かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

掘出せお宝 一般市場

掘出せお宝!巨大フリマ市場 パタビコーンマーケット @ ラップラオ

どこから仕入れ? 我楽多集まる楽しい市場



ここはタイ最大の中古市場

日本で言えばフリーマーケットとも言える場所であり、
個人風の店からプロと思われる店まで様々な中古品が売られる珍しい市場

古着・古本・古家具・古道具・古・古・古・・・・

国内外より集められたあらゆる中古品が揃い、ここに売っていないものは無いのではと思えてくるほどの品揃え

さあ頑張って広大な市場で掘り出し物でも探すとしましょうかね


10-1
続きを読む

新しく出来たタイ最大の花市場 新パーククローン花市場 @ タリンチャン

花の子ルンルン♬ 彩り豊かな花市場



パーククロン花市場

タイを代表する観光地に隣接している事と、インスタを盛り上げる色彩鮮やかな市場風景から、多くの観光客が押し寄せる名物市場

寺院も多いエリアゆえに供物の花や、贈答・鑑賞・装飾などあらゆる用途に使用出来るお花がずらりと並んでいるのが特徴だ

タイ最大とも言われるこの花市場だが、近々その地位も他に譲る事となると言われている

パーククロン花市場

この新たな誰も知らない知られちゃいけない花市場は、旧市場の10km程西側でその色彩度を高めていると言う

10-1
続きを読む

異国で異国を感じましょ タイでインドを リトル・インディア パフラット市場

バンコクでインドの雰囲気を味わおう



ラマ5世統治時代よりこの界隈は商業の中心地であり、主に伝統衣装の用の生地類が多く取引される地域でもあった

特にシルクは生地としての需要がとても高かったことから、タイシルクに並ぶ人気のインドシルクの流通が盛んになるのは当然の流れとなる

そんなシルクはインドより持ち込まれ、その行商人であるインドの方々も多くこの界隈を闊歩していた

そんなこともあり現在でもここは、まさにインド人のインド人によるインド人の為と言っても過言でない空間が広がることとなった

そこはパフラット市場
人はそこをリトルインディアと呼ぶのだそうだ


10-1
続きを読む

コンセプトは史跡と市場 ムアン・ラッティヤー @ ターチン川

日本で言えば城壁付き道の駅



ナコンパトム県というバンコク西側約1.5時間の都市

・・を通る国道3049号沿いにある広大な駐車場を有したこの市場は、さながらタイ版道の駅と言った表現がしっくりくる施設となっている

バンコク西側2番手の大河、ターチン川にも面しているこの施設には、レプリカながら古のタイの風景が繰り広がっているという

この風景はアユタヤ王朝時の古代要塞「THA CHIN GATE」

この歴史を模した門はこの市場の象徴となっていると共に、映画のロケ地としても使用されているのだという

1-1

続きを読む

巨大ビンテージフリマ チャトチャック・プレイグラウンド・アンティーク・フリーマーケット

ガラクタ?いやいやビンテージ 古いもの好きは見逃せない



ビンテージ
このブログにて5那由他回数ぐらい申し上げているのだが、僕はとにかく古い雑貨が大好き

多少使い勝手が悪くとも、普段使いのモノはなるべくビンテージ品にしたいと思っている愛好家なのである

ではそんなものをどこで手に入れるのか?

実はこのタイは至る所で『蚤の市』的な市場が開催され、心ときめくビンテージ品がずらりと売られる夢のような国のひとつ

ゆえに回答は『どこでも手に入る』なのかもしれない

という事で今回はチャトチャック週末市場のすぐ西側 、赤いラインが目印のDD MALL前『蚤の市』に潜入してみることにしよう

10-1
続きを読む

ひっそりと折り畳まれている電車市場 マハチャイ市場 @ マハチャイ

有名になる日を夢見て今日も屋根を折り畳む



電車が来ると屋根を折り畳み通過を待つ市場

そう聞くとメークロン駅という、日本のテレビでも比較的頻繁に紹介されている市場が有名だ

今や国際的観光地になっており日本語でも「電車が来ます」とアナウンスが流れる程、日本人観光客もこぞって訪れている

だがこの市場はそんな雰囲気は一切ない

にもかかわらず今日も健気に、屋根を折り畳む風景がここには存在する

10-1
続きを読む

ワット・スワンゲーオ併設 洒落たリサイクルショップ @ ノンタブリ

リサイクル寺よりの選りすぐりは別棟にて



全国の不用品の寄進先として有名なリサイクル寺『ワット・スワンゲーオ』

お寺の維持費に当たるよう、毎日タイ全土よりあらゆる不用品が届く超絶雑多な珍しい寺院だ

そんなお寺の裏手には恐らくそこから出てきたあれ?これカッコよくね?といったものを中心に販売している店舗がある

お寺の別棟ローカルリサイクルショップ

そこにはなかなかカオスな光景が広がっている

10-1
続きを読む

世界最大マーケット!・・の弟分? チャトチャック2 マーケット @ ミンブリ

本当に関連あり? あまり似てないご兄弟



タイ旅行をされている方にとっては間違いなく聞いたことがある週末市場
チャトチャックウェークエンドマーケット

週末のみ開かれる入り乱れた迷路のような市場は、非日常を感じたい観光客にとって避けては通れない市場となっている

そんな世界的に見ても超絶有名な市場にはどうやら弟分がいるらしい

ここはチャトチャック2マーケット

バンコクの東側に位置する比較的大きな都市にこの市場は存在する


10-1
続きを読む

女の子なら5往復!ファンシー雑貨のまとめ買い サムペン・マーケット @ ヤワラート

ぬいぐるみから髪飾り、かわいい小物が満載市場



ヤワラート周辺には中華街を代表に通り毎に、なんとなくテーマに沿った市場が並んでいることが多い
生花のパクローン市場やガラクタの泥棒市など

そしてここはファンシー雑貨が集まる市場
通り一面が可愛らしい小物類で溢れ、大量に売られている光景に女の子なら大興奮であろう

約200m程の狭い路地になるのだが、娘さんを連れて行った日には、何往復もさせられること請け合いなので覚悟して向かおう
( ´∀`)つ

11
続きを読む

稲藁から生まれし巨大像 チャオ・ヤンクン・マーケット @ サラブリ

藁で作られる数々の作品群が並ぶタラート



サラブリ県の中心を走る国道一号線
バンコクから流れてロッブリ県方面に続く、比較的大きな幹線道路だ

この道路沿いには楽し気なレストランや洞窟寺院等見所がいっぱいあるのだが、車を流していると突如として巨大な藁人形に遭遇するときがある

これがここヤンクン・マーケット
遠目にはわかりづらいがすべて藁で構成されている数々の作品が並ぶタラート(市場)のようだ


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }