かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

都市遺跡お遍路

【お遍路】古都スパンブリ ぽつんと仏塔を制覇せよ! @ スパンブリ

歴史ある古都の街にはぽつんと遺跡が点在する



スパンブリ県

伝説上の王国スワンナプーム王国があった場所とされ、実史上ではドヴァーラヴァティー王国に遡る

アユタヤ王朝を建国したウートン王がアユタヤ以前にここに居を構えていたともされ、何かとタイの歴史に深く関わっていると言える県

そんな県には当然当時の面影、いわゆる遺跡群が至るところに存在する

有名どころはきちんと整備され観光遺跡化しているのだが、とるに足らないその他大勢はぽつんと遺跡化してしまっているという

そんな寂し気な遺跡は是非クローズアップしてあげないと!
( ・`ー・´) + キリッ

という事で今回のお遍路は古都スパンブリに点在する仏塔遺跡

ではさっそく回ってみよう!

10
続きを読む

【お遍路】スパンブリ市街 シティー・ウォールを一回り @ スパンブリー

14世紀初頭に囲われたスパンブリを護る堀



スパンブリ県

バンコクより北西へ約2時間ほど進んだ場所にある都市で、アユタヤ王朝やウートン王朝といったタイにおける歴史深い京都のような地域

それゆえに都市には歴史あふれる遺跡や寺院が点在しています

そんなスパンブリ市街を囲うように流れているターチン川の支流は、地図上で見ると見事な長方形になっている事がうかがえます

そうこれは古代に築造された都市を護るお濠

そのお濠にはさらに2重に街を護るべくレンガの土壁と数か所の砦が構築されました

この形状はまさに環濠集落(堀で囲われた都市)であり、バンコク2時間圏内の環濠都市は僕にお遍路される運命にあります

ということで今回のお遍路はスパンブリ環濠

今回も元気に回ってみましょう!
(/´>▽<)o レッツゴー♪ 

10-1
続きを読む

【お遍路】縁起のよさは半端なし! ツアーも組まれるスパンブリ9寺お遍路

スパンブリーの9つの仏さまに敬意を表するツアー

スパンブリ県を通るSomtharakhong Road (
ถนนสมภารคง) この界隈はムアン・スファンと呼ばれ、歴史をたどることができる旧市街となっている かつてスパンブリは大変繁栄していた時代があり、人々が集う都市であった となればここでもいろいろな文化が花咲くこととなり、そのうちの一つがタイを代表する物語『クンチャン・クンペーン』 そして仏教文化も大変栄え、未だに当時の貴重な仏像達が各寺院に奉納されている 中でもこのSomtharakhong Roadに沿った9つの寺院が大変縁起がいいとされ、そこをお遍路するツアーも大変人気であると聞く お遍路・・ これはもう僕の出番ですな ( ・`ー・´) + キリッ という事でツアーと同じように9つの寺院を順にお遍路して行こう
P3050633

続きを読む

【お遍路】クレット島のお寺さんを制覇せよ!

焼き物の街クレット島にある古のお寺さんをお遍路しました!



クレット島

タイ好きの方なら一度は口にした事はあるであろうチムチュム鍋

可愛らしい素焼きのポットで提供されるタイの東北地方の鍋料理です

そんな素焼きポットの多くはノンタブリ県にあるチャオプラヤ川に囲まれた中州形状の島、クレット島で主に生産されています

地図で見ると相当大きな中州であり、ここを島に例えていいのか甚だ疑問ではありますが、ここに掛かる橋はなぜか1本もなく渡るには船を使う他ない状況はまさに島そのものです

そんな島は観光名所として数多くの日本人ブロガーさんも紹介中

という事で同じ紹介をしてもつまらない

今回は一部のマニアしか喜ばないお寺さんにクローズアップしてクレットを紹介していきましょう!

P2200060
続きを読む

【お遍路】プラチンブリ遺跡群『ドン・シー・マホソット大環濠都市遺跡』を制覇せよ! Part2

サイクリングロードに点在する遺跡群をお遍路します2



ここはプラチンブリ県マホソット地区
バンコクより北東に2時間ほどの距離にある地域にあるドン・シー・マホソット大環濠都市遺跡

数が多すぎるので2回に分けご紹介しているものの第2弾

簡単に前回のあらすじを申しますと、プラチンブリ県の一角にある古代都市跡内に各種遺跡が簡易的な地図にて案内されており、『お遍ラー』たちをざわつかせているようなのです

自称『お遍ラー』の僕も当然ざわつかされた内の一人であり、結果このように望んでもいない皆様に勝手に紹介している次第なのでございます

D-1続きを読む

【お遍路】プラチンブリ遺跡群『ドン・シー・マホソット大環濠都市遺跡』を制覇せよ!

サイクリングロードに点在する遺跡群をお遍路します



ここはプラチンブリ県マホソット地区
バンコクより北東に2時間ほどの距離にある地域です

一部の日本の方には304工業団地の近くと言った方が分かりやすいでしょうか

ですがここにとあるサイクリングコースがあるという事までご存じの方は少ないかもしれません

そのコースは幹線道路より少々入った位置にあり、楕円を描くように周遊できる様になっています

都市にある周遊道
そうここは古代における都市部の跡が、そのまま生活道にもなっている地域なのです

D-8
続きを読む

カンチャナブリチェーディー群を軽くお遍路

5つの街角チェディーをお遍路してみよう!



カンチャナブリ県ノンカオ地区

カンチャナブリ市街より30分ほど北東に離れた地域であり、スパンブリ県境に近い地域

この地区はかつてウートン王国が栄えていた地域で、当時の繁栄を示す遺跡が数多く残されている

それなりに残っているところは、それなりに整備されるが、母体が無く一部のみが残ったものは撤去されるか街に溶け込む形で余生を過ごしているケースが多い

そんな『街角ぽつんと遺跡』は僕の大好物

しかもそれがいくつかあるとすれば、行かない理由が見当たらない
という事で至急現地に飛ぶとしよう

2-3
続きを読む

【お遍路】伝説の浮仏像の謎を追え! 5体の不思議な仏像をお遍路

知る人ぞ知る浮仏像に会いに行こう!



皆さんは青銅で出来た重量のある仏像は水に浮くとお思いますか?

普通の義務教育を受けられてきた方であれば、重力が浮力より大きければ『沈む』という現象が起きるのはもはや常識でしょう

だがそれを覆す現象が起きたとしてこの伝説が始まります

 “ตำนานพระพุทธรูปลอยน้ำ” 
『浮仏像の伝説』として語りつがれるこの話は、5体の水に浮く不思議な仏像に纏わるお話

5体の仏像は今もなお一体づつ5つのお寺に奉納されているといいいます

5つのお寺・・これはもうお遍路しかありませんね!


という事で5寺をすべて制覇! 伝説の真意を確かめに行くとしよう
(/´>▽<)o レッツゴー♪ 

B-1
続きを読む

【お遍路】点在する古代のチェディー跡を制覇せよ! アンシエント・チェディー @ スパンブリー

スパンブリ県ウートン郡の遺跡群をお遍路します!



スパンブリ県

バンコクより北西に2時間ほど走らせたこの県には、その昔ドヴァーラヴァティー王国という文明が栄えていたウートン郡という地区があります

6世紀から11世紀頃まで栄えていたドヴァーラヴァティー王国では、ドヴァーラヴァティー様式と言う独特の美術品が作られており、数々の遺物を出土させた遺跡が多く存在します

現在それらの遺跡にはナンバリングがされており、ウートン市街の各地に点在しています

遺跡が点在・・
となれば残された道はお遍路しかありません
( ・`ー・´) + キリッ

S-1
続きを読む

【お遍路】ナコンナヨック県 環濠都市遺跡ドン・ラコンを制覇せよ!

2つの時代を巡った古代都市をお遍路します!



以前は「ムアンラップレー」として知られていたドンラコン古代都市跡

ドヴァーラヴァティー時代とクメール時代の両時代に渡り栄えた古代都市の遺跡です

第一繁栄期は14〜16世紀の初めのドヴァーラヴァティー時代、第二繁栄期は17〜19世紀のクメール文化時代であり、はっきりと2つの文化が混在している跡が見受けられています

バンコクより2時間ほど離れたこの場所に、そんな古代都市遺跡群があるようです

遺跡群はお遍路しなさい
幼少の時より母親に厳しく育てられた記憶がよみがえります

という訳で今回のお遍路はナコンナック県
早速母親の教えに従う事にしましょう!


10-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
タグクラウド
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }