かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

古の菩提樹寺院

菩提樹に支えられしは古寺院 ワット・サンクラターイ @ アーントーン

4隅に育った菩提樹により寺院の崩壊は免れた



詳しい文献は残っていないようなのだが、どうやら4~500年前の教会跡地と推測されている

その頃と言えばアユタヤ王朝が栄えていた時期であり、その後ビルマ軍との戦いに敗れ悲惨な末路を辿ることになるのは歴史の一環だ

王朝崩壊後大多数の寺院が数百年放棄されることとなり、自然崩壊の道を辿って行った

そんな中ここの寺院だけは偶然にも、母なる菩提樹が崩壊から護ってくださったのだという

1-1
続きを読む

こんな所にも『時の門』ワット・レーク・タンマキット @ ナコンナヨック

菩提樹に覆われし門は時を巡る



菩提樹インド原産のクワ科イチジク属の常緑高木

まるで木の根が地上にはい出たような風貌のこの樹木は、仏教界においては寺院に巻き付く習性があるようで、タイではレンガ造の構造物が大好物として知られる

特に古の寺院跡に巻き付く傾向にあり、それがまた古代の雰囲気を創造するので、常に我々古代ミステリーハンターたちの血を沸かせ肉を躍らせている

そしてここもその一つ

『時の門』と呼ばれる超絶映える入り口を保有するこの遺跡は、ワット・レーク・タンマキットと言う同名のアクティブ寺院の中に存在しているという


10-1
続きを読む

放棄され過ぎにも程がある廃墟寺院シリーズ @ 南アユタヤ

誰も知らない知られちゃいけない・・♬



およそ600年前にウートーン王により開かれたアユタヤ王朝

当時繁栄していたクメール文化の影響を多分に受け、独自で華やかな文化を開花させていました

そんな繁栄はビルマ軍の侵略の前に事ごとく破壊され、王朝はトンブリに移り街は放棄される事となります

放棄された街にはこれまた放棄された寺院も存在

そんな悲しき遺跡を約10日毎に紹介する
『放棄された廃墟寺院シリーズ』はすでにシリーズ通算40を超える廃墟寺院を紹介してきました

尚、この廃墟寺院の定義とは下記の通りです

①アユタヤ王朝時には存在し王朝崩壊とともに廃寺化した

②直近まで手付かずのままで長期間放棄されていた

③お坊様的な常駐者が現在でもお見えにならない

5-2
続きを読む

ゴーダマ・ブッダの菩提樹を見に行こう! ワット・トンポー・シーマハーポート @ プラチンブリ

タイで最も古く大きな菩提樹がある寺院



仏教の祖、釈迦は現在のインドのブッダガヤにあった菩提樹の前で、悟りを開いて仏陀になったとされる

この菩提樹は『ゴータマ・ブッダの菩提樹』としてインドのマハーボーディー寺にあり崇められていたのだが、5世紀における仏教弾圧の際切られてしまうのであった

その際枝木を手に入れていた弟子たちにより、挿し木による移設が各所に行われ、このゴータマ・ブッダの菩提樹は世界各地にその分身を残すことになる

そのうちのひとつがここTon Phra Si Maha Phot
タイはチャチュンサオ県の奥地にて、その大きな枝を今なお広げていると言う

14-2
続きを読む

放棄された廃墟寺院シリーズ5 ワット・プラガーム @ 北アユタヤ

菩提樹に覆われた『時の門』より訪れよう



この寺院も1767年のアユタヤ王朝崩壊時と同時に見放された寺院
チェディーの形状からアユタヤ時代の初期に建立されたと考えられている

北アユタヤの放棄寺院の中でもダントツに美しいこの寺院は、正確な情報があまりなくその歴史は謎に包まれている

ただその門の菩提樹が覆いかぶさった姿は、歴史的記述がなくとも何百年もの間の軌跡を感じることが出来ると言えよう


1-1
続きを読む

菩提樹に包まれた小さな寺院 ワット・バーンクン @ アンパワー

まだ見ぬタイランド・・に選ばれた小さな寺院



メークロン川の河口付近はアユタヤ王朝末期に海軍基地、トンブリー王朝期にビルマ軍との戦いで要塞が築かれた歴史がある地域
この寺院はそんな中建立されたのだがその後しばらく放置され、とんでもない姿になってしまったようだ


6-3
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }