かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

枕木1本死者1名・死の鉄道

恐怖の鉄道の犠牲者はここにも眠る チョンカイ墓地 @ カンチャナブリ

もう一つの連合軍墓地



通常なら6,7年掛かると言われていたところ、わずか1年強でで400kmもの鉄道路線を完成させた第2次大戦時の日本軍

その事実は我々日本の歴史の教科書には出てくることはないが、タイではそれだけの教科書が存在してもいいくらい今にもつながる史実

無理のある建設計画は無謀な人海戦術に繋がり、劣悪な環境の下強制労働させられた労働者の方は次々に病や飢餓で倒れ、その犠牲は10万人近くにのぼったと言う

大量虐殺とも言える建設作業で作られた鉄道はいつしか『死の鉄道』と呼ばれ、その犠牲者はここチョンカイ墓地でも現在も静かに眠っている

10-1
続きを読む

昼夜に響いたハンマー音 地獄の火峠 : ヘルファイアーパス @ カンチャナブリ

ガイドブックに載らない泰麺鉄道最難関切り通し



泰麺鉄道

タイとビルマをつなぐ鉄道であり、第2次大戦中物資と兵力の確保の為、バンコクから約400kmの道のりをわずか1年ちょっとで完成にこぎつけた鉄道

そういえば聞こえはいいが、未開のジャングルを雨季で雨が降りしきり資材も重機もないまま建設は遂行され、労働者に対し十分な食料や医薬品もないまま進められた結果、約10万人もの死者を出した『死の鉄道』となってしまった

その中でも最難関
一枚岩を切り出し汽車が通るギリギリを掘り抜けたヘルファイアーパス

泰麺鉄道を紹介する媒体では必ず紹介されるスポットのひとつだ

10-1
続きを読む

泰麺鉄道の代名詞 戦場にかける橋 クウェー川鉄橋 @ カンチャナブリ

カンチャナブリでは外せない超有名鉄橋



今までいくつか泰麺鉄道に関する記事を書いてきたが、この鉄橋に触れずして真の泰麺鉄道は語れない

この建設をテーマにした映画の舞台にもなったこの鉄橋は、今日においても多くの観光客が押し寄せるカンチャナブリ県の代表的な見どころと言えよう

往来する鉄道鉄橋を渡らせるなど、日本では到底考えられないシチュエーションなのだが、そこがまた異国情緒としていい経験となるのは間違いない

6-0

続きを読む

数万人の犠牲で轢かれた死の鉄道 泰麺鉄道アルヒル桟道橋 @ カンチャナブリ

日本人なら目を逸らしてはいけない歴史の事実がそこにある



泰麺鉄道とはタイ(泰)とビルマ(麺)をつなぐ鉄道の事で、第2次大戦中の戦時下で日本軍が強制的に作らせた鉄道となる

作戦上どうしても早急に作る必要があったことから、その当時の捕虜がなりふり構わず動員され、相当劣悪な環境での作業を余儀なくされた

その為、この鉄道建設において5万人以上の命が犠牲となり、それゆえかこの路線はいつしか『死の鉄道』という不気味な通り名がついているのである


1-1
続きを読む

クウェー川鉄橋を望みながら フローティング・ラフト・レストラン @ カンチャナブリ

超有名鉄橋を見上げながらの昼食を



『戦場に架かる橋』としてカンチャナブリ県では絶対に外してはいけない観光名所となっているクウェー川鉄橋
訪れた際、橋上から見えたレストランが超絶気になってしまったのは先日の記事でも書かせていただいた通り

クウェー川はタイの川としては珍しく茶色では無く比較的きれいな川水
であれば川沿いレストランもきっと心地よいに違いない
というわけで訪れてみることにした


1-1
続きを読む

『死の鉄道』はこうして作られた JEATH 戦争博物館 @ カンチャナブリ

日本人には少々つらい泰麺鉄道建設の資料館 



カンチャナブリの観光と言えば第一に泰麺鉄道が上げられる

第2次大戦中にタイ(泰)とミャンマー(麺)の物資輸送の為に作られ、今でも稼働している鉄道だ

この鉄道は当時の日本軍によって作られたのだが、その建設方法はあまりにも悲惨な状況で世界中より『死の鉄道』と呼ばれている

ここはそんな鉄道建設に関する資料が展示されている博物館

我々日本人には少々つらい展示品が並ぶが、歴史を知るうえで是非訪れるべき博物館だと思う


1-1
続きを読む

泰麺鉄道建設での死者の慰霊を 連合軍共同墓地 @ カンチャナブリ

鉄道建設で命を落とした方々が眠る共同墓地



第2次大戦に参加した日本はすぐさまここ東南アジアを占領した

その後当時のビルマに向けた物資運搬用にと、ここカンチャナブリ県で鉄道建設を行うことになる

通常であれば5年以上はかかると言われていた鉄道建設を、なんと1年にて完成させてしまうのだが、その突貫工事の裏には捕虜たちに対する想像を絶せる過酷な労働強制が存在していたという


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
Twitter プロフィール
タイでお仕事10年目 仕事がら車に乗ってバンコク半径2時間を徘徊の日々 おかげでいろんな所に出掛けられます そんなお出かけ場所をご紹介致します
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }