主にローカルの方々向けにハーブサウナが提供されている

どローカルな雰囲気の寺院サウナ
これを経験したら病みつきになる事間違いないであろう

14-1
続きを読む

空前絶後の元祖インスタ市場 タラートナットロットファイ @ シーナカリン

鉄道も無いのに鉄道市場とはこれ如何に?



それもそのはず
以前はバンスーという巨大国鉄ターミナル予定地にあり、週末の市場として名を轟かせてせていた
鉄道駅のとなりにあったので鉄道市場

だが再開発に寄り立ち退きにあい、しばらくして今の位置に落ち着いたのだ

その後同じ系列でラチャダーにも作ったものだから、今ではその行きやすさからそちらの方が本家に思われている傾向にある雰囲気が漂っている

1-1
続きを読む

シーナカリンでエビを釣る NATT & SEAFOOD @ シーナカリン

オニテナガエビについてそろそろ語ろう



オニテナガエビという大型の淡水エビはこのタイが主な原産地で、東南アジアから中国まで食用として広く養殖されている

日本では珍しいこのエビは手を伸ばすと最大で30cmくらいになることもあり、藍色の体をしていることが特徴だ

大型ゆえに力も強くそれが釣りの際の強い引きにつながり、エビ釣り人気の一端となっている
釣って楽しい、食べて美味しいこのエビの魅力に取りつかれている方々が急増しているのもうなづけよう


1-1

続きを読む

衝撃の一杯50B RAMEN JUMBO @ シーナカリン

バンコクでは珍しい屋台日本式ラーメン



ここの通常のラーメンは一杯なんと50Bという日本式ラーメンにおいては僕の知る限り今のところの最安値だ
安く提供出来る一つの理由に店舗スタイルがあるのだろう

1-1
続きを読む

シーナカリンの人気和食店 喜兵衛 @ シーナカリン

何故1種類しかないのだろう・・?



シーナカリン通りとパタナカン通りが交わる交差点は、現在鉄道の工事中で渋滞のメッカになっている

元より日本人居住区から離れているので当然和食屋は少ないエリア

そんなこともあってかこのエリアにある『喜兵衛』さんは大変な人気店

店名は『きへい』とも読めるのだが『きひょうえ』なのだそうだ


1-1
続きを読む

羽根付き餃子はシーナカリンにも 遼寧餃子館 @ シーナカリン

日本式焼き餃子の鉄板有名店



シーロムの支店は結構有名だが実はシーナカリンにもあったのね
無性に餃子は食べたくなる時がありシーナカリンの方が我が家に近いので本当に助かるわ~


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }