かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

都市遺跡お遍路

カンチャナブリチェーディー群を軽くお遍路

5つの街角チェディーをお遍路してみよう!



カンチャナブリ県ノンカオ地区

カンチャナブリ市街より30分ほど北東に離れた地域であり、スパンブリ県境に近い地域

この地区はかつてウートン王国が栄えていた地域で、当時の繁栄を示す遺跡が数多く残されている

それなりに残っているところは、それなりに整備されるが、母体が無く一部のみが残ったものは撤去されるか街に溶け込む形で余生を過ごしているケースが多い

そんな『街角ぽつんと遺跡』は僕の大好物

しかもそれがいくつかあるとすれば、行かない理由が見当たらない
という事で至急現地に飛ぶとしよう

2-3
続きを読む

【お遍路】伝説の浮仏像の謎を追え! 5体の不思議な仏像をお遍路

知る人ぞ知る浮仏像に会いに行こう!



皆さんは青銅で出来た重量のある仏像は水に浮くとお思いますか?

普通の義務教育を受けられてきた方であれば、重力が浮力より大きければ『沈む』という現象が起きるのはもはや常識でしょう

だがそれを覆す現象が起きたとしてこの伝説が始まります

 “ตำนานพระพุทธรูปลอยน้ำ” 
『浮仏像の伝説』として語りつがれるこの話は、5体の水に浮く不思議な仏像に纏わるお話

5体の仏像は今もなお一体づつ5つのお寺に奉納されているといいいます

5つのお寺・・これはもうお遍路しかありませんね!


という事で5寺をすべて制覇! 伝説の真意を確かめに行くとしよう
(/´>▽<)o レッツゴー♪ 

B-1
続きを読む

【お遍路】点在する古代のチェディー跡を制覇せよ! アンシエント・チェディー @ スパンブリー

スパンブリ県ウートン郡の遺跡群をお遍路します!



スパンブリ県

バンコクより北西に2時間ほど走らせたこの県には、その昔ドヴァーラヴァティー王国という文明が栄えていたウートン郡という地区があります

6世紀から11世紀頃まで栄えていたドヴァーラヴァティー王国では、ドヴァーラヴァティー様式と言う独特の美術品が作られており、数々の遺物を出土させた遺跡が多く存在します

現在それらの遺跡にはナンバリングがされており、ウートン市街の各地に点在しています

遺跡が点在・・
となれば残された道はお遍路しかありません
( ・`ー・´) + キリッ

S-1
続きを読む

【お遍路】ナコンナヨック県 環濠都市遺跡ドン・ラコンを制覇せよ!

2つの時代を巡った古代都市をお遍路します!



以前は「ムアンラップレー」として知られていたドンラコン古代都市跡

ドヴァーラヴァティー時代とクメール時代の両時代に渡り栄えた古代都市の遺跡です

第一繁栄期は14〜16世紀の初めのドヴァーラヴァティー時代、第二繁栄期は17〜19世紀のクメール文化時代であり、はっきりと2つの文化が混在している跡が見受けられています

バンコクより2時間ほど離れたこの場所に、そんな古代都市遺跡群があるようです

遺跡群はお遍路しなさい
幼少の時より母親に厳しく育てられた記憶がよみがえります

という訳で今回のお遍路はナコンナック県
早速母親の教えに従う事にしましょう!


10-1
続きを読む

【お遍路】『クブア環濠都市遺跡』を制覇せよ!

ラチャブリ市街南6kmドゥヴァラーヴァティー(Dvaravati)遺跡群



古代都市クブア(Khu Bua / คูบัว )

6~10世紀頃に栄えたドゥヴァラーヴァティー王国の主要都市のひとつで、バンコクより西へ100km程離れたラチャブリー県に存在しました

ドゥヴァラーヴァティーは現在のスパンブリ県からカンチャナブリ県、そしてここラチャブリー県あたりで栄えた国で、当時この界隈には似たような環濠都市が存在し互いに交流が行われていたと言います

都市があった場所には遺跡も点在

特に堀で囲まれた都市形状を指す『環濠都市(かんごうとし)』には堀跡沿いに遺跡が点在する傾向に

点在・・
これはもう『お遍路』する以外の選択肢が見当たりませんね

という事で今回も元気にお遍路に出発しましょう
レッツ――ヽ(@,,>∀<)ノ――ゴォォ♪

10-1
続きを読む

【お遍路】プラチンブリ遺跡群『ドン・シー・マホソット大環濠都市遺跡』を制覇せよ! Part2

サイクリングロードに点在する遺跡群をお遍路します2



ここはプラチンブリ県マホソット地区
バンコクより北東に2時間ほどの距離にある地域にあるドン・シー・マホソット大環濠都市遺跡

数が多すぎるので2回に分けご紹介しているものの第2弾

簡単に前回のあらすじを申しますと、プラチンブリ県の一角にある古代都市跡内に各種遺跡が簡易的な地図にて案内されており、『お遍ラー』たちをざわつかせているようなのです

自称『お遍ラー』の僕も当然ざわつかされた内の一人であり、結果このように望んでもいない皆様に勝手に紹介している次第なのでございます

D-1続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }