かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

日本が誇る最強形態・居酒屋

おでんが秀逸 スクンビットでおばんざい おばんざい喜多郎 @ プロンポン

まさに日本の路地居酒屋



居酒屋

仕事で疲れたお父さんが家に帰る前ほんのひと時くつろげる場所

日本では当たり前のこの場所が、今やタイでも当たり前になりつつある

そのクオリティは年々上がるばかりで、よもやタイを感じさせないお店もかなりの勢いで増加中

ここもそんなお店の一つ

中に入るとまるでどこでもドアをくぐったように、そこには母国日本があるのだという
( ̄ー ̄)ニヤリ

10-1
続きを読む

味で一番!値打ちで一番! 炭焼きやきとり一番 バンコクトンロー店 @ トンロー

トンロー駅前!焼き鳥1本30THBより



炭焼き焼き鳥

具材を串に刺し炭でじっくり焼くこの料理は、カレー・ラーメンに匹敵する日本を代表する料理だと思う

手軽で気取らず、安価で超絶酒に合うこの一串を求めて、僕は居酒屋巡りをしていると言っても決して過言ではないだろう

バンコクでも昨今居酒屋は郊外にまで増殖し、中には高級路線の焼き鳥屋もお見受けするようになってきた

選択肢は人それぞれであるが、やはり焼き鳥は1本100円程度でなければならないのが僕の持論

ここは『炭焼きやきとり一番』

トンロー駅徒歩圏内でありながら至高で安価な焼き鳥を提供してくれる店なのだという


10-1
続きを読む

やかんで出てくる焼酎で乾杯 居酒屋やかん @ プロンポン

ありふれた やかんはタイでも ノスタルジー



やかん

今でこそポットやケトルなどと言った、洋風の名にとって代わりつつある日本古来の湯沸かし道具

黄金色に輝き特徴的な形をしたその道具は、日本でも段々見なくなってきているかもしれない

日本でも見ないのだからこのタイではより一層触れ合うことは困難といえよう

が、ここはそんなやかんにクローズがアップされたお店

店名そのものもやかんとなっているこのお店は、日本人が経営する居酒屋として人気を博しているといいう


10-1
続きを読む

串1本20THBより!コスパ最高居酒屋 ひなた @ アソーク

スタッフの 元気な声に 元気出る



焼き鳥、串カツ、串揚げ・・

串が刺さっているものと言うのはどうしてこうもビールに合うのだろうか?

ビール好きにはたまらないこの料理を求めて、居酒屋巡りをしていると言っても過言では無い今日この頃

これぞ居酒屋メニューの代表格なのだが、このお店はその串が一本20THB(70円)からと、なかなかお財布に優しい設定となっている

この価格なら気にせず何本も行けますよ
( ・`ー・´) + キリッ

という事でアソーク駅より北へ1km、居酒屋ひなたさんへ行ってみよう!

11-1
続きを読む

名前からして大興奮! 居酒屋&焼肉 ビール @ カンチャナブリ

このネーミングセンスが郊外居酒屋



ビール

黄金に輝くこの至高の飲み物は、紀元前4000年に放置麦の中に酵母が入り込み、自然発酵し出来上がったとされる偶然の産物

『液体のパン』と言われたこの飲み物は、以来人々の ”究極ののど越し”を演出し続けてきたと言う

かく言う僕もそののど越しに憑りつかれた男
日々の栄養はこの飲み物より摂取していると言っても過言では無い

そんな至極の飲み物を名につけている郊外和食屋が、なんとカンチャナブリ市街に存在するという

こうしては居られない、すぐさま現地に向かわなければ!

10-1
続きを読む

アユタヤ倭人の憩いの場 哲 居酒屋 @ アユタヤ

常連くつろぐ全席掘りごたつ店



世界遺産都市アユタヤ
全世界より多くの観光客を集結させるこの都市の付近には、これまた多くの日系企業を有する巨大工業団地が存在する

故にこの都市にも多数の日本人が居住されており、それに比例し多くの和食屋が存在する事となる

日本人としてそこに和食屋がある以上、避けて通るわけにはいかないのは周知の規則

というわけ今回はこの『居酒屋』さんを避けない事にしよう
(・∀・)つ

1-1
続きを読む

インパクト展示会での打ち上げはこのお店で 居酒屋なかま @ ノンタブリ

居酒屋メニューをタイの雰囲気で



展示会施設『インパクトアリーナ』
バンナ地区にあるバイテックに次ぐ、タイ国内で大きな展示会施設だ

各種業界の展示イベントやモーターショー、商品販売会など毎週のごとく何らかの催し物が行われている賑やかな場所

見学者として訪れる方はもちろん、時に出店者として出入りされていらっしゃる方も、多いのではないだろうか

展示会と言えば終了時の打ち上げ

そんな時はアリーナ至近のこのお店がモノを言う
日本人ならやはり打ち上げとは居酒屋形式でないと、誰もがしっくりこないであろう

11-1
続きを読む

日本語ぺらぺらママさんの居酒屋イサーン バーン・ハオ @ アマタナコン

この店舗に辿り着ける日本人はいらっしゃるのだろうか?



居酒屋イサーン バーン・ハオ

アマタシティ・チョンブリと言う巨大工業団地の傍らにありながら、小さな看板のみで勝負するこの居酒屋はまさに知る人ぞ知る店舗となっている

とあるビルの駐車場の一角に設けられたテーブル類がその店舗体制となり、きちんとしたお店になっていないのもその一因であろう

なんちゃって居酒屋の代表格

と思いきや、女将は日本語ペラペラすでに長期に渡り居酒屋経営をしている強者さんであった


1-1
続きを読む

ここで逃げたら男が廃る かかってこい屋 @ ラップラオ

んな挑発をされたら行かざるを得ませんね



ここはワントーンラーン区というバンコク北部の行政区内

その中の一角に日本人にもお馴染みのしゃかりき432を含む軽いグルメ通りが存在する

ここにはカレーやお寿司と言った日本食店も多く点在しており、郊外和食屋を研究されている奇特な方々が日々集結しているエリアだ

そんな中にかなり強気な店名を放っている居酒屋が毎夜灯りを灯し、睨みを利かしているのだと言う

男として向かっていかざるを得ない居酒屋
というわけで日本男児の代表として今宵勝負を挑むとしよう


1-1
続きを読む

空港へ向う前の軽く1杯 地蔵 in THE NINE @ ラマ9

RAMA9通りラムカムヘンエリアの数少ない居酒屋



仕事がら日本からの出張者をアテンドすることが多々ある

彼らは右も左も分からない事が多く、仕事終わりの飯の世話までしなければならないのが駐在員の務めだ

そして出張者は得てして、タイ料理が苦手な方が多く辛いだのパクチーだの騒いではやはり日本食だよね に落ち着くのもの

そんな彼らを一しきり案内した後、ようやくお帰りになり空港まで向かう最後の瞬間

誰しもが最後の晩餐メヌーを考えずにはいられない事であろう

1-1

続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }