有名な海洋女神メープラドゥーさんに会いに行こう



メープラドゥ神 / แม่ประดู่

日本的に言えば『媽祖』という道教の女神で、西暦960年中国北宋時代に福建省沿岸の小さな漁村にある林家に生まれた実在の人物

ちっちゃな頃から優等生で気づいたら16才で神から法力がある銅制の札を授けられたと言われる

ナイフのような神通力を持ち合わせ各地で困っちまう災いを退け、当てもなくただ混乱する病いを癒してきたことから、「通玄の霊女」として人々から敬われるようになったという

28才ですべてを悟り天に召されるも、その後も赤い衣装を身にまとい海上を舞いながら難民を救助し続けたので、人々は各地に彼女を祀る廟をを建立していくこととなる

10-1


彼女の功績は中国全土でも知れ渡り、歴代皇帝からも『天妃』『天后聖母』『天上聖母』などの称号が与えられた

世界に広がる華僑たちの崇拝対象ともなり今や彼らが多く住むここタイにも廟が作られることになるのであった


という事でヤワラート中華神社シリーズは今回この
『メープラドゥー神社 / 天后聖母廟』をご紹介


本来海の安全や商売繁盛がご利益の女神なのだが、ここではプラスして恋愛成就にも効能があるようですよ
(・∀・)つ

12-3
13-1


プラドゥー神社


場所は地下鉄ワットモンコン駅徒歩5分

路地からさらに小路地に入った先にあるのでかなり分かりづらい位置に存在する

また入口も非常に分かりづらく、知らなければここに神社があることに誰も気づかないと思われる


女性の家にはそう簡単に入れないってことね
( ̄ー ̄)ニヤリ

11-1
11-2
12-1



神社の建立


建立は170年前

かつてこの界隈に張り巡らされていた運河になぜか突如メープラドゥーが流れてきたのが始まり

真鍮の仏像が水に浮き流れてくる話はタイでは至極当たり前の現象の様で、各地にそのような伝説が存在する

そんな流れ女神は引き上げられ彼女を祀るためここに廟が設けられたのだという

13-2
13-314-1


尚、流れ仏像の最たる話はこちら♡




参拝方法


述べたように本来は海の安全祈願や商売繁盛を祈るのだがここでは恋愛成就が多いという

実は厳密に言うと祈る内容によって多少作法が違うらしいのだが、グーグルアナリティクスによるとこのブログの読者の8割が独身女性との結果が出ているので、今回は恋愛成就の作法のみをご紹介しましょう


けっして他の方法が分かんなかった訳ではないので誤解のないように
( ・`ー・´) + キリッ


祈願セットは入口で購入できるのでゲットしておこう!


ポイント1:
入り口のゲートで線香5本

ここは中華神社ではおなじみの天地父母廟

入り口に付近に必ずある廟なので他でも探してみよう
( ̄ー ̄)ニヤリ

15-1
15-2


ポイント2:
反対側のドア側の社に線香3本

15-2
15-3


ポイント3:
神社の扉の両側にある線香台に線香1本づつ

ちょっと分かりづらいのでご注意

18-1
18-2


ポイント4:
3つ並ぶ香炉毎に線香3本づつ

ペアになるように2本のろうそく

甘い果物を奉納
甘ければ甘いほど甘~い恋愛になる模様
 (゚д゚)、ペッ

19-1
19-2
19-319-422-2


ポイント5:
ここも少し分かりづらいが右側にいらっしゃる老安少懐歌聖徳像の脇にあるミニ祭壇に線香5本

21-1
21-2


最後にメープラドゥー神に真珠風のネックレスを

やはり神とはいえ女性

美しくなりたいのは変わらないのね
(・∀・)

22-324-2
24-3



バンコク内にはあと3つ


実はこのプラドゥー神は各地に祀られておりバンコクでは計4人いらっしゃるという

女神には目がないワタクシ
(。-∀-) ニヒ


ついでにすべてお遍路いたしましたので軽くご紹介しましょう

尚、名前はすべて『メープラドゥ神社』となっているので、どこにあるかでご案内



サンギ橋梺 : เชิงสะพาน​ซังฮี้

ヤワラートではなくドゥシット地区のチャオプラヤ川に架かるサンギ橋(クルントン橋)のふもとに

ここでも同じくチャオプラヤ川から女神が流れてきた事になっている模様だ

サイアム時代にこの界隈で貿易商をしていた華僑の方々に崇拝され、1800年代この地に彼女を祀る廟を建てたと言われている

DSC04328
DSC04324
DSC04312
DSC04310
DSC04309





パフラット / พาหุรัด

タイのインド人街パフラットの中にある廟

ここのメープラドゥーさんは恥ずかしがり屋のようで彼女の写真を撮影することは禁止されている

たまにあるのよね、この撮影禁止対応

写真大好きタイ人らしからぬ塩対応っすね
(´・ω・`)

P4090059
P4090066
P4090069





アマケン / อาม้าเก็ง

チャロンクロン通りソイ12沿い

ちっちゃな看板の先にある不気味な階段を登った先にひっそりと存在

ここもまた恥ずかしがり屋の女神さまで写真は禁止となっている

P4020001
P4020003
P4020006

カメラを持って入っていくだけで門番のおばちゃんに注意されましたよ

写真撮るふりすらしてなかったのに・・
(´・ω・`)





まとめ


一つの神様を巡ってお遍路してみるのもなかなか楽しいもの

中華寺院でいれば関羽とかが各地にいて面白いかもです

三国志が好きな方は特に興味深いのでは?


ま、僕は三国志を読んだことはないですけどね
(。-∀-) ニヒ






Temple Data







中華街神社、現在制覇中!
(/´>▽<)o レッツゴー♪ 





その他&すべての写真はこちらより
↓ ↓ ↓

1736925



Chao Mae Pradu Shrine
ศาลเจ้าแม่ประดู่

参拝時間 : 7:00-16:00
参拝料金 : 無料
電話   : 022889064
H.P.    : -




▼ブログ村のランキング参加中です
 ここをポチっと押して頂けるとすごくうれしいです♬
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


▼かかしさんって誰?という方
 インスタグラムではたまに顔出ししてたりして♡

Instagram フォローしちゃいます?.。゚+.(・∀・)゚+.゚


▼You Tube チャンネルもあったりして
 登録するといい事あるかも ヾ(〃^∇^)ノ♪



 

スポンサードリンク