かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

中華街 中華寺院シリーズ

ヤワラート中華寺院シリーズ9 シエン・コン神社 @ ヤワラート

起源は清王朝 熱心な信徒が泰にも築く


シエンコン神社
(Xiang Kong Shrine / 
ศาลเจ้าเซียงกง)

タイの中の中国、ヤワラート中華街の入口門より南へ徒歩3程の位置にある神社

中華街に百万回通った方であっても、その視界に入るか入らないかのくらいの小さな神社だ

そんな小さな名もなき神社であったとしても、その起源は大きなもの

遡ること約160年

中国は清王朝の時代にそのルーツがあるという

という事で今回のヤワラート中華街シリーズは、そんな歴史を持つこの神社にフォーカスを当ててみよう

10-1
続きを読む

ヤワラート中華寺院シリーズ8 ワット・チャヤプーム・カーラーム @ ヤワラート

空中の寺院?ビル最上階にある珍しい神社



ヤワラート中華街

もともと中国からの移民で作られたこの街は、今なおその文化を大きく継承し街全体がよもやタイではない風景が広がっている

その中でも宗教はその文化の最たるもの

ゆえにこの街には多くの中華式寺院が点在しているという

そんな寺院をお遍路しているこのヤワラート中華寺院シリーズ

今回は何とも珍しい、ビルの中に作られた寺院へ参拝してみよう

10-0
続きを読む

ヤワラート中華寺院シリーズ7 メープラドゥ神社 @ ヤワラート

有名な海洋女神メープラドゥーさんに会いに行こう



メープラドゥ神 / แม่ประดู่

日本的に言えば『媽祖』という道教の女神で、西暦960年中国北宋時代に福建省沿岸の小さな漁村にある林家に生まれた実在の人物

ちっちゃな頃から優等生で気づいたら16才で神から法力がある銅制の札を授けられたと言われる

ナイフのような神通力を持ち合わせ各地で困っちまう災いを退け、当てもなくただ混乱する病いを癒してきたことから、「通玄の霊女」として人々から敬われるようになったという

28才ですべてを悟り天に召されるも、その後も赤い衣装を身にまとい海上を舞いながら難民を救助し続けたので、人々は各地に彼女を祀る廟をを建立していくこととなる

10-1
続きを読む

ヤワラート中華寺院シリーズ6 ヘンシアー神社 @ ヤワラート

おっす!オラ悟空!・・の神社



「Heng Jia God」

ヘンシアー神と称される猿の神様で、西遊記の孫悟空にあたる

タイでも西遊記は人気の様で、ここのように悟空を本尊として崇める神社も多々存在するのだとか

という事で一番身近にあるこの神社はヤワラート中華街の中に

街に溶け込むように存在するヤワラートの中華神社を紹介するこのシリーズ

今回は僕も大好き、孫悟空さんに軽く会いに行くと事としよう

10-1
続きを読む

ヤワラート中華寺院シリーズ4 レン・ブア・イー神社 @ ヤワラート

バンコク最古の中華神社?



およそタイらしからぬ風景が広がるバンコクヤワラート地区の中華街

古来に渡泰した貿易商の中華民により発展していたこの地域は、彼らの文化を存分に反映させた雰囲気となっている

その文化はここに点在する神社にも大きく影響を及ぼす

街角に突如現れるど派手な装飾の中華神社はよもや興味の対象でしかありませんな
( ・`ー・´) + キリッ

と言う訳でヤワラートの中華神社をとことん堪能するこのシリーズ

今回はかなり古の神社へ訪問する事にしよう!

10-1
続きを読む

ヤワラート中華寺院シリーズ5 リーティーニャー神社 @ ヤワラート

ヤワラートの中では結構大きな中華神社



ここは地下鉄ワットモンコン駅のすぐ裏手

駅名になるくらい有名で大きな中華寺院ワット・モンコンがあるヤワラート中華街の一角だ

ここにワット・モンコン程ではないが、そこそこの規模を誇る神社が存在している

縁結びや子宝成就、病気平癒に特にご利益が効くとされるこの神社は、中国が清朝の時代(1600年代)にその元が建てられた

しかし1902年当時の建物は火事により全焼し見る影もなくなったという

その後有志によりここを再建

中華神社とタイ宮殿が混在する豪華な中華装飾の囲まれた神社へと生まれ変わったのである

10-1
続きを読む

ヤワラート中華神社シリーズ3 イーコールホン神社 @ ヤワラート

伝説のギャンブラーに当選祈願!


伝説のギャンブラー、イーコールホンさんをご存じだろうか?

運要素の強いギャンブルにおいて連戦連勝の幸運を持ち、そのギャンブルにて作った富を寄付や寄贈にて世の中に還元したというなんとも崇高な人物

またタイにおける宝くじを広めたという功績もあるようで、今なお宝くじファンの心を鷲掴みにしているとのこと

という事で多くの宝くじバイヤーは今日もここを訪れ、明日の一攫千金を夢見て参拝をするのだという

一攫千金か・・

僕もそろそろ本気で目指してみるとしようかな
( ・`ー・´) + キリッ


10-1
続きを読む

ヤワラート中華寺院シリーズ2 ワット・ローカーヌクロ

大乗仏教の中華寺院


大乗仏教

宗教に興味が無い方でもなんか聞いたことがある仏教の2大宗派のひとつ

主に中国、チベット、そして日本に伝わった北伝仏教と呼ばれる宗派となる

反する南伝仏教は広く東南アジアに広がった小乗仏教とも呼ばれる宗派で、ものすごく簡単に言うとまずは己が悟りを開いてから人々を幸せにするという考え方が小乗仏教

対して己も幸せになると同時に皆も一緒に幸せになる、というのが大乗仏教の考え方となる

という事で大乗仏教寺院

当然北伝仏教ゆえに北側=中国のかほりがするのであった

10-1
続きを読む

ヤワラート中華寺院シリーズ1 広東神社

広東省より来られた貿易商のコミュニティ



中国広東省からの移民によってラーマ5世の治世頃に建設された神社になります
中国が清王朝でクォンシュイ皇帝の治世(1877年)だった頃に、タイと貿易を行っていた貿易商の広東人グループがこの界隈に住んでいました

彼らはここにコミュティーを作り、学校や病院、墓地などを作ったといいます

その中で宗教施設として作られたのがこの神社

1880年建立、中国よりたくさんの ”神様” を持ち込み祀り始めました

10-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
タグクラウド
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }