かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

居酒屋巡りバンコク中心

ミニ七輪で焼く焼き鳥に舌鼓! 鳥屋花 @ プロンポン

熱々キープ カウンターで仕上げる焼き鳥



居酒屋の激戦区プロンポン

中でもソイ41の路地は多くの居酒屋がひしめき合い特に熱い地域になっている

その路地へ夕方以降入ったら最後、路地を出てくるころには皆一様にほほを赤らめ千鳥足になっているという

そんな路地にて10年に渡り暖簾を掛けているこのお店

店名からして鶏料理を得意とし、都心プロンポンの割りに格安メニューが揃う人気店なのだそうだ


10-1
続きを読む

本物の焼き鳥を世界へ なぎ屋トンロー店 @ トンロー

東京の行列店からバンコクの行列店へ



2005年東京に誕生したこの居酒屋は、こだわりの焼き鳥が多くのお客の舌を捕らえ瞬く間に都内に6店舗を展開した

そんな焼き鳥を世界へ広めたい!

という壮大な目標と共に2014年にバンコクへ進出

ここでも同様に瞬く間に都内スクンビットに6店舗を展開することとなる

確かにいつ行ってもお客で一杯のこのお店

今日はその中でもトンロー店にて一杯頂くこととしよう!

10-1
続きを読む

七輪で焼きます 絶品ホルモン ホルモン焼肉平嶋 @ トンロー

日本の戦後路地裏メニューをここトンローで



七輪&ホルモン

その昔の日本では捨てられていた家畜の内臓部分

戦後まもない頃、路地裏にて七輪で家畜の内臓を焼いて食している朝鮮人たちがいたという

最初は内臓を食うだなんてと見向きもされなかったが、戦後の食糧不足の状況からそんなことも言っていられない

彼らに習い食してみたところ大変おいしく、捨てていた部位が立派な食材へと変わっていったのであった

それ以来大阪弁の捨てるもの=放(ほう)るもん、が語源となりホルモンとして戦後の日本に一気に広まっていくことに

そんな七輪&ホルモンの昭和ノスタルジック究極のメニューは、トンローの片隅で頂けるのだという


10-1
続きを読む

駐車場の奥には昭和の空間 居酒屋 桔梗 @ パッポン

世界的遊郭街の奥にひっそりとある老舗店



夜の街パッポン通り

世界中の欲望を満たす妖しく光るネオンの先に、違った意味で妖しく光る赤提灯が存在するという

それはパッポンソイ2のとあるビルの駐車場の最深部

通りからはまったく見えないのでまさに知る人ぞ知るこの居酒屋だが、実はタイの中では2番目に古い日本食料理屋なのだとか

超絶日本の雰囲気あふれる居酒屋で、ここまで故郷の香りがするところはおそらくスクンビット界隈でも存在しない

となれば一杯ひっかけに行かざるを得ないシチュエーション

では、さっそくひっかかりに行くとしよう!


10-1
続きを読む

トンロー通りのおばんざい 居酒屋菜遊季 @ トンロー

懐かしの おばんざいにて 晩酌を



神戸に本店を持つという和食店

関西は薄味の煮物が主流のようで、ここのおばんざいでその魅力を堪能出来るのだという

もちろんただの薄味でなく素材の味が活きる出汁による味付けという事
余計な味を入れなければシンプルな澄んだ味になるという事だろう

なんて書いていたら無性に頂きたくなってきましたね

そういえば最近そんなおばんざいなんて久しく食べてないなー

よし、では今夜はこの菜遊季の暖簾をくぐることとしましょうかね


10-1
続きを読む

オンヌットの路地奥にある幸せな場所 しあわせ食堂 福いち @ オンヌット

祖母のお店を20年ぶりに復活



スクンビットのちょっぴり外れに当たるオンヌット

その昔は日本人住民などほぼ皆無であったこの地域も、今や駅前の大型スーパーになんちゃってコロッケが配備されるくらい日本人が進出

以前はエカマイくらいまでであった在住者向けバンコク案内図も、オンヌット地区まで拡大されつつあったりする

そうなるとそんな日本人の心の支え『居酒屋』が存在するのも至極自然

ここはそんなオンヌットの駅前とは別の大型スーパービックC前の路地を入った場所

オレンジの看板が温かく迎え入れてくる居酒屋がそこにあるという


10-1
続きを読む

トンロー駅前奥地の小さな居酒屋 居酒屋伊藤家 @ トンロー

カウンターと小さなテーブルの横丁居酒屋



日本人街スクンビット

タイで最も日本人が闊歩しているエリアで、よもや日本と言っても過言ではないここにおは数多くの日本食レストランが存在する

ラーメン、寿司、うどん、どんぶり.,etc

和食メニューは数あれどそれらのメニューを総括する飲食形態、それが『居酒屋』

ここバンコクでもその数は年々に増加しているという

そんな居酒屋を巡回するのが最近の僕のマイブーム

という事で今宵はトンローの小さなお店に訪れてみることにしよう!


10-1
続きを読む

あの幻のバンドがモチーフ? キス居酒屋 @ アーリー

初めてのキスはレモンのお味?



本当にここはタイですか?

と言いたくなるような雰囲気の入口の先に、なんとも甘酸っぱい店名の居酒屋が存在する

ここはアーリー駅より徒歩10分

都内でも指折りのハイソなエリアで周りには意識高い系のカフェが並ぶ中、少々その雰囲気と乖離した店先ではあるが、中は意外にもいい雰囲気だったりするようだ

という事でなんだか今日は酸味が少しほしい所
( ・`ー・´) + キリッ

今宵の晩酌は店名からして味わえそうなこのお店で味わうとしよう


10-1
続きを読む

アットホームな下町居酒屋 居酒屋かあちゃん @ プラカノン

普段使いに超絶ちょうどよい居酒屋さん



プラカノン駅より徒歩7分の位置にある居酒屋かあちゃん

雰囲気的にお姉ちゃんがちょっかいを出してくる『ちょっかい居酒屋』と思いきや、ここは純粋に飲むことが出来るお店

あれも面白いんだけど普段使いのお店じゃないんだよね
(´ε`;)

という事で通常のご飯処として使う駐在員さんが多いこのお店は、タイ人ママがまさにかあちゃんとして切り盛りしているという

そんな僕もプラカノン住民ではないが、普段よりお世話になっているお店

折角なので今回皆さんにもご紹介いたしましょう!

10-1
続きを読む

おでんが秀逸 スクンビットでおばんざい おばんざい喜多郎 @ プロンポン

まさに日本の路地居酒屋



居酒屋

仕事で疲れたお父さんが家に帰る前ほんのひと時くつろげる場所

日本では当たり前のこの場所が、今やタイでも当たり前になりつつある

そのクオリティは年々上がるばかりで、よもやタイを感じさせないお店もかなりの勢いで増加中

ここもそんなお店の一つ

中に入るとまるでどこでもドアをくぐったように、そこには母国日本があるのだという
( ̄ー ̄)ニヤリ

10-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
タグクラウド
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }