かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

バンコク/プラカノン~バンナ

オンヌットの路地奥にある幸せな場所 しあわせ食堂 福いち @ オンヌット

祖母のお店を20年ぶりに復活



スクンビットのちょっぴり外れに当たるオンヌット

その昔は日本人住民などほぼ皆無であったこの地域も、今や駅前の大型スーパーになんちゃってコロッケが配備されるくらい日本人が進出

以前はエカマイくらいまでであった在住者向けバンコク案内図も、オンヌット地区まで拡大されつつあったりする

そうなるとそんな日本人の心の支え『居酒屋』が存在するのも至極自然

ここはそんなオンヌットの駅前とは別の大型スーパービックC前の路地を入った場所

オレンジの看板が温かく迎え入れてくる居酒屋がそこにあるという


10-1
続きを読む

こんなにも明快な店名でいいですか? ラーメンです @ バンナー

どストレートな店名に思わず引き込めること必至店



ここはセントラルデパートバンナの脇

多くの飲食店が立ち並ぶミニグルメロードの一角だ

実はこの界隈にもお住まいになられている日本人は意外に多く、そんなこともあってかこのロードには複数の日本食店が含まれている

そんな中我々日本人として絶対に何屋か間違わない店名のお店が出現した

こんなにも明快な店名はきっと日本でもお見受けしないことだろう

『ラーメンです』と言われたら流石に返すは『いただきます』

という事で早速いただきにいくとしよう!

10-1
続きを読む

アットホームな下町居酒屋 居酒屋かあちゃん @ プラカノン

普段使いに超絶ちょうどよい居酒屋さん



プラカノン駅より徒歩7分の位置にある居酒屋かあちゃん

雰囲気的にお姉ちゃんがちょっかいを出してくる『ちょっかい居酒屋』と思いきや、ここは純粋に飲むことが出来るお店

あれも面白いんだけど普段使いのお店じゃないんだよね
(´ε`;)

という事で通常のご飯処として使う駐在員さんが多いこのお店は、タイ人ママがまさにかあちゃんとして切り盛りしているという

そんな僕もプラカノン住民ではないが、普段よりお世話になっているお店

折角なので今回皆さんにもご紹介いたしましょう!

10-1
続きを読む

ビンテージウイスキーのコレクション オールド ウヰスキー ミュージアム @ バンナー

まだ飲める?古酒が並ぶ店内博物館



Plearn Por Dee Restuarant
【ร้านเพลินพอดี】

ここはバンナー交差点の脇道を少し入った先にある無国籍料理レストラン

この脇道はスクンビット通りにほど近くはあるも、よほどの用事が無いと通りかからない道沿いにあるお店だ

ここはお店全体がレトロコンセプトとなっているのだが、中でも古いウイスキーが並ぶ博物館があるので有名なお店

古いもの+お酒 と言ったら僕が立ち寄らない理由が見当たらない
( ・`ー・´) + キリッ

という事で早速立ち寄ってみることとしよう!


10-1
続きを読む

最近何気に増殖中 ラスト・ラーメン @ ウドムスック

Lust = 欲望 あふれるラーメンを!



僕が大好きだったウドムスック唯一の居酒屋『佐助』

先日意気揚々向かったらいつの間にかお亡くなりになっていらっしゃたのね
(´;ω;`)

こう身近の飲食店に影響があると本当にこのウイルスは忌々しい・・

が、跡地に出来ていたのはなんと謎のマスコットのラーメン屋さん

Lust Ramen 

調べると今や数店舗展開されている巨大なラーメンチェーンのようだ


10-1
続きを読む

【世界のグルメシリーズ】『ミャンマー連邦共和国』プラカノンにはミャンマー街 ルービー @ プラカノン

分かる気が 全くしない メニューに悶絶



タイ王国の西隣の国ミャンマー

その昔ビルマと言われていたこの国は、大東亜戦争時タイとビルマをつなぐ鉄道、泰麺鉄道にて日本とも大きく関わり合った国でもある

今でも多くの方がタイに出稼ぎに来ており、バンコクでは主に建設現場等で彼らの姿を目にするのだとか

そんな彼らはスクンビットはプラカノンにコミュニティーを形成

ゆえにこのプラカノン市場はミャンマー街と言っても過言では無い状況になっているのだという


10-1

続きを読む

タイ人のオタクの集結場? マサル・ジャパン・ストア @ プラカノン

少々変わったリサイクルショップ



『拾う神ありゃ、捨てる神あり』
ある方にとってお役御免化した存在が、新たな活躍の場所を得られる夢のような施設

リサイクルショップは近年タイでも増殖傾向にあり、日系の会社が運営する綺麗な店舗から、倉庫に無造作に山積みされるいかにもローカルチックなお店まで様々だ

そんな数あるリサイクルショップの中でも、ここは少々特殊なものも扱っている

それはオタクの方であれば大興奮もののグッズであったりするようだ

1-1
続きを読む

【朝ごはん】バンチャックで朝食を フーフー・ポーチャナー @ バンチャック

早朝より 活気溢るる バンチャック



バンチャック
駅前が屋台で埋め尽くされるこの街は、BTSスクンビットライン駅の中で最も早朝の駅前活性が高い街

5時台より屋台がひしめき合い、地元民たちに朝ご飯を提供しまっくているという

という事で恒例の朝飯活動、今回はバンチャック

朝飯活動とは朝6時台より開いている屋台ではない店舗形態の食堂に出向き朝飯を食う
それだけである
( ・`ー・´) + キリッ.

そこには各媒体にあるカフェやホテル朝食等のきらびやかな世界は一切ない

タイ旅行の重度なリピータさんでキラキラ朝食に飽きた方の一知識になっていただければ幸いなのだ

1-1
続きを読む

シーナカリンの絶品寿司屋・・でもラーメン! Sushi Dai @ シーナカリン

バンコク2時間以内のラーメンは全て食すのです!



世界無形文化遺産である和食
寿司を代表とする我が祖国の郷土料理は、このタイにおいても絶大な人気を誇っています

その理由のひとつとして言葉にしたら悪いですが、酢飯の上に刺身を乗せたら完成してしまう寿司は中でも超簡単で、客層が日本人で無い以上なんの文句も無く受け入れられるメニューと言えるでしょう

正直日本の回転寿司にも劣るそれは、日本人である以上なかなか受け入れ難くはありますが、郊外和食屋の一つとして捉えればそれもまた一興

星の数ほどある寿司屋の称号
最近はそこで寿司以外を求めてしまうお遍路が始まっているのです!


1-1
続きを読む

今度は落ち着いてくれるかな? 秀家 @ プラカンノン

移転を繰り返し巡りめくって今の位置 



家系ラーメン
もはやバンコクを代表するラーメンと言っていいこのジャンルは、現在多くのラーメンが軒を連ね切磋琢磨している

日本貿易機構(Jetro)の調べによれば2020年現在、タイ国内にラーメン店は420店存在

その数は頭打ちとなっており、昨年同時期の2.1%減になっているという

産まれては消えていくラーメン店においてこの店ほど、移り気なお店も珍しいかもしれない

が、一つ言えるのは往年のファンだったゆえ、プラカノンでの復活は誠にうれしい限りだったりすることだ
(・∀・)つ


1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
タグクラウド
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }