かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

プラプラデーン

闘う美魚の博物館 闘魚博物館 @ プラプラデーン

世界で唯一 ”闘魚” が集まる博物館




闘魚=ベタフィシュ
スズキ目 キノボリウオ亜目オスフロネムス科と言う絶対に覚えられない種類に属す淡水魚の総称

学名Betta はタイの方言から由来している

タイ・ラオスにかけ生息しオスは縄張りを張る習性があり、縄張り内に立ち入る他個体を威嚇・攻撃する性質を持つ

相手を威嚇する際のひれを大きく揺らす行動が大変美しいことから、観賞用として世界中に愛好家がいる魚

ここはそんな闘魚を一同集めた世界で唯一の博物館なのだそうだ

6-1

続きを読む

そうだ!プラプラデーンに行こう!!@ サムットプラカーン

バンコク至近のくせに物静かな空間



プラプラデーン
カタカナで表記するとこうなるこの地域は、バンコク都心より大河チャオプラヤ川に阻まれた云わば『川向う』となるエリアとなっている

英語ではPhrapradaeng タイ語では
พระประแดง と表記されるのだが、カタカナにおこすと表題の通り『プラプラデーン』と表される

が、はっきり プラプラ と言ってしまうと100%ネイティブの方には通じない


パッパデーン と言うつもりがちょうど良いようだ

大都会バンコクの至近にあるにも関わらず、超絶物静かな自然が広がっていることから、2006年タイム誌により『世界最高の都会のオアシス』に認定されてしまっている

雨期も上がり朝晩は涼しく感じられ始めた今こそ、訪れるべきエリアと言えるのかもしれない


1-0
続きを読む

バンコクから近いが行くのは難儀 バン・ナム・プン水上マーケット @ プラプラデン

バンコク至近の水上市場は何気に奥に圧巻の広さ



名前からして蜂がテーマと思われる『最高の都会のオシス』プラプラデンにある地元民向け水上マーケット

なんとも可愛らしいキャラがお出迎えしてくれている

プラプラデン自体意外にオアシス感を味わいに来る方も多く、外人も含めた観光客が多く闊歩するエリア

ここはそんな観光客の一つの目的地の役割も果たしているようだ

1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }