かかし バンコク独歩 ~バンコク半径2時間の旅~

バンコク2時間以内の 『誰も知らない知られちゃいけない』 箇所をメインに独歩(独りで歩く)した備忘録です タイ旅行大好きな方の次回訪問の参考になれば幸いです

日本式ラーメン

バンセンのスクンビット通り沿い老舗和食屋 箱根 @ バンセン

オープンより10数年の郊外和食屋



バンコクのスクンビットエリアやチョンブリのシーラチャなど、いわゆる日本人街と呼ばれる日本人密集エリア

そのようなエリアには当然のように日本人の郷土料理である和食屋が乱立する

だが現在はタイにおいても空前の和食ブーム

そんな日本人街以外のエリアにも寿司やラーメン、居酒屋など和食を提供する店が急増しているという

急増はいいが実はその反面 ”急減” もしているのが事実

そうそのようなお店はほぼ1,2年持たずに淘汰され、撤退もしくは違う店舗となっているのが通例

だがここバンセンに10年以上店を続けている和食屋があるという

さて今回の郊外和食屋巡りはそんなお店に行ってみることにしよう!


10-1
続きを読む

こんなにも明快な店名でいいですか? ラーメンです @ バンナー

どストレートな店名に思わず引き込めること必至店



ここはセントラルデパートバンナの脇

多くの飲食店が立ち並ぶミニグルメロードの一角だ

実はこの界隈にもお住まいになられている日本人は意外に多く、そんなこともあってかこのロードには複数の日本食店が含まれている

そんな中我々日本人として絶対に何屋か間違わない店名のお店が出現した

こんなにも明快な店名はきっと日本でもお見受けしないことだろう

『ラーメンです』と言われたら流石に返すは『いただきます』

という事で早速いただきにいくとしよう!

10-1
続きを読む

レトロな店内 インスタ映えるラーメン店 ラーメン満腹 @ トゥンクル

ラーメン+昭和感はよもや王道スタイル



昨今のタイにおけるラーメンブームは来るところまで来ている感があり、よもや差別化を図らなければ生き残っていけない時代となっている

当然美味しいことは必須であるが、それ以外の特色を図らなければ集客は難しい

という事で超親日国家であるここタイでは、にわかの日本感が一番の人気

このお店もそんな人気にあやかったのか、店内の雰囲気は我々にもちょっとした一時帰国的要素を提供してくれている

レトロな小物であふれる店内

今回はそんなお店で至高のラーメンを頂くとしよう


10-1
続きを読む

誰もが納得のその店名 ラーメン屋 @ ウォンウェンヤイ

ちっちゃくお洒落なラーメン屋



店名とはそのお店の成功を導くとても重要なもの

お客さんを呼び寄せるため時にかっこよく、時にスマートで且つ覚えやすく分かりやすいものでなくてはならない

あまりに奇をてらった店名は、場合によっては『何屋か分からん』と言った本末転倒な事態を招く諸刃の剣だ

飲食店を開業される方なら誰もが最初に悩む店名選び

が、ここにそんな悩みはなんのそののお店が誕生した

『ラーメン屋』

このかつてないシンプル且つ絶対に何屋か間違いようのないこのお店は、都市鉄道BTSウォンウェイヤイ駅前に開店しているという


10-1
続きを読む

癒しの居酒屋はラヨーンシティに 居酒屋春 @ ラヨーン

日本語ペラペラ ママさんのおもてなし



タイ東部地区最南端の街ラヨーンシティ

人口10万を超えるこの都市は巨大ショッピングモールや有名ホテルが立ち並ぶ、ちょっとした中核都市だ

そんな都市に実はちょっとした日本人街が存在する

そうここは巨大プラント工業団地マプタプットがあり、多くの日本人がプラント維持に従事しているのだ

となれば彼らを支える街が出来るも至極当然

またそこに彼らを受け入れる郊外和食屋が立ち並ぶも当たり前のことなのであった


10-1
続きを読む

日本人ご用達 工業団地和食屋でお昼ごはん お食事処魯山 @ イースタンシーボード

ゴマの風味がたっぷりラーメン



タイにある工業団地

日本と異なり民間主導で整備される工場の集合体は、その多くを日系企業が占める事が多い

東南アジアのデトロイトとして称されていたタイ王国は、ほとんどの日系自動車セットメーカーが進出

当然彼らのティア1、ティア2(ティア=下請け)それ以降も、このタイへ追従する形となっている

このことからほとんどの工業団地ではその多くの割合が日系企業となり、日本人昼間人口は時に数千人を超えるという

ここはラヨーン県イースタンシーボード工業団地

ここにもそんな彼らを受け止める工業団地和食屋が存在しているという

10-1
続きを読む

郊外で店舗広げるお寿司屋さん 賑わい寿司 @ スパンブリー

今では至る所にあるチェーン店



スパンブリ県

バンコクより北西へ2時間ほど進んだ県

巨大龍寺やドラえもん寺、地獄寺とちょっと変わったお寺さんがあることでも一部のマニアには有名な県でもある

比較的人口も多い県なことから市街地もそれなりに賑わっているとの事

その賑わいは一部の飲食店にも派生しているのだという

『賑わい寿司』

店名からしてきっと楽し気な賑わいがそこにはあるのであろう


10-1
続きを読む

天一系インスパイヤ!天下二品を頂こう 大吉居酒屋 @ アユタヤ

客の一言で作った絶品再現レシピ



世界遺産アユタヤ島を西へ少々行った地域にあたるグランドストリート

アユタヤのタニヤとも称されるこの地区は、近くの工業団地へお勤めの日本人が多数集う地域であり、そのために当然彼らを受け入れるべく日本食屋も多数存在している

かねてより郊外和食屋を研究している僕にとっては、当然常にマークしているエリアだ

そんな中張り巡らしていた情報網の中で、なんと天下一品ラーメンがあるとネタが舞い込んできた

あのドロドロスープをタイで頂ける・・?

と、頭で考えるより先にすでに車のエンジンはアユタヤ方面へとふかされていたのであった

10-1
続きを読む

大阪より来たオリジナルラーメン? 和心ラーメン @ バンラック

和の心でラーメンを頂こう!



我々が忘れかけつつある心を思い出させてくれるこの店名

海外に10年もいると本当に和の心って忘れ気味になりがちなのね

日本円をバーツで言っちゃったり、自分の電話番号を日本語で言いづらかったり、電話でもしもしより先にハローカップが出ちゃったり・・

という事で今回のラーメン行脚の対象は、そんな忘れ心を思い出すべくこのお店

和の意識は取り戻せるかしら・・?

ま、ラーメンでは難しいでしょうね
(´ε`;)


10-1
続きを読む

郊外の日本食カフェでラーメンを! シンハ・ワラ・カフェ&ジャパニーズ・レストロ @ ミンブリ

タイ王道!揚げ物ラーメンに舌鼓



『バンコク半径2時間以内の日本式ラーメンを制覇する』

このブログで5万回くらい提示しているこの生産性のまったくない目標は、今なお道半ばにして制覇できる見込みは1mmもないと推測されている

ここまで100杯以上の・・しかも誰も知らない知られちゃいけないラーメンばかりを食してきたのだが、一応にその傾向が見えてきた

・スープはぬるく甘い
・麺は柔らかい

そして3番目の傾向

・揚げ物のりすぎ

さて今日も王道にして至高のラーメンを頂くこととしよう


10-1
続きを読む
プロフィール

かかし

タイでお仕事 10年目

生息地はバンコク
バンコクより車で半径2時間程度の
『誰も知らない知られちゃいけない』箇所をメインに
独歩(独りで歩く)した備忘録です

日本語以外の語学力を有していないので,
あまり詳しい説明は出来ません!

相互リンクは大歓迎
特に連絡も要りません!
どうぞご自由に~

スポンサードリンク
タグクラウド
読者登録
LINE読者登録QRコード
気になる箇所はここで検索!
カテゴリ別アーカイブ
気になる点はなんでも聞いて下さい
最新記事(画像付)
ブログ村PVランキング
PVアクセスランキング にほんブログ村
.sidewrapper .side .sidebody.category-child { margin-left: 12px; }