かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

インスタ映える施設

時代が過ぎた市場はインスタ市場としてよみがえる ファータケー・オールドマーケット

役目を終えた水上市場は観光市場へ



その昔道路が整備される前は運河が人モノの移動の要となっていた

行きかう船はあらゆる商品を運び、時としてそのまま船上で各種取引がされるように

それが水上マーケットと呼ばれるタイ独特の市場への発展し、運河沿いはどこも人が集まり賑やかな繁華街へと成長していった

が、時代と共に道路が整備され陸送が主流となっていった現代

かつてのモノを売る商船の姿はすでに写真上でしかなく、川沿い市場は廃れゆき今や思い出しか残っていないという 

10-1
続きを読む

静かな湖畔の森の影からインスタ! ラックドック・ララグーン @ クロームサムワー

小さな湖畔の村をイメージした撮影スポットカフェ



インスタグラマー

インフルエンサーを目指し日々超絶怒涛のお洒落フォトを投稿し続けるため、常にその材料となる被写体を必至に探し求め続けている者たちの総称

ひたすらに『映え』を意識し、映えていないものは彼女たちの視界にはかすりさえしないという

そんなことから彼女たちを満たす『映え』を提供するインスタ施設が増殖するもこれまた自然の流れ

という事でここはスクンビット地区より車で約1時間弱のバンコク北部クロームサムワー区

都心より少々離れたこの地区に、都市から離れたゆえの森のインスタ施設があるのだという

10-1
続きを読む

タイの嵐山で奇跡の一枚 ワット・チュラーポン・ワナーラーム @ ナコンナヨック

タイでは珍しい竹林のトンネル



お寺さんなのにここを案内する各種媒体がいずれも

タイの京都へようこそ!

と少々仏教とはかけ離れた紹介になってしまっている珍しい寺院

インスタ施設なのか宗教施設なのか、なんだかよく分かんない状況になっちゃっている様だ
(・∀・)つ

一応自生していたと言う竹たちを整備しトンネル風にアレンジ、京都嵐山風に仕上げたのだとか

そんなお寺はナコンナヨック県、バンコクより約2時間ほどの山奥に存在しているという

1-1

続きを読む

200年前の邸宅を改装したカフェ パティナバンコク @ タラートノイ

全てがフォトジェニックな古民家カフェ



【Patina】
 家具などの時代が掛かった古艶・古色

まさに英単語の意味そのままで覆われたこのカフェは、200年前の中華風スタイルの邸宅がベースとなっている

置かれる家具類も当時そのままであり、なんとも言えぬフォトジェニックな世界が広がっている

このカフェのあるタラート・ノイは中華街の入口付近にある集落で、街全体に古の風景が今なお残る歴史的エリア

そんな街の雰囲気を壊さぬどころか、牽引するかのように存在するこのカフェ

インスタ映えない理由が見当たらないこの空間より、今日もバンコクっ子たちが癒しを求めて集まっていると言う

15-1
続きを読む

伝統的な福建建築とプールのあるカフェ ソーヘンタイ・カフェ @ タラートノイ

古の住居前プールの水面に映るは高層ビル



タラートノイ地区の狭い路地の奥に約250年前に戻してくれるのび太くんの引き出しがあるといいます

250年前と言えば現王朝チャクリー王朝が発足する以前の世界

そんな昔に建てられ今なお残るこの中華風建物は、現在もそこに住民の生活があり、また一部はカフェとなり我々外人をも受け入れています

建物が囲う中庭に印象的に存在するプールは相当の水深がありますが、それはなんとここがダイビングスクールであることが理由のようです

ダイビング+古の住居
そんな風景があるのなら、受け入れられに行く他選択肢はないでしょう
( ・`ー・´) + キリッ

という事で早速受け入れていただくことにいたしましょうか

10-1
続きを読む

築90年のインスタ家屋 ゴングイ・ホーム @ ナコンナヨック

昔のありふれた日常は現代にてインスタ化する



サイアムビクトリア朝様式なる聞きなれない様式で建てられているこのお家

御年90歳になられるこの家屋は、過去に中国より貿易業務の仕事の為タイに移住されたイ・クヨン氏のお屋敷であった

90歳ともなると当然老朽化は免れないのだが、せっかくの美しい家屋を朽ちさせては申し訳ない

・・としてクヨン氏の曾孫にあたるアークホン氏が2010年、ここを大改修して蘇らせ一般開放するようにしたと言う

一般開放されたのなら外人である僕も堪能出来るはず

一般開放の陰にかかしあり
という事で今回も元気に訪れてみることにしよう!

10-1
続きを読む

農場界のディズニーランド パタヤ・シープ・ファーム @ パタヤ

タイ国最大の羊牧場でインスタフォロワーアップを



160km2を誇る敷地を持つこの農場は、タイ国内では最大の広さとなり、羊を中心とした可愛らしい草食動物が何種か飼育されている

いずれも観光用に整備され、餌やりやショーと言ったふれあいのイベントから、ボート乗り・ステーキハウス・ミニコースター等もあり、一家で楽しむべき農場と言えよう

またおとぎ話をモチーフとしたアイコンが立ち並んだりと、雰囲気はまさにディズニーランド

インスタアップすればフォロー増加はいともたやすいと思われる
(・∀・)つ


1-1
続きを読む

インスタ市場の最新版 THE CAMP @ チャトチャック

チャットチャックの西側にレトロ市場は集結する



ビンテージ物が流行っているバンコクでは、鉄道市場のようなアメリカンビンテージを意識した空前絶後のインスタ映えマーケットが数多く存在する

以前チャットチャック周辺にはJJグリーンマーケットがその代表格で賑わっていたのだが、残念ながら先日突如として閉鎖してしまった

その代わりなのだろうか、今度は新たなビンテージマーケットが以前よりも増した規模でチャットチャック週末市場の西側で増殖している

ビンテージ大好きな僕に、そんな情報を放っておくことが出来ようか

ということで早速行ってみることにしよう!

1-0
続きを読む

超絶インスタレストラン コ・ランタ @ サムットプラカーン

出張者を日本へ送る最後の夜に最適



スワンナプーム空港至近にあるこのレストランは着陸飛行機が見えるオシャレ度半端なしの有名店
アテンド経験のある駐在の方なら一度は行かれたことがあるかもしれない

少し間違えば悪趣味ともとらえ兼ねられないその雰囲気は、接待にも間違いない威力を発揮する

言い換えればプライベートで来るような店ではないだろう

言っては何だが僕は8年間、この店には通算10回程は来ているが、一度たりとも自腹を切ったことなどない
( ・`ー・´) + 
キリッ

4-1-1
続きを読む

超絶インスタ映え昭和レトロカフェ バーン・バンケン @ バンケン

昔懐かしいタイ版昭和風景を・・



ここは最近流行りのレトロをテーマとしたミュージアム
展示部分とオサレなフードコートで構成されている

写真を撮ることが目的のインスタ施設であり、ここを訪れる際はカメラは必須のアイテムと言えよう

全体的なビンテージ感の空間は、日本人感覚であればまさに昭和回帰

タイ人なら一体なんて表現するのだろうか・・?

1-1

続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }