かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

鉄ちゃん集合!静態保存鉄道車両シリーズ 贅沢な2機の蒸気機関車 @ クウェー川駅

『戦場に架ける橋』を駆け巡った車両たち



泰麺鉄道

大東亜戦争時代、日本軍が工期を1/5にするくらい超突貫で作らせたがために10万人近い死者を生んでしまった通称『死の鉄道』

その様子は映画『戦場に架ける橋』でも描かれ、その橋は現在でもカンチャナブリ県の観光の目玉となっている

そんな橋の手前にある泰麺鉄道クウェー川橋駅

ここには当時その橋を雄大に駆け巡ったであろう蒸気機関車が静態保存されている

しかも2機が同時においてあるという贅沢ぶり

という事バンコク2時間以内の静態保存鉄道車両を巡る旅

今回はそんなカンチャナブリへ行ってみることにしよう!

12-2
続きを読む

9部屋に分かれる石灰岩洞窟寺院 ワット・タムカオプーン @ カンチャナブリ

カンチャナブリ内では比較的有名洞窟寺院



カンチャナブリ県

バンコクより130Km程度しか離れていないのに山も多く自然溢れ、また稀に地震も起きるというまったく違った光景を持っている

そんな地形の恩恵もあってか、この界隈の寺院には大なり小なり洞窟系の寺院が多く建立されている

その中でもここワット・タムカオプーンは比較的広く長い洞窟寺院として、洞窟マニアの中では少々ざわめきが起こるほどの寺院なのだそうだ

という事で洞窟マニアのワタクシ

ここ最近ざわつくことが無かったので、久しぶりにざわめかしていただくとしよう!
( ̄ー ̄)ニヤリ


10-1
続きを読む

放棄された廃墟寺院シリーズ76 ワット・クティトーン @ 北アユタヤ

何気に歴史のある寺院



アユタヤ年代記においてチャンタチョット王により1401年に建立されたというワット・クティトーン

アユタヤ王朝以前によりあったこの寺院はその歴史から1890年にタイ寺院格付けにあたるウィソンカムシマに昇格した

ここまで古く権威のある寺院であればさぞかし参拝・観光客であふれかえっていると思いきや、そこは放棄された廃墟寺院

戦争時にビルマ軍の拠点地とされ王朝崩壊時に放棄されてからひっそりと佇む結果になってしまっている

1974年にプミポン国王により改修されたこの寺院

その傍らに今もなお古の面影が残っているという

10-1
続きを読む

七輪で焼きます 絶品ホルモン ホルモン焼肉平嶋 @ トンロー

日本の戦後路地裏メニューをここトンローで



七輪&ホルモン

その昔の日本では捨てられていた家畜の内臓部分

戦後まもない頃、路地裏にて七輪で家畜の内臓を焼いて食している朝鮮人たちがいたという

最初は内臓を食うだなんてと見向きもされなかったが、戦後の食糧不足の状況からそんなことも言っていられない

彼らに習い食してみたところ大変おいしく、捨てていた部位が立派な食材へと変わっていったのであった

それ以来大阪弁の捨てるもの=放(ほう)るもん、が語源となりホルモンとして戦後の日本に一気に広まっていくことに

そんな七輪&ホルモンの昭和ノスタルジック究極のメニューは、トンローの片隅で頂けるのだという


10-1
続きを読む

駐車場の奥には昭和の空間 居酒屋 桔梗 @ パッポン

世界的遊郭街の奥にひっそりとある老舗店



夜の街パッポン通り

世界中の欲望を満たす妖しく光るネオンの先に、違った意味で妖しく光る赤提灯が存在するという

それはパッポンソイ2のとあるビルの駐車場の最深部

通りからはまったく見えないのでまさに知る人ぞ知るこの居酒屋だが、実はタイの中では2番目に古い日本食料理屋なのだとか

超絶日本の雰囲気あふれる居酒屋で、ここまで故郷の香りがするところはおそらくスクンビット界隈でも存在しない

となれば一杯ひっかけに行かざるを得ないシチュエーション

では、さっそくひっかかりに行くとしよう!


10-1
続きを読む

地球を優しく学んじゃおう! ロック&ミネラル博物館 @ ラーチャテウィー

実はバンコク最古?!無料で入れる地球の博物館



ここは鉱物-石の博物館

さかのぼることラーマ6世の治世時代、100年以上前に設立されたこのテーマではタイ初の博物館だという

タイ国内や海外から取り寄せた鉱物や石のサンプルが、大規模なコレクションとなって展示されている

このコレクションはタイの人々に地質学を通して身近に鉱物や岩石を考える機会を与えるため、鉱物資源局により常にアップデートされているのだという

という事で僕はタイの人々ではないのだが、是非考える機会を頂きたい!

では早速現地に飛んでみよう
(´∀`○)イッテミヨーーー!!

10-1続きを読む

超有名水上市場の奥にひっそりと広がる国王公園 ラーマ2世記念公園 @ アンパワー

ラーマ2世国王をこの公園で感じよう!



水上マーケット『アンパワー市場』と屋根折り畳み市場『メークロン市場』

タイ旅行リピーターなら誰も訪れた事も多いであろうタイを代表する観光スポットだ

そんな超絶有名観光地の隣にありながら、外人観光客にはいまいち刺さっていない小さな観光公園が存在する

ラーマ2世記念公園

今の王朝であるチャクリー朝の2代目国王は1809年から1824年まで在位し、タイを代表する文学『クンチャンクンペーン』の共作や詩人スントン・プーらを保護するなど芸術面に力を注いだ愛すべき王様

そんな国王はここアンパワー生まれ

という事でここにそれを記念した公園が広がっているという

10-1
続きを読む

トンロー通りのおばんざい 居酒屋菜遊季 @ トンロー

懐かしの おばんざいにて 晩酌を



神戸に本店を持つという和食店

関西は薄味の煮物が主流のようで、ここのおばんざいでその魅力を堪能出来るのだという

もちろんただの薄味でなく素材の味が活きる出汁による味付けという事
余計な味を入れなければシンプルな澄んだ味になるという事だろう

なんて書いていたら無性に頂きたくなってきましたね

そういえば最近そんなおばんざいなんて久しく食べてないなー

よし、では今夜はこの菜遊季の暖簾をくぐることとしましょうかね


10-1
続きを読む

放棄された廃墟寺院シリーズ75 ワット・ボロム・プッターラーム @ 中央アユタヤ

艶のある 瓦の屋根 があった寺



アユタヤ・ラジャバード大学内にあるこの放棄寺院

1683年頃アユタヤ後期バン・プルー・ルアン王朝と言う時代の最初の君主、ソムデ・プラ・ペトラチャー王治政に建立されたとされる

大学内にあると言っても通りに面した場所にあり、非常に分かりやすい場所に建っている

比較的大きな遺跡の為、観光客にも人気なのだという

本来なら有料級であってもおかしくないのだが、メジャー処の遺跡から少々離れた位置に存在するためか無料で見学できるのがうれしい所

という事でお金がないので今回はここに参拝に行くことにしよう

10-1

続きを読む

オンヌットの路地奥にある幸せな場所 しあわせ食堂 福いち @ オンヌット

祖母のお店を20年ぶりに復活



スクンビットのちょっぴり外れに当たるオンヌット

その昔は日本人住民などほぼ皆無であったこの地域も、今や駅前の大型スーパーになんちゃってコロッケが配備されるくらい日本人が進出

以前はエカマイくらいまでであった在住者向けバンコク案内図も、オンヌット地区まで拡大されつつあったりする

そうなるとそんな日本人の心の支え『居酒屋』が存在するのも至極自然

ここはそんなオンヌットの駅前とは別の大型スーパービックC前の路地を入った場所

オレンジの看板が温かく迎え入れてくる居酒屋がそこにあるという


10-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
タグクラウド
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村