かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

タイオーナーラーメン屋

誰もが納得のその店名 ラーメン屋 @ ウォンウェンヤイ

ちっちゃくお洒落なラーメン屋



店名とはそのお店の成功を導くとても重要なもの

お客さんを呼び寄せるため時にかっこよく、時にスマートで且つ覚えやすく分かりやすいものでなくてはならない

あまりに奇をてらった店名は、場合によっては『何屋か分からん』と言った本末転倒な事態を招く諸刃の剣だ

飲食店を開業される方なら誰もが最初に悩む店名選び

が、ここにそんな悩みはなんのそののお店が誕生した

『ラーメン屋』

このかつてないシンプル且つ絶対に何屋か間違いようのないこのお店は、都市鉄道BTSウォンウェイヤイ駅前に開店しているという


10-1
続きを読む

最近何気に増殖中 ラスト・ラーメン @ ウドムスック

Lust = 欲望 あふれるラーメンを!



僕が大好きだったウドムスック唯一の居酒屋『佐助』

先日意気揚々向かったらいつの間にかお亡くなりになっていらっしゃたのね
(´;ω;`)

こう身近の飲食店に影響があると本当にこのウイルスは忌々しい・・

が、跡地に出来ていたのはなんと謎のマスコットのラーメン屋さん

Lust Ramen 

調べると今や数店舗展開されている巨大なラーメンチェーンのようだ


10-1
続きを読む

星降る夜のラーメンを ほしラーメンカフェ @ ノンタブリ

輝くほしは住宅街の一角に



世界各地に麺料理は数あれど、日本のラーメンほど世界各地に広まっている麺料理はないのではないだろうか?

麺料理自体は中国北部の黄河地区が発祥とされ、そこより分岐した事で主にアジア地区に広がっているという

確かに日本のラーメンも『中華そば』と銘打つことがあるが、その中身は完全に日本オリジナル

そんなラーメンは今やタイでも大人気の日本料理となっており、都心だけでなく郊外にもその勢力が広がりつつあるようだ

といううんちくはさておき、いつものラーメン行脚

今回はどんなラーメンが僕を楽しませてくれるのだろうか


10-1
続きを読む

大繁盛の屋台ラーメン 恵比寿ラーメン @ バンワ

行列必死!懐かしさあふれる見た目の店舗



その昔チャルメラという木管楽器を奏でながら屋台で売りさばかれていたラーメン

今でこそほとんどそのスタイルはお見受けしないが、客寄せとして奏でられていたあのメロディーは今なお強く日本人の心に残っている事だろう

そんなチャルメラの音が聞こえてきそうなラーメン屋さん

都市鉄道BTSバンワ駅至近にあるこのお店はそんな屋台風の風貌をしており、そのカウンターは隙間が出来る暇もないほど常に埋め尽くされているという

そんな大人気店があるのなら一刻も早く向かわねば
( ・`ー・´) + キリッ

という事でさっそくBTSに乗り込むのであった


10-1
続きを読む

アユタヤデートはここで決まり? チャーム @ アユタヤ

お洒落カフェ?いやいやここはラーメン屋



ここ最近のタイ国内における日本式ラーメンのブームは留まることを知らず、今まではバンコク都心が中心であったのが今やかなりの郊外県にまでその勢力が伸びている

日系のラーメン店がタイに進出するケースは一段落し、今の増殖ぶりはタイ人オーナーが自ら起こすムーブメント

しかもなんちゃってラーメンでなく、結構本格的なものが多数を占めはじめている

しかも格安で提供されるものだから、やがて日系ラーメン屋の牙城を崩すかもしれない勢いとも言えるかもしれない

ここはアユタヤ

ここにも新たに本格的を目指すラーメン屋が出来ているのだという


10-1
続きを読む

これ日本でも欲しいかも 即席麺のレストラン ママさんラーメン @ クレット島

タイで日本のインスタント麺!



即席めん

インスタントラーメンと称される日本発祥のこの麺料理は今や世界各国にその影響を広げている

タイにおける即席麺はその代表ブランド名からママーと言うのがその代名詞

日本ならスパゲッティーのイメージが先行するが、ここタイでママーと言えば『サッポロ一番』と同様・・いやそれ以上の広がりを見せる

日本なら貧乏飯を想起させる即席めん

だがここ海外ではむしろ高級路線のセレブ料理となるのであった

10-1
続きを読む

ど派手なリフト麺に吸い込まれ ラーメン・ポート @ ナコンパトム

地産地消の地元ラーメン店



ナコンパトム県のサラヤ地区

なぜかこの界隈には日本食を提供する店が集中しており、郊外和食屋を巡回する者たちにとって今最も熱いエリアのひとつとなっている

一番有名なのは『新道ラーメン』という超絶行列ラーメン屋であり、グルメ系のブロガーさんの間ではよもや常識とも言えるお店なんだとか

そのような超絶人気店の存在が、この界隈の和食の盛り上がりを後押ししているのかもしれない

という事で郊外和食屋を巡回し研究している僕としては月一でこのエリアを攻略中

今回はTHE SALAYA と言うモール内にあるラーメン屋をご紹介しよう


10-1
続きを読む

駅に降りたらラーメンを 駅ラーメン @ ナワミン


タイ最大、中古市場の最寄り駅



パタビコーン市場というマーケットをご存じだろうか?

ここはタイ最大のフリーマーケットであり、同時に日本などから流れてきた中古品を扱う巨大市場だ

特に衣料系の扱いが多く、文字通り山積みにされた衣料に登山しながら物色する姿はここの名物風景ともなっているという

そんな市場になかには電車が通っていないのに『駅』があるのだという

いったいどういう事なのか?

これはすぐさま現地に飛ぶ必要があるようだ

10-1
続きを読む

色々足してほしいラーメンを プラス・ラーメン @ チョームトーン

ちっちゃなモールのちっちゃなラーメン屋



チョームトーン区と言うチャオプラヤ川西側のバンコクにある小さなモール

『E28 プラザ』と名称はついているも、入っているテナントは3つ程で且つ幹線道路より少し入った場所にあると言う、なんとも寂し気なモールだ

そんなモールの一角にあるのがこれまた小さく可愛らしいこのラーメン屋

手作り感満載のほっこりする暖簾はまさにくぐらざるを得ないエモさを醸し出している

と、そんな最近覚えた若者言葉を頭に受かべつつ突入してみるとしよう


10-1
続きを読む

チャトチャックついでに立ち寄りを Charm Donburi&Ramen オレンジ @ サパンクワイ

サパンクワイ駅前のなんでもありな和食屋さん



サパンクワイ駅

僕がチャトチャック週末市場に行く際に利用する駅で、ここも週末には御守り市場として大変賑わう駅となっている

その市場を眺めつつ週末市場へと向かうのだが、時に市場とは反対方向へ進んでみると懐かしき白提灯がぶら下がっているが見えてくる

そう、ここにあるのは我が故郷の郷土料理屋

有名観光地至近とは言え昇降客は少なくローカル感漂うエリアなのに珍しく和食屋があるものだから、そこには和食を求めてサパンクワイ町民たちが日々集結していると言う

1-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }