かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

日本式ラーメン

ハイブリッドラーメンに大満足! ラーメン・カオソイ @ ブンクム

ラーメン?カオソイ?両方いっちゃえ!



カオソイ
言わずと知れたチェンマイ地方の代表的麺料理で、端的に表すのなら『カレー揚げラーメン』だ

カレーとラーメンという2大日本料理が入っている段階で、まずいなどという感情がこの料理の前に溢れるはずがない

そんな『カオソイ』を店名に従えたこのお店

もちろんカオソイ屋と誰もが思うところだが、その前には不自然に『ラーメン』の名もついている

無論、タイ人はカオソイの事をラーメンなどとは呼ばない

そう、ここはなんとタイを代表する麺料理の名前がついた日本式ラーメン屋なのだという

10-1

続きを読む

日本推しのモールなのにね 一飯・ジャパニーズ・レストラン @ パセオモール カンチャナピセーク

日本感丸出しのモール なのに少ない和食屋さん



ここパセオモールはトヨタ系列が運営するのレストランが中心のモール

よく見ると都内各地に存在するチェーンモールとも言える施設だ

日本を代表する企業、トヨタが運営するだけあってどこも全体的に日本推し感があるこのモールは、バンコクのJパーク(シラチャ)と言った感じだろうか

日本推しなら和食屋もきっと充実しているに違いない
( ・`ー・´) + キリッ

という事で今回はカンチャナピセークという、少々都心より離れた地域へ来てみるのであった


1-2
続きを読む

チャチュンサオ駅前郊外和食屋 さおり食堂 @ チャチュンサオ

人が集えば和食屋も出来ます



チャチュンサオ駅というのはジャンクション駅ともなっており、ここを起点にバンコクや北部、東部方面へ向かう事が出来る

それゆえにこのエリアでは比較的人の出入りが多い駅の一つであり、チャチュンサオ観光で使用された方もいらっしゃるかもしれない

ここはそんな駅より徒歩3分程度の場所にある和食屋

昨今人気で世界無形文化遺産にもなっている『和食』

こんな田舎の街でも、人が集えばそれを提供する店舗が出来るのは、至極当然の流れと言えるのかもしれない


1-1
続きを読む

色々足してほしいラーメンを プラス・ラーメン @ チョームトーン

ちっちゃなモールのちっちゃなラーメン屋



チョームトーン区と言うチャオプラヤ川西側のバンコクにある小さなモール

『E28 プラザ』と名称はついているも、入っているテナントは3つ程で且つ幹線道路より少し入った場所にあると言う、なんとも寂し気なモールだ

そんなモールの一角にあるのがこれまた小さく可愛らしいこのラーメン屋

手作り感満載のほっこりする暖簾はまさにくぐらざるを得ないエモさを醸し出している

と、そんな最近覚えた若者言葉を頭に受かべつつ突入してみるとしよう


10-1
続きを読む

郊外和食屋の多店舗店 DAIKON パンヤー通店 @ パンヤインドラ

モール系に入っていない繁盛店



大根

なかなか衝撃的な食材の店名を持つこのお店は、今やタイに数店舗を展開するチェーン店

だが、日本人に馴染みのあるエリアには展開していないようなので、あまりご存じの方は少ないのかもしれない

そんな店舗のひとつがパヤインドラゴルフクラブの近くに存在

結構目立つので、このコースへ行かれたことがある方なら気付いた方もいらっしゃるでしょう

よほど大根料理に自信があるのか?

では早速確かめに行くとしよう!


1-1
続きを読む

チャトチャックついでに立ち寄りを Charm Donburi&Ramen オレンジ @ サパンクワイ

サパンクワイ駅前のなんでもありな和食屋さん



サパンクワイ駅

僕がチャトチャック週末市場に行く際に利用する駅で、ここも週末には御守り市場として大変賑わう駅となっている

その市場を眺めつつ週末市場へと向かうのだが、時に市場とは反対方向へ進んでみると懐かしき白提灯がぶら下がっているが見えてくる

そう、ここにあるのは我が故郷の郷土料理屋

有名観光地至近とは言え昇降客は少なくローカル感漂うエリアなのに珍しく和食屋があるものだから、そこには和食を求めてサパンクワイ町民たちが日々集結していると言う

1-1
続きを読む

ランシット大学前グルメ通り ターグラ・ラーメン @ ランシット

大学前のグルメ通りには郊外和食屋が盛りだくさん



バンコク2時間以内にある日本式ラーメンを全て食すなどという、気でも狂ったかのような目標を掲げている方がいらっしゃるという

日本式ラーメンというとスクンビット界隈では情報も多いのだが、2時間圏内となると郊外も含まれてくる為、ラーメン店舗の発見には相当の苦労があるようだ

そこまでして食しに行く理由が全く理解出来ないのだが、今日もその方はラーメン求めて郊外をひた走っているという

一体どんな方なのだろうか?

興味は湧くも、一方で関わってはいけないような気がしてならない今日この頃である


1-1
続きを読む

毎日行けます?郊外和食屋 毎日365 @ ラチャブリー

ラチャブリ県で人気の日本食



私がタイ王国に来た時、ひとつの命令が来たぞ

”バンコク半径2時間圏内の日本式ラーメン”を食い尽くせだ

©寄生獣

そうか、僕が無意識に郊外和食屋でラーメンを頼むのは、本能に従っていただけなのか・・

どうりで抗えないと思いましたよ・・

と言いつつ本日も無意識に郊外和食屋に着座し、さきほどラーメンを注文したばかり

ここはラチャブリ県
バンコクより1.5時間の ”命令の範囲内” の店舗となっている

10-1
続きを読む

ナワナコン工業団地の日本食 しのぶ @ ナワナコン工業団地

タイ初の工業団地は100社を超える日系企業



ナワナコン工業団地
企業数230社のうち約半分の103社が日系という、もはや日本と言っても過言では無いエリアだ

いや、過言ですな・・
(´・ω・`)

仮に1工場あたり5人の日本人が駐在されているとすれば、この団地には単純計算で500人近い日本人がいらっしゃる事になる

とすれば彼らの欲する郷土料理店がこの地に居を構えないはずがない

餃子専科 しのぶ
そんな彼らの欲を一点に請け負っていると言っても過言では無い和食屋がここにはある

いや、過言ですな・・
(´・ω・`)


10-1
続きを読む

寿司屋であってもあのメニュー HONTO シュシ・バー バーンポン支店 @ ラチャブリ

本当に ”シュシバー” なんですよ



『バンコク2時間以内の日本式ラーメンを制覇する』

以前より耳にタコが出来る程お伝えしているこの意味のない目標

これが『スクンビットのラーメンを制覇する』であったならPVも爆上がりする所なんだけどね
( ;∀;)

しかし郊外和食屋はバンコクより離れる程に味が出る

という訳で今回はこの地域では有名なチェーン店に突入

Sushi Bar ?
いやいや郊外和食屋が、そんなストレートな読み方をするわけがないでしょう


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }