かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

居酒屋巡りバンコク中心

やかんで出てくる焼酎で乾杯 居酒屋やかん @ プロンポン

ありふれた やかんはタイでも ノスタルジー



やかん

今でこそポットやケトルなどと言った、洋風の名にとって代わりつつある日本古来の湯沸かし道具

黄金色に輝き特徴的な形をしたその道具は、日本でも段々見なくなってきているかもしれない

日本でも見ないのだからこのタイではより一層触れ合うことは困難といえよう

が、ここはそんなやかんにクローズがアップされたお店

店名そのものもやかんとなっているこのお店は、日本人が経営する居酒屋として人気を博しているといいう


10-1
続きを読む

串1本20THBより!コスパ最高居酒屋 ひなた @ アソーク

スタッフの 元気な声に 元気出る



焼き鳥、串カツ、串揚げ・・

串が刺さっているものと言うのはどうしてこうもビールに合うのだろうか?

ビール好きにはたまらないこの料理を求めて、居酒屋巡りをしていると言っても過言では無い今日この頃

これぞ居酒屋メニューの代表格なのだが、このお店はその串が一本20THB(70円)からと、なかなかお財布に優しい設定となっている

この価格なら気にせず何本も行けますよ
( ・`ー・´) + キリッ

という事でアソーク駅より北へ1km、居酒屋ひなたさんへ行ってみよう!

11-1
続きを読む

プロンポン駅直下タイ人オーナーの本格居酒屋 さんや @ プロンポン

駅より徒歩3秒、タイ語で『約束』という店名



プロンポン駅を奇数側に降りると誰もが気付くこの黄色の看板

店名は『さんや』
てっきり何かの日本語由来かと思いきや、これはタイ語で『約束』を表すらしい

誰もが心地よい空間を提供し、何度も来たくなるようなおもてなしをすることを『約束』する

2004年にそのように誓い、この店を立ち上げたタイ人姉妹の思いが、このお店には詰まっているとの事だ

A1
続きを読む

カオサンで和食が恋しくなったら 居酒屋 円 @ カオサン

Izakayaはよもや世界共通語?



最近郊外和食屋の研究において気づいたのが、以前より『Izakaya』という言い回しを店名に使う店が増えたのではないかと言う事

『居酒屋』
調べてみると古事記にも登場する程その店舗形態の歴史は古く、主にはお酒と共にそれに合う和風の料理を提供するスタイルで、欧米のバーに比べると相対的に量や種類が多いのが特徴なのだとか

そんな日本文化を親日派タイが見逃すわけが無い
そんな訳でカオサン通り徒歩圏内にも我らが『Izakaya』が存在するのであった


1-1
続きを読む

漫画に囲まれ至高のビール マンガ居酒屋KOTO @ プラカノン

こんなところに漫画喫茶・・いや漫画居酒屋



ラマ4通り沿いではあるのだが、車が止めづらいので立ち寄るには少々困難

どうやらこの店以前はトンローにあったらしいのだが、何故かここに移転したようだ

僕が田舎出身だからわからないが満喫ならぬ満居(漫画居酒屋)なる形態の店舗があるとは夢にも思わなかった

酒やビールをちびちび飲みながら漫画の世界を独歩する

こんな素晴らしい居酒屋がバンコクに存在するとは・・


1-1
続きを読む

【閉店】ウドムスックで本格居酒屋 佐助 @ ウドムスック

こいつは使える 鳥波多系列店



ここが出来たのはかれこれ2年程前になるだろうか
その当時僕の会社はサムットプラカーン県にあり毎日バンコクから車を運転し通勤していた

当時の私の上司は初め来た頃は積極的にタイ料理を食べていたが段々とトーンダウンし最終的には皆と同じエアコン付きの和食しか受け付けなくなってしまった・・


1-1
続きを読む

ノスタルジックな居酒屋さん 大枡 日本街店 @ プロンポン

三丁目の夕日風 趣向を凝らした焼肉居酒屋



日本街・・
プロンポン偶数側にある、日本人の日本人による日本人の為のモール

2階建ての長屋が駐車場を囲うように並ぶこのモールには、様々な日本食店が軒を連ねている日本人にとってまさに至高の空間だ

立ち並ぶ暖簾や赤提灯、見慣れた日本語看板はまさに母国に帰ってきた感覚に包まれる至極のアイテム

そんな感覚をさらに膨らましてくれるのがこのお店

店内はまさに3丁目の夕陽

超絶ノスタルジーな店内は、よもやここがタイであることを忘れてしまうほどのインパクトがあるのであった

B4

続きを読む

さくっと飲むにはちょうど良い いもや @ プロンポン

使える! 駅近大衆居酒屋



プロンポン地域は日本系のものが集中しておりたまに訪れると時を忘れるくらい徘徊してしまうものだ

エンポリあたりをぶらつくと気づけばすっかり暗くなっている時が多々ある
このまま帰ってもなんだしな~なんて時にやさしく手招きしてくれる
そんなお店がここ いもや

A1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }